フリマ開催のお知らせ

川越水上公園フリマ無事終了いたしました

ご来場下さいました皆様ありがとうございました。

フリマの収支報告はこちらから

ハピポ2017年カレンダー おかげさまで完売いたしました。

お買い上げ下さった皆様ありがとうございました。


middle_1478352310.jpg

サポートショップでは他にも保護犬医療費サポートグッズを販売しております。
お買い求めはコチラからよろしくお願いいたします。         http://happypaws.shop-pro.jp/


2014年08月03日

猛暑の中 

猛暑が続いていて、犬たちには危険と言える外気温度です。

ここのところ チワワの大量遺棄が続いていましたが、今の外気温で放置されていたら、多くの子が命を失ったと思います。

運が良いとは言えませんが、この猛暑の前に保護されたのは不幸中の幸いでした。事故にあって亡くなった子もいたのは残念ですが、ほとんどが子が生還できました。

引き取りが終るころ、東松山保健所が大変なことになっていました。同じ住所が記載された収容情報、状態の悪い子たち、全部メス 明らかにブリーダーが自分たちが使えなくなった(命は物じゃないよ)子たちを人目につかない場所に置き去りにして、保健所が捕獲に行き、保護されたという経緯に違いありません。

pruuさんのブログkaorukoさんのブログでの報告をご覧いただければわかる通り、既に栄養状態も、衛生管理も最悪な場所にいた子たちが、炎天の中を脱水状態で過ごし、保護されても、この暑さと体力が消耗し切った状態の悪い子たちは、生還出来る前に命を落としました。期限日直前、期限日その日 あともう一歩で最後の幸せな日々を過ごせる家に辿りつけたのに。。。残念です。

どこの保健所もいまだ何十年前と同じ建物、冷房もないコンクリ−トの、窓は上の方についているだけの通風の悪い施設です。一体この猛暑の中 どの位の温度になるのか想像も出来ません。

他の保健所でも亡くなった子たちがいました。もの言えぬ子たちが,人間の身勝手な犠牲になって、こんな最後を迎えるなんて 許せません。

チワワにしても、この子たちにしても、アニマルポリスがあって,事前に厳しく取り締まるシステムがあったら、ここまでの状態にはならなかったのではないかと思います。

目の前の命を救うことしかできない活動ですが、悪徳ブリーダーの尻拭いをしていると思うと本当に腹立たしいです。レスキューされた子達はレスキューされて、幸せになる権利があります。捨てた側は厳しく罰せられなくては、このような連鎖は続きます。

そして、保健所の施設の改善を強く望みます。

センターはとても清潔な、滅菌装置も、シャンプールームも、ステンレスの綺麗なケージもたくさんあり、ドッグランのような触れ合い場所もある施設です。

そこまで辿りつくまでの 保健所の収容施設はとても良い環境とは言えず、そこで絶命する子たちもいます。一番近くにいる保健所の職員さんが一番施設の改善を願っているかもしれません。

保健所も手がたりないのは良くわかります。

でも、少しの知恵と意識のスイッチで犬たちの処遇は改善されるはずです。

民間のボランティアを活用する、獣医大学の学生がボランティアする、改善の手はあるのではと思うのです.

保護する側も手一杯だけれど、なんとか ならないのかといつも思います。

亡くなった子たち ごめんね。

歩行困難で保健所にいたクリームのダックス 他団体さんが引き取りしてくださることになっていました。無念だったと思います。はげはげのチワワさん あの身体で拷問だったよね。

今まで助かった子たちの姿が重なって、幸せになれたのにと思うと本当に残念です。












ニックネーム Kicco at 02:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。