フリマ開催のお知らせ

川越水上公園フリマ無事終了いたしました

ご来場下さいました皆様ありがとうございました。

フリマの収支報告はこちらから

ハピポ2017年カレンダー おかげさまで完売いたしました。

お買い上げ下さった皆様ありがとうございました。


middle_1478352310.jpg

サポートショップでは他にも保護犬医療費サポートグッズを販売しております。
お買い求めはコチラからよろしくお願いいたします。         http://happypaws.shop-pro.jp/


2015年03月06日

血管炎 と 寒冷凝集素症

短毛種で特に毛の薄いこたちの耳としっぽの先などがある日突然 気がついたら かさぶたができていて、あれよあれよと言う間に 耳の先が欠けていた というような非常事態が起きたら、飼い主としては大焦りになります。

ミーちゃんは7年前の12月の寒い季節に屋外にまだ1.5キロ 3ヶ月齢で捨てられていたので、状態が良くなかったのは勿論 耳がギザギザになっていました。もともと発毛が悪く、その上屋外の寒さで血行が悪くなって、凍傷状態だったのですが、その後 栄養状態が改善されるとともに毛が生えてきて、とてもきれいな耳の形を保っていました。

痛み易い耳は,冬は防寒して、とても大事にしてきたつもりでした。
夏は頭の毛が極端に薄いので 帽子を作ってもらって日光から保護したりしていました。

でも油断? 免疫力の低下? 

12月の診察時に耳から出血していて、かさぶたを発見。
その時点では様子見になったのですが、その後、かさぶたができては出血となり、ストーブ前が好きなミーちゃんが耳を振って、血がほとばしり、止血、消毒をしていました。

暫くして、ミーちゃんの耳がV字に欠けているという非常事態に診察を受けると、

冬期 5−7度の低温になると こういった耳の子に発症し易いとのことで

寒さによる血行不良で耳の先端が壊死
寒冷凝集素症という免疫介在性の疾患で壊死
同じような症状で
血管炎 (やはり免疫疾患)

のいづれかなので、とにかく室温を24度に保ち、耳を保温するように言われ、子ども用のネックウォーマー、フード付きの防寒具で保温していました。

薬は血行を良くするお薬をだしていただき、夜はエアコンを24度設定にして毛布でくるんでいましたが。。。 

もう片方の耳もあっという間に欠けてしまいました。

10月の発作の後は レンチンコップを1日6−8錠、ミネラルエイドを毎食小さじ一杯免疫力アップのために飲んで、他のサプリメントも取っていましたが、同時にステロイドも飲んでいたので免疫力が大幅に落ちていたのだと思います。

治療してあげたくても、もうミーちゃんはいませんが、もしお家の子の耳が薄くて、毛がすくない犬種でしたら,冬の間は耳の保温と免疫力低下を防ぐ策を講じてあげてください。

ネット検索したら やはりイタグレ,ミニピン、スムースダックスなど短毛で耳の薄い子に多いようです。

下記のサイトをリンクさせていただきます。とても参考になると思います。

http://blogs.yahoo.co.jp/ashino817/63490624.html

http://aratahouse.com/6590/blood-from-the-ear-of-itagure.html

ニックネーム Kicco at 14:07| Comment(0) | ミーシャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月19日

ミーちゃんより 感謝をこめて

2月18日はミーちゃんの月命日でした。
ブログに余り書くことではありませんが、毎日 あの時インフルエンザでなかったら、もっとしてあげられることがあったのではないかと後悔が強く、それ以上にもう一度会いたいという気持ちが,なにかしていてもこみ上げてきます。

でもこちらからは見ることができない天国にいる子の方が多くなってしまった我が家なので,代々の子たちにきっと守られて一番の末っ子として幸せに守られていると信じています。

1月4日はミーちゃんが来た日であり、初代ダックスのララの命日。
1月18日がミーちゃんの命日
2月2日が ララが生後ゼロ日から授乳して育て,アドが育児した猫のニーニャの命日
そしてもうすぐ 3月13日は かん太の一周忌です。
昨年の2月17日 かん太はマフィンといっしょにドッグドックに入り、検査結果は異常なし。少し前に心配された気管虚脱の傾向も見えず、本当に安心していたのに。。。

マフィンとミーちゃんの通院が続いていたので、本当に足下をすくわれたおもいでした。

今毎晩 1時間から1時間半のウォーキングして帰る時に病院の入院室の前を通ります。

あの時 外から声をかけた私の声が届いていて かん太が一人ではなかったと思っていてくれたらと願っています。

今 5体になったお骨がなかなか手元から離せず、土に返してあげるべき?遠くには行かせたくない、狭い庭の一角に植樹して,木として長く生き続けてもらう? 迷いがあります。

ミーちゃんのためにゆりはな仲間のななママ、リズとルークのご家族、アルももご家族、9月に一足先に天国に行ったダー君のママ、麦パフィママさん、ゆりはなWan'sのみるくさん、うららちゃん、ミーちゃんのお見送りの時に別の用事で寄ってくださって,丁度出棺前に立ち会ってお別れを言ってくださったきくのりさん、農園仲間のワン友Iさん、長年お世話になったM病院の皆様、いつも緊急で祭日、早朝の緊急入院だったミーちゃんの診察に対応してくださって親身に朝早くから夜遅くまで診てくださったS病院のH先生、ミーちゃんがお世話になった全ての皆様ありがとうございました。


転勤になって超多忙な日々を過ごされているティナとマリのママさんがミーちゃんのために素敵なお花を送ってくださいました。ありがとうございます。

2012年、2013年と卒オフ会の時にはかん太とミーちゃんと遊んでくれました。
かん太とはゼブラでいっしょに走ってくれたマリちゃん、家に預かりっことしている時はミーちゃんとも遊んでくれました。もういっしょに遊んでもらえないけれど、かん太もミーちゃんも天から皆を見守ってくれています。

マリちゃんの元気にペットボトルカジカジしている写真 マリちゃん すごく若返った感じです。近くに住む,ママのお母様の家に行ったり、お散歩に連れて行ってもらったりとマリちゃん 幸せですね。

イメージ.jpg

マハロ君のお家からもミーちゃんに 幼い頃いっしょに過ごしたミーちゃんに、可愛いお花を送ってくださいました。ありがとうございます!

マリちゃん マハロ君がいた頃は ミーちゃんもまだ若かった!発作の兆候もなく、とてもマイペースでゆりはなや家の中で ミーちゃんなりに楽しんでいました。

この頃のマハロ君 寒い日は お散歩拒否?? フードをかぶって お家がいいよ〜と言ってます。

IMG_0365.JPG

IMG_0372.JPG



いっしょに預りっこ時代を家で過ごした子たちと里親さんたち.
ゆりはなでいっしょに過ごした皆さんががミーちゃんのことを覚えていてくださるのが本当にうれしいです。

感謝の気持ちを送りたい方々が本当にたくさんいらっしゃいます。

ミーちゃんに代わって ありがとうございました。

リズとルークのママさんがゆりはなで撮った写真の中からミーちゃんとかん太の写真をCDロMに入れてくださいました。

かわいい かわいい 我が家のアイドル ミーちゃんの在りし日の写真です。

2013_0610リズゆりはな6月10日0250 のコピー.JPG

2013_0610リズゆりはな6月10日0249 のコピー.jpg










ニックネーム Kicco at 21:22| Comment(9) | ミーシャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月01日

ミーシャ 天使になりました。

一ヶ月以上もブログ更新なく過ぎてしまいました。

1月18日深夜 15日夜 癲癇の重責発作を起こし、発作時に誤嚥性肺炎を起こし、酸素室で治療を受けていた 我が家の天使 ミーシャが本当に天使になって天に帰りました。

昨年からミーシャとマフィンは頻繁に病院通いをしていました。1月6日に別の疾患で皮膚専門の先生に診ていただき、その後も通院、発作は2ヶ月半でておらず,重責発作を起こした前日も耳の経過をみていただくために診察を受け、問題なくとても元気でした。

お散歩もできないミーちゃんのために 入会したゆりはなドッグランで ミーちゃんなりにいっぱい遊んで元気な姿を見せてくれました。ミーちゃんがいてくれたから経験できた色んなことがありました。7年間 たくさんの忘れられない思い出をいっぱい残してくれました。

余りに突然の別れでした。今はただただもう一度 会いたい。

可愛い可愛い 我が家の大切な天使 ミーちゃん 家に来てくれて本当にありがとう。

ミーちゃんを可愛がってくださった皆様 ありがとうございました。

お花を送ってくださった皆様 ありがとうございました。今はかん太の隣でお花に囲まれています。

IMG_6686.jpg

IMG_6685.jpg

IMG_6814.jpg



ニックネーム Kicco at 23:57| Comment(4) | ミーシャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月01日

家の子たちの病状 

昨年11月からミーシャが癲癇発作を起こすようになりました。
今のところ、一回に2度 続けて起き、2ヶ月置いて再び起こすという状態です。

前回は2日続けて計5回。今回も2日続けて 3回の発作でした。

前回病院で相談した所、シャント手術も視野に入れてと言われましたが、私は手術には消極的です。

6年半前の引き取り時に東大病院でMRIを撮り先天性の重度の水頭症との診断され、その後家の子になった際に 墨田区の病院でCTと脳波検査。その際 脳幹だけが機能し生きていると言われましたが、ミーシャは 必要最低限の事はできるので、日常生活でそれ程困ることはこれまでありませんでした。エルフ ミーシャはいつも ひょうひょうとしていて、特別な愛しい存在です。

気づきは遅いけれど、食事は自力で取れ、トイレは小はかなり高い確率で成功、大ははずす事が多いですが、とても腸が丈夫で6年以上 下痢をしたことがない親孝行です。なので、うんPは必ず私達の食事の時というのも愛嬌です。

昨年 癲癇の発作を初めて起こし、痙攣で泡を吹いてガクガクしはじめた時は、恐れていたことがついにという思いでしたが、保護犬の中には引き取り後 癲癇発作を起こす子もいて、うまく抗癲癇薬をつかってコントロールしていますし、チワワ、ダックスと癲癇発作の発現が多い犬種では、一般家庭でも癲癇と共存している子たちも多いと聞きます。

ミーちゃんもこのまま うまく脳圧を押さえて、癲癇発作もコントロールしながら、いっぱい自然の中で遊んで免疫力を高めて長生きして欲しいです。

定期的に肺炎を発症するのですが、一旦治まったCRPが再び上がり、抗生剤投与中。
脳に炎症があるのでCRPは上がりやすく、今回のように肺炎を繰り返すことも。

今 脳圧コントロールのためにダイヤモックス、抗生剤を切りながら使い、抗癲癇約も加えて うまくコントロールできるといいなと思っています。

ミーちゃんがおそらく水頭症が原因で捨てられたのが生後3ヶ月
今生まれたばかりの子犬たちを見ているとミーちゃんにも こんな赤ちゃん時代があって、お母さんからおっぱいをもらっていたんだろうなと思います。

長生きしてほしい。

P6145057.jpg

マフィンもここ数ヶ月 心臓のお薬を飲みながら、フィラリヤ後遺症と闘っています。

昨年やっとフィラリヤ陰転したマフィン。なんと引き取り後6年もかかりました。
以前はここ2年程すべてのフィラリヤ陽性保護犬が受けているビブラマイシン治療がなかったので、通年投与。その間、体内にはずっとフィラリヤが弱体化しながらもいて、心臓を占拠していたことになります。

ドッグドックでもマフィンの心臓は変形しているとのことでフィラリヤの後遺症でしょうね。と言われていました。

昨年後半あたりから 咳で夜寝られないことがあり、診察を受けましたが、他の病気の疑いを告げられ、明らかな治療法がなく、対症療法しかないと言われてきましたが、今年になって 丁度かん太とドッグドックを受けた後、更に悪化し、セカンドオピニオンを求めて診察を受けました.

結果は、咳も痰も粘液状の嘔吐も すべてフィラリヤの後遺症ということがわかりました。

2月後半から 心臓の薬2種類と利尿剤 免疫力アップのレンチンコップを規定の倍量のみ始め、劇的に改善。咳はほとんどなくなり、夜も熟睡できるようになりました。

フィラリヤは陰性になったからといって 治ったわけではないこと 体内にいた年数がながければ、それだけ心臓、肺動脈 がダメージを受けているので、陰転後ちゃんとした診断を仰いで、治療をしなくては身体に大きな負担がかかります。

レントゲン画像を見ながら説明を受け、マフィンの現在の状態が良くわかりました。

微細な目に見えない細菌をやっつけるために身体の中で闘っている白血球が明らかに目に見える大きな寄生虫の死骸を駆除するために頑張っているのですから、そう簡単に対外に排出できるわけではなく、今の肥大した心臓の状態から本来の心臓になるのには時間が掛かるそうです。

でも必ず 良くなり、薬も入らなくなる日が来ると先生に言われほっとしました。

免疫力アップのサプリも効いていて、マフィンのコートがツヤツヤになってきました。
心臓の状態も良くなってきたことも大きな理由でしょう。

そして、無理な運動ができないマフィンですが、食欲は旺盛なので、どうしても太り気味。
私の健康管理の怠慢でもあります。
心臓に負担がかかるのは避けたいので 本格ダイエットはじめました.

以前かん太がやった BARF Diet
IMG_5989.jpg

マフィンの理想体重5kgまで1kgの減量を目指し、1パレットを2日で食べるダイエットです。
効果が出るといいな。。

P6145034.jpg

マフィンもミーシャもかん太の分まで頑張ろう!
メープルもね!

P6145063.jpg











ニックネーム Kicco at 22:33| Comment(2) | ミーシャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月17日

ミーちゃん 順調に回復中

ご心配下さった皆様ありがとうございました。

ミーちゃん 順調に回復してきました。

一週間 いつもの脳圧を下げる薬に+して抗生剤、去痰剤服用、毎日ネブライザーポンプ吸入、在宅酸素室を続け、昨日 血液検査とレントゲン検査をしました。

CRP炎症数値が7から0.9に下がっていました!この数値は限りなく0に近くなくてはいけないのでまだ完治とは言えませんが、肺のレントゲン写真もかなり黒い部分が増え、あと一歩という所です。

何より辛い呼吸が楽になり、酸素室をでてもスヤスヤ眠れるようになりました。

よかった〜

先天的な重度の水頭症なので預かり当初から脳の中に膿状のものがあり、また誤嚥性肺炎になりやすい子なので注意は怠れません。今回酸素ハウスレンタルでQOLを維持しながら在宅治療ができることを知ったことは本当によかったです。

可愛い可愛い大切なミーちゃんには元気に長生きしてもらいたいです。

以前オフ会で14歳の水頭症のコーギーさんに会ったことがあります。
水頭症でも充分長生きできると知り、ミーちゃんも目指せ長寿です。

写真 のコピー 2.JPG

写真 のコピー 3.JPG
ニックネーム Kicco at 22:31| Comment(8) | ミーシャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月12日

ミーちゃん 酸素室で在宅医療

この所 体調を崩しているミーちゃんです。ちょっと前には発作もありました。

3日の卒オフ会には参加しましたが、10日の車椅子オフ会は家で温かくしてお留守番をしました。
その後痰が詰まっている症状で、痰を吐き出そうとして呼吸が苦しそうになり、肺炎を疑い、血液検査とレントゲン撮影をしていただきました。

血液検査で CRPが7とかなり高く、レントゲンの写真は案の定 肺の部分が白っぽく見えます。

2年前のお正月にはケッケッという何かを喉に詰まらせたような症状があり、ウッドチップを誤嚥したかと,診ていただくと、肺炎ではないかと検査、その時もかなり炎症数値が高く、在宅で治療する不安があり、6日間の酸素室入院となりました。

今回も呼吸のことを考えると入院しかないと思っていましたが、先生からレンタルの酸素ハウスを先日紹介されたので、ミーちゃんの場合は病院入院ではなく、在宅治療が良いのではと提案されました。

抗生剤と去痰剤を処方していただき、毎日 通院でネブライザーをしていただき、家では酸素室で過ごすというものです。

スペースの問題などあり、入院の方が良いか少し迷いましたが、問い合わせの電話をした所、丁度病院に向かっている所で,酸素ハウスを見せていただくことにしました。

なんとか設置できそうなので、早速その足で設置に来ていただきました。

本体と酸素ハウスをホースで繋ぎ、酸素ハウスに酸素を送り込みます。
病院と同じ環境の酸素ハウスです。

今回レンタルしたのは こちら
テルコムというペット用酸素ハウスのレンタルをしている会社です。
http://www.terucom.co.jp

ミーちゃんは昨日投薬、ポンピングでパンパンと送り込むネブライザー後 落ち着き、痰のからみを取ろうと苦しむ姿もなくなりました。ネブライザーで空気を送りこむ時に痰を出す、出しやすくするという作戦ががかなり効いたようです。

昨晩は寒かったので、いっしょに抱っこして寝ましたが、朝まで熟睡できたようです。

そして、酸素ハウス設置後、酸素室に入ったミーちゃん やっぱり呼吸が楽になり、暫くするとスヤスヤし始めました.

通常私達は酸素濃度20%位で生活しているそうですが、この酸素ハウスの中は30%以上に保たれます。呼吸は随分楽なはずです。
IMG_4862.JPG

IMG_4861.jpg

本体はこんな感じ。ちょっと音がします。
IMG_4859.jpg

本体からビニール製のホースが出ていて、ソファの裏をぐるっと回して、ハウスに繋いでいます。

肺炎は怖い病気です。容態が急変することもあるので、暫くはこのハウスで過ごしてもらいます。

早く良くなってほしいです。





ニックネーム Kicco at 22:22| Comment(5) | ミーシャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする