フリマ開催のお知らせ

川越水上公園フリマ無事終了いたしました

ご来場下さいました皆様ありがとうございました。

フリマの収支報告はこちらから

ハピポ2017年カレンダー おかげさまで完売いたしました。

お買い上げ下さった皆様ありがとうございました。


middle_1478352310.jpg

サポートショップでは他にも保護犬医療費サポートグッズを販売しております。
お買い求めはコチラからよろしくお願いいたします。         http://happypaws.shop-pro.jp/


2016年01月09日

卒業犬便り

遅ればせながら
新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
申年の今年ですが、昨日は私の留守中 近隣の猿一家が家の庭に侵入、池付近で何かを食べていたそうです。山の食物が少なくなっていているのでしょうか。クヌギの木の下当たりだったようなので、堆積しているどんぐりを食べていたのかもしれません。野生動物たちにとっては冬の暮らしは過酷ですね。


預かりっこのいない生活になり、新生活での忙しさも加わりブログ更新を随分怠ってしまいました。

卒オフ会で会えなかった子たちからお便りをいただいたのでご紹介します。(昨年12月にいただいたお便りです)

昨年はアカラスとの闘いで頑張ったヨーキーのティム君のティム母さんが元気に過ごしているティム君の様子をお知らせくださいました。センターにいた時からアカラスと目のトラブルはありましたが、アカラスは克服しましたが、ドライアイはこれからもずっと目薬点眼が必要だそうです。皮膚も目もティム母さんが本当に良くお世話してくださっていて感謝です。

ティムの近況です。
去年に比べて、ちょっぴり(本犬の名誉もありますので『ちょっぴり』としておきます。)太ってしまったようで昨年フリマでゲットしたコートがパツパツです
(T^T)フードに興味を全く示さず…なのでトリムネ挽き肉のトッピングが必須アイテムになってます。
掃除機に爆吠えも絶好調! 
そして当たり前のように私の布団ど真ん中ネンネも相変わらずで〜す。
旅行も一緒にいきたいなあと思いながら最近は次男のサッカーで土日が潰れてしまうので専らご近所散歩ばかりですが、歩きながらチラチラと私の顔を見てくれる度に「私を家族と認めてくれてるんだなあ」とホンワカしてます。
左目の乾性も相変わらずで目薬は生涯の相方となりそうです。今はワンクリーンとオプティミューンが日課です。
病院は私の行きやすさ等を考え、先代ワンコを診てもらっていた病院に行っています。

今日はトリミングしたので、さっぱりティム写真とスヤスヤティム写真を御覧ください!

DSC_1532.JPG

DSC_1566.JPG



Ryoma君はますます甘えん坊になっているそうです。


最近のRyomaは以前にも増して甘えん坊になりました。
家族皆んなに愛想を振りまいています。
特に父がRyomaを溺愛していて、土日なんかは一日中お庭で遊んでもらっています。

最近の課題はお散歩の時にものすごい力でぐいぐいと引っ張る癖を直すことです。
お散歩になるとテンションがあがってしまい、中々言うことをきいてくれません。

そこが直せれば他は、本当にいい子になりました。
お散歩ですれ違う方からも
凛としてキレイな犬だねーと人気です。

何枚か最近のRyoma の写真をお送りします。

お庭で日向ぼっこ中

IMG_6944.JPG

おねだり中

IMG_6813.JPG

三枚目 甘え中

IMG_6735.JPG


Ryomaはもうすぐ一歳になります。保護された昨年の1月寒空の朝 まだ生後2週間にならない目の開いていない小さな赤ちゃんでした。スクスク育って、素敵な里親さんと巡り会い、愛情をいっぱい注いでいただいてこんなに大きくなって感慨深いです!

なんとも微笑ましい写真ばかりで ほんわかした気持ちになります。


卒業犬便り to be continued





ニックネーム Kicco at 08:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

愛媛の桃ちゃん 天国へ

2007年のクリスマス直前に多摩御陵付近で他のダックスたちと保護されて我が家の預かりっこになり、翌年3月に里親さんのもとに行ったチェル桃が8年幸せな後半生を暖かい愛媛で暮らし、昨年天国に召されました。里親さまも間に入っていつも報告してくださっていたお嬢さまも,余りに悲しくて報告が遅くなってしまったと1月になってお知らせをいただきました。

保護当時8歳以上ということでしたので,推定16−7歳であったと思います。昨年報告をいただいた時に元気だった桃ちゃんも寄る年波には勝てず 目が白濁してきて以前のような動きが出来なくなっているとお聞きしました。
後半生を穏やかに良い環境で,十分なケアをしていただきました。里親様は桃ちゃんの前にスタンダードダックスを看取っていらして、桃ちゃんも大きな子だったので最後の介護の日々はさぞ大変だったと思います。タクシーで獣医さんに通うことも多かったそうです。

最後の日まで桃ちゃんをケアしてくださって本当にありがとうございました。

桃ちゃん いっしょに我が家で暮らした かん太とミーシャと天国で再会していますね。かん太とはずっしり,賢いコンビで楽しませてくれましたね。そしてまだ赤ちゃんだったミーちゃんといっしょに寝てくれたり、お世話してくれたこと感謝しています。いつの日は天国でまた会える日を楽しみにしています。

チェルシー時代の桃ちゃん ずば抜けて賢い子でした。
20071229d-thumbnail2.jpg

ニックネーム Kicco at 14:50| Comment(0) | 桃(チェルシー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする