フリマ開催のお知らせ

川越水上公園フリマ無事終了いたしました

ご来場下さいました皆様ありがとうございました。

フリマの収支報告はこちらから

ハピポ2017年カレンダー おかげさまで完売いたしました。

お買い上げ下さった皆様ありがとうございました。


middle_1478352310.jpg

サポートショップでは他にも保護犬医療費サポートグッズを販売しております。
お買い求めはコチラからよろしくお願いいたします。         http://happypaws.shop-pro.jp/


2014年07月08日

ニ−ムオイルとパルマローザ

数日前、主人がメープルの胸の毛が抜けているよというので見ると、数カ所脱毛していました。
毎日 みていて前の日には気づかなかったのに、背中も2カ所脱毛。。。

そういえば、その少し前に 食いしん坊のメープルがご飯を完食せず、気になっていたのでした。原因はストレス?

季節柄 薄耳のメープルとミーシャは耳の皮膚も黒くなることがあるので、ひょっとして真菌??と思い、診ていただくと,膿皮症との診断で、数カ所に渡っているので、抗生剤が処方されました。

膿皮症は 初めての経験です。

早速手作り犬ジェル石鹸に パルマローザとラベンダーそしてクローブと抗菌作用のあるエッセンシャルオイルを入れ、シャンプー。治療ではノルバサンらしいのですが、オイルの力を感じているので、メディカルアロマの膿皮症用ブレンドも作ってみました。

膿皮症ブレンドは 臭いけれど、アーユルベーダで抗菌作用が強く、美容にも使われているニームオイルをベースに シャンプーに入れたパルマローザ、ラベンダー,クローブをブレンド。

翌日見ると 象皮になっていた背中の脱毛部分が柔らかな皮膚になっていました。



膿皮症を調べて見ると、食事管理もとても重要とのことなので、メープルもマフィンが食べているバーフをもらい、半分バーフにしました。

これ以上広がらず 快方に向かいますように!

ついでに、私もニームオイルマッサージしてます。

ニームの美容効果 アーユルベーダではニームは皮膚治療には欠かせないオイルのようです。

興味ある方はこちらをご覧ください。

とにかく包まるのが大好きなメープル 

マイクロファイバーマットに包まり ハリネズミ風メープル

メープルも環境変化に頑張ってるんだよね。メープルよろしくね。

P7025151.jpg

メープルにストレスがたまらないかと心配して応援してくださっている のぞみ親爺さん ありがとうございます。ストレスがたまらないように メープルだけと過ごす時間ーお風呂タイムとマッサージタイム取るようにしました。





ニックネーム Kicco at 22:34| Comment(2) | ペットケア、病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月13日

肉球炎症のケア NO.2

肉球の炎症ケアについて、オリバーパパさんのメールを送ったら、この10年間免疫力の弱いラブのあいちゃんの経験から なな母さんがアドバイスをくださいました。
炎症に悩んでいる方の参考になるかと思います。


オリバーの抗生剤は肉球の怪我で出ているので3日は飲ませても良いけどそれ以上は控えるよう言いました。

オリバーも抗生剤ずけだったのでパットの怪我位で本当は抗生剤の飲み薬では無く
塗り薬の方が効き目が良いです!

真菌やマラセチアは舐め癖や飼い主さんの神経質な洗浄で、つねに湿気がたまり菌が繁殖しやすい状況を作ってしまいます!
真菌やマラセチアは飲み薬よりヒビテンにエタノールを混ぜた液が一番早く菌を殺します。プラス抗生剤入りのクリームを塗れば一番治ります。
後は
ヒビテクスのシャンプーです。
重症のみ抗生剤と真菌の飲み薬ですがそれは全身性のみです!

どの獣医に言われたか忘れましたがお手入れは硬く絞ったタオルで拭くだけで真菌ヤマラセチアの部分は消毒薬(ヒビテン)、赤い部分が強い時はそのあと抗生剤入りのクリームをつける方が治ります!

あいが最初真菌やマラセチアで苦労して色々やって、この方法が一番安全で早く治りました!
今だ真菌持ちが来ると直ぐにに移るあいの必需品!

飲み薬で最初ぼろぼろになったあいとの苦い経験です!


なな母さんありがとうございました。

パッドが濡れている状態は,真菌の温床になるので中まで乾燥させてあげないといけないそうです。足洗いを頻繁にすると確かに中の方は濡れた状態が続ので,渇いた布で拭く方が良いのです。我が家は余程のことがない限り土足で入ってますが、それは案外良かったのかも。

先日来 肉球クリームを色々なレシピで作ってきましたが、今回はメラルーカとラベンダーの比率をあげて炎症予防用を作ってみようと思います。


ニックネーム Kicco at 14:07| Comment(1) | ペットケア、病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする