フリマ開催のお知らせ

川越水上公園フリマ無事終了いたしました

ご来場下さいました皆様ありがとうございました。

フリマの収支報告はこちらから

ハピポ2017年カレンダー おかげさまで完売いたしました。

お買い上げ下さった皆様ありがとうございました。


middle_1478352310.jpg

サポートショップでは他にも保護犬医療費サポートグッズを販売しております。
お買い求めはコチラからよろしくお願いいたします。         http://happypaws.shop-pro.jp/


2013年05月03日

ご無沙汰しています

ブログ更新が中々できずに😰、気がつけばゴールデンウィークも後半に。。。

半月以上更新してない〜💦

この間にも引き取りはお休みなくあり、川越兄弟たちも皆完治宣言をもらい、やっと長かった闘いに終止符となりました。預かりさん、里親さんたちも長期戦でとても大変だったと思いますが、皆さんとっても献身的に大変なシャンプーも継続してくださり、本当に感謝です!

ゆりはなも新緑の季節となりました。
ももも毎日元気に走り回っています。最近コイの特訓で コイがとっても上手になりました。

IMG_4178.jpg IMG_4179.jpg

IMG_4177.jpg IMG_4180.jpg

IMG_4199.jpg



我が家の預りっこ メープル ご無沙汰していますが、とっても元気です。
IMG_4221.jpg

もう落ち着き過ぎて すっかりここがお家化している感じ。預かりとしては しっかりメープルをご紹介しなくてはいけないのに。。。メープルの募集については 悩む所多い預かりです。

スーパー包まり技を持つ メープル 
良く メープルどこ?と探すとすっかり毛布の塊化しているメープル。

今日は私のパーカーご利用です。

IMG_4193.jpg

IMG_4194.jpg

寝る時はオムツをはずして、通風良くしています。
でも朝 歓迎の興奮でおしっこたらたらになってしまうので、お気に入りのソファの上で寝ています。アドと違って 自分からは絶対に降りないので安心です。


歩けるようになるとか,奇跡が起こるとか 勿論そんなことが起こったら最高ですが、既に手術を受けて捨てられてしまったメープルには、それを期待するよりも、このまま、ありのままを受け入れてくださって,迎えてくださるお家があれば、それが一番幸せなことと思います。

メープルは昨年の6月1日に狭山保健所から引きとりしましたので、後一ヶ月足らずで1年になります。

超がつく程 忠実でいつも足もとにいるメープル
ドッグランで私が動けば、必ず並走しているメープル
車に忘れ物を取りに行こうとすれば、私より先にドアに到着しているメープル

分離不安なので 私においていかれると思うと 吠えます。

どちらかと言えば、メープルは人にくっついていたいタイプで、スリング犬志望のようです。(家でもチビミーシャでも抱っこ犬ではないので、その望みは叶わないです。)

食欲旺盛です。

後肢が不自由であることを除けば いたって健康体です。
車椅子があれば(なくても早い!)走るスピードはダックスには負けません。

色々手がかかることは勿論ありますが、最高に律儀で忠実で 最高のパートナー犬 それがメープルです。

どうぞよろしくお願いします!






ニックネーム Kicco at 23:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月04日

この現実 でも犬たちはめげない。


最近 気になるのは、ネグレクト→飼育放棄、結果的な虐待→飼育放棄が相次いだ事です。
P&Bママさん預かりの ダックスプードルミックス♂のダンディ 身体の何カ所にも傷を負っています。それなのに、とっても性格が穏やかで良い子です。

ダンディお預かり中のパーシー保育園の様子はこちらから



ロンLOVEさん預かりの白黒ミックスのゆうき マズルに日本の何かを巻き付けられたような痕があります。シャンプーの時、まだ痕が赤剥けが痛々しく、その部分だけは洗うのを躊躇しました。吠えるからとマズルに何かを巻かれて傷痕になっている子は時どきいます。

でも、犬たちは充分な運動をして、充分な栄養を貰って、ゆっくり休める良い環境があれば、そんなに吠え続けることはありません。

飼う資格のない飼い主が飼っては見たものの、傷をつけて飼育放棄。。でも放棄されて 新しいスタートがきれたことを良かったと思い、良いご縁を待ちましょう。

2週間経って、ロンLOVEさん家で色んなドッグランに連れて行ってもらって、活動的にすごしているようです。よかった〜

ゆうき君は1時間半内にシャンプー、入院という強行軍だったので 写真がありませんでした。

ロンLOVEさんのブログで応援よろしくお願いします。

いつもニコニコ

こちらは元保護犬のバウバウ君
車椅子の調整に来てくれました。

実はバウバウ君は上海から日本に来ました.

昨年末 上海で走っている車から投げ捨てられたバウバウ君、
脊髄にダメージを受け(走っている車から投げられたら 生きていたのが奇跡です)歩行できなくなり、車椅子の問い合わせを下さったのです。

その時は上海にいたので、保護されたTさんが採寸し、その寸法で主人が車椅子を作成し、上海に送りました。

その後、中国の旧正月の2月に一時帰国されて、再調整。

バウバウ君はずっと車椅子を着用して元気に歩いていたそうです。

でも この日 車椅子工房に再調整に連れられてきたバウバウ君は 

な なんと!

自力で立ってました! たっているだけでなく 腰は振れますが

歩いてました!!

今の状態だと、車椅子ははずして自力で歩行したら、更なるリハビリになり、筋肉もついて来て、しっかり歩きもできそうな予感です。

スゴイぞ バウバウ君

IMG_4206.jpg

でもまだ暫くは長い距離をあるいたりするのに、車椅子を使って、いづれ卒業を目指して頑張るそうです。

ガンバレ! バウバウ君

IMG_4210.jpg

車椅子仲間のメープルも家の子たちもバウバウ君にあったのですが、不調のiphoneで写真が取れず残念。。

Tさんは これからご主人の赴任先の上海に帰られます。

バウバウ君は ご実家に本帰国まで預けられます。日本に来れて良かったです。

上海の犬の実情は本当に厳しい過酷なものらしいです。

保護活動をしていらっしゃる方は多国籍でいらっしゃるそうですが、あまりに状況が酷く、焼け石に水とも思われる状態だそうですが、目の前にいる命からは目を背けることができないと前回お話した際におっしゃっていました。

Tさんもこれまでにも上海から負傷した子を連れ帰り、手術を受けさせ 里親さんを探したり、お家の子、双方のご実家の子にしていて頭が下がります。

中国も 経済的に成功した人たちの間で ペットブームらしいです。
でも適正な飼い方を知らず、避妊去勢もせず飼ったり、手に負えなくなって捨てたりというケースが後を断たないそうです。

その捨て方が バウバウ君のように車から投げ捨てられたり、遠くに捨てに行って帰って来ないように足を折ったりと、信じられないお話を聞きました.

勿論 中国にはそんな人ばかりいるわけではないと信じたいですが。。。Animal RightsはHuman Rightsがない所にはないと言って良いと思います。

日本はどうなんだろう。。

暗い気持になります。













ニックネーム Kicco at 02:18| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月09日

もも お泊りしました

なな母さんが 訓練試験のため遠出するので、仔犬のももにはお留守番時間が長いということで、月曜日の夜から ももがお泊りに来ました.

もも 本当に手のかからない良い子でした。

あんなにドッグランでは爆走して元気いっぱいのももですが、お家の中では 自らケージスペースに入って、ドアは開け放しているのですが、ちゃんと自分のスペースでくつろいで、いたずらもなく、本当に良くできた子です。

賑やかなダックス系軍団の中で、ももは 静か〜 結局いる間 一言も吠えることはありませんでした。

朝は 私のウォーキングのお供で お茶畑の農道をお散歩。

最初はちょっと引きがありましたが、さすがお散歩上手なもも 気持よいペースで一緒に歩いてくれて、しっかりウォーキングができました。

ももがいたら、スロージョギングペースで 健康生活になれそう〜

P5073861.jpg

P5073862.jpg

P5073860.jpg


ニックネーム Kicco at 03:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

マリちゃん便り

ティナとマリのママさんが マリ姫の写真送ってくださいました。
相変わらず元気なマリちゃん ママさんが転勤でお仕事が忙しいので,近くに住むママのママさんが遊びに来てくれるそうです。

大阪に行った時にも家族全員でお迎えくださって、皆さん犬好きなマリちゃんのご家族です。マリちゃん 良いお家に嫁いだね!

この写真 面白いでしょう!
マリちゃん いぬのきもちの表紙になった???

Attachment-1.jpeg

こんなアプリがあるんですって。

こちらは お気に入りのカミカミボーンを枕に寝る マリちゃん

DSC_0459.jpg

シャンプー帰りのマリちゃん 大好きなパパさんに抱っこされて幸せそう

Image.jpg



ニックネーム Kicco at 03:24| Comment(2) | マリリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファンタちゃん便り

ファンタちゃんからもお便りいただきました。

さすがフットワークが軽いファンタちゃん一家 ゴールデンウィークは前半はおじいちゃんおばあちゃんと地元で遊び、後半は榛名湖に3泊3日のお出かけしたそうです。
ゴールデンウィーク後半はお天気も最高でしたね。

ファンタちゃんはどこに行っても人気ものでたくさんの方からお声をかけていただいたそうです。人なつこくて,穏やかなファンタちゃん人気ものなんですね。うれしい〜

我が家は 車椅子作りが忙しくずと在宅だったので この風景に癒されました〜

行ってみたい〜

ファンタちゃん 毛量がすごく増えて、しかもツヤツヤ!

がりばーママさんによると行った所は

榛名神社
F0.jpeg

門前そば
F1.jpeg

川場田園プラザ
F2.jpeg

吹割りの滝
F3.jpeg

大内宿
F5.jpeg

塔のへつり
F6.jpeg

また次の旅行報告楽しみにしてます!



ニックネーム Kicco at 22:24| Comment(0) | ファンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

はると

つい先月ゆりはなに遊びに来てくれた はるとパパ一家からメールをいただきました。
遊びに来てくれた後 ゴールデンウィーク中の3日にはるとの身体に異変が起こったというお知らせでした。


はるとが我が家に来て二年が経ちました。

本当なら皆元気に仲良くやっていますと言いたいところなのですが、
今日は少し残念な報告があります。

今月の3日の夜、はるとが突然腰が抜けたようになって歩けなくなり、すぐに夜間病院に連れていきました。

診断はヘルニアの疑い、深部痛覚ありとのことでした。

後日、かかりつけの病院へ連れていったところ、MRIによる診断が要るとのことで、すぐに川口にある病院へ行きました。

するとやはり椎間板ヘルニアで重度の圧迫があり、後ろ足を少し動かせるのが不思議なくらいだと言われました。

そしてかかりつけの病院へ戻り、治療方法の相談をした結果、手術を一週間前に行いました。

術後の経過は良好で、日曜に退院して今は家で毎日リハビリに取り組んでいます。

また歩けるようになるかはリハビリの頑張り次第とのことで、はるとも頑張っています。

MRIと手術、入院でかなりの金額のお金が掛かってしまいましたが、
アニコムの70%保険に入っていたのが功を奏しました。

それでもそれなりにお金は掛かりましたが、かわいい我が子のためなら仕方ないと思っています。

次は良い報告ができるように前向きにリハビリを頑張っていこうと思います。


はるとが元のように歩けるように、様子を見ながら車椅子のリハビリの提案をさせていただきました。その前に歩けるようになるのがベストですが、車椅子リハビリはマフィンの時に効果を実感しましたのでリハビリ応援したいと思います。

久しぶりに2007年当時のブログを見返してみました。
始めはまったく歩けず、後肢を引きづりながらいざり歩きでしたし、立たせても ぐらっと倒れてしまう日々が数ヶ月続きましたが、マフィンは復活できましたので、手術が成功したはるとは絶対に歩けるようになると思います。

何より、これまで紆余曲折を経て、はるとパパ一家の子になったはると。まだ若いご夫婦ですが、とてもしっかりした家族です。はるとを迎えた時には はるとパパはまだ若い独身男性でした。でもはるとにはこのお家しかないと確信しました。

このお知らせを聞いて、勿論ヘルニアになってしまったのはとても残念ですが、家族を得たはるとがこうして守られていることは、私達にとってうれしいことです。



4月に来てくれた時のはると
とても元気でした。

1e9d28d337ece81e11f5a6f6ef8d07a4c2164418.jpg

985be927e91e2a0e914c7303238e43a6fbc79485.jpg

1日も早く以前のように元気になりますように!!






ニックネーム Kicco at 23:12| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

病気とつきあいながら楽しい毎日を

はるとの手術のあと、がりばーママさんからファンタちゃんのことでメールをいただきました。

保護時の状態が非常に悪かったファンタちゃんですが、素晴らしい里親さんと巡り会い、いぱいの愛情とケアを受け、色んな所にお出かけして、どんどん表情が出て来て楽しい毎日を送っています。

その間にはPRAで将来失明するかもしれないという診断を受けたり、昨年は、原因不明の胆嚢数値が上がり、手術をしなくてはならないかと言われていた中、数値が大幅に改善して復活しと,病気に強運で打ち勝ってきました。

つい先日お誕生日を祝ったばかりのファンタちゃんをまたもや。。。。

がりばーママさんからいただいたメールです。

こんにちは、気温の高い日が増え、徐々に日中のお出掛けはオフになってきているなぁと感じる今日この頃、いかがお過ごしですか(*''*)
先週の木曜日に、ファンタが軽い心不全を起こしました、ただ、軽度なのでお薬を出して貰い症状観察の範囲です(^o^;)

発作の状況は、母が、ファンタ達の夕飯準備をし出した際、ファンタが大喜びで二回飛び跳ねた所(いつも、大騒ぎで吠え飛び跳ねる)、急に、大人しくなり、スゴスゴと私の所に寄って来たのです(?_?)
私も両親も、テッキリ、足を捻ったか?ヘルニア発症??と思い様子を見たのですが、痛みで震える様子も無く、ただ、表情がしょんぼりした感じ...。
そして、食いしん坊のファンタが、ご飯を半量食べて一旦中止し(結局全量食べた)、更に、左足をかばうように歩いた後、腰が抜け動かなくなったので、慌てて病院に連れて行きました。

Drに状況を伝え、診てもらった所、「これは、足とか腰からじゃないですね...」と言い、不整脈があるとの事で、心電図検査をしました。
やはり不整脈があり、通常だと症状が出ない程度の心不全が見られると説明がありました。
この時に、血液検査も一緒にしてもらいましたが、こちらは、全く異常なく正常(安心...)。
ニトロと抗生剤(もしもの関節炎に備え)を出して貰い様子見となりました(~_~;)

金曜日は、安静(実家にもカートに乗せて移動)。
昨日は、午後(散歩しないと10時頃と3時前に催促する)に、ファンタがお出掛けをしようと顔舐めにきたので、涼しい山道を抱っこと平行して散歩。
元気ですが、何と無しに、後ろ足の踏ん張りが弱い感じ...。
しかし、さすがファンタ!食欲旺盛で相変わらずがりばーのご飯の残りを狙ったり、寝ていてもオヤツの音を聞き、気付くと側に居ります(笑)。

ファンタに関しては、たぶん、一般的な家庭犬と違い、過酷な環境(出産や極度の栄養失調の経験)から、通常の年齢より身体機能が低いかもしれませんね(^_^;)
なので、そこを配慮してあげながら、細く(?)長く一緒に生活を共にしていこうと思います♪
ある種、高齢のがりばーとの行動が丁度よかったりして(笑)。

ちなみに、たまたま、病院受診した日に、コーギー友達に会ったのですが、そこの子も、散歩中にすれ違った犬に威嚇吠えをし最高潮に達した途端、倒れ意識喪失、急性の心不全を起したそうです(~_~;)>
過剰な興奮は禁物ですね、ファンタの食事(一番興奮する)も気を付けたいと思います〜!
それでは、また!(今日のファンタは、普段と変わらない様子です)


ファンタちゃんはすごい強運の持ち主です。こうして 病気を退散させて、一生懸命、楽しく今を生きています。

今年3月のお花見の頃 いつも季節季節の楽しみエンジョイしてます。
F1.jpg

実は我が家のかん太とマフィンもここにきて、ドッグドックを受け、かん太は僧帽弁閉鎖不全、投薬を早期に始めた方が良いかもしれないと言われました。我が家に来て、今年で7年になります。もう私達との暮らしの方が長いことになります。白いものも目立つようになり、特に(私はココが好きですが)目の上=眉が白くなってきて、まあるい柔らかな顔立ちになりました。

相変わらず、ドッグランで人の油断の隙を狙ってのポケットからのオヤツ強盗何どやっています。食欲あり、吠えも相変わらず つまり相変わらず、いっしょに暮らしている私達には元気なかん太です。でも私達よりずっと早いスピードで老いは訪れていると感じます。

いかにも好々爺って感じ まだまだその域には達していませんが。。。
2f3741a5669de097eb02e62328fd567e1a83c31f.jpg

そして、マフィンは一ヶ月程前、数日続けて夜床にいっしょにつくと、唾液状の,粘液を吐く事が続きました。

何か食べたものを吐きたくて、吐けないのかと思いましたが、出てくるのは粘液状のもので、それも吐き切れていないようでした。

診察していただくと、もしなにか異物を飲み込んで、腸閉塞を起こした場合は、水状のものを大量に吐くとのことで、そのような状態になったら直ぐ病院に来てくださいとのこと。

もう一つ考えられるのは食道麻痺。これはバリウム状のものを飲んで、超音波で診断できるとのことでしたので、超音波検査をしていただきました。すると、食道に水分(粘液)が残っているような画像でした。

食道麻痺はダックスに多いそうです。これまでに何頭か東大動物医療センターに診察に送ったそうですが、そうであった場合、治療法は今のところなく、食後に立ち姿勢を暫く保ってあげて、食道から胃に流れやすくしてあげるなどの処置をしてあげると、停留し難くなるとのことです。

マフィンは6年半前の保護時 グレード5深部痛覚なしの状態で後肢が完全に麻痺していて、城南島のセンターにいました。東大病院deMRIを取った際も、重度の麻痺で、麻痺後の日数経過を考えると手術の成功の可能性は10%と言われました。

ところが、リハビリを続けている内にふらりとしながらも、立つようになり、その後ふらつきながらも歩けるようになり、車椅子爆走で足をどんどん動かすようになり、ついには完全に歩けるようになりました。奇跡の回復だったのか、神経麻痺自体が完全に解明されていない、未知の部分があるのかわかりませんが、今日まで6年間歩き続けています。

その後 粘液状のものを吐くことは少なくなり、ここ2週間は全くと言って良い程起こっていません。

このまま改善してくれると良いのですが..

陰の実力者、女帝健在
IMG_4266.JPG

我が家では ミーシャが水頭症なので、預りっこメープルも半身麻痺と 全員どこか健康不安を抱えていることになります。

ミーちゃんこの耳効果で なんとも地球外生命体の雰囲気
不思議な子です。

664cc730d4cb765ba719cc452406b1b107015a8d.jpg


メープルは私の監視員 かなり優秀です。

P4133775.JPG

100%健康不安がない子などいませんね。

そう考えると、うまく不調や病気を付き合いながら、楽しく1日1日を生きることが一番大切なのではと思います。




ニックネーム Kicco at 23:03| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

茶太郎トライアル開始 & もも トライアル決定!!

なな母さん預かりだった茶太郎君 先週応募してくださったご家族と航空公園でお見合いし、土曜日 下町のお家になな母さんといっしょにお届けしました。
2人とも はずせない午後の予定があったので、時間が確実な電車で一路 スカイツリーが近くにに見える新居にお届け。茶太郎君は アポロ君となりました。

なな母さんが災害救助犬の訓練で福島遠征の間 2日間我が家にお泊まりした時も、吠えることなく、ケージの中でもおりこうにしていられた茶太君、電車移動のバッグの中でも一言も吠えず おりこうさんでした。新しい環境にもする慣れることでしょう。

いっしょに保護された 同じくレッドのトイプードル ぽっきー君もトライアルが決まったそうです。ご縁が繋がるのは早いと想像していましたが、やはり 早っ!保護されて約2週間での旅立ちです。

20130525_112019-1.jpg

20130525_120840-1.jpg

アポロ君の家族は とても素敵なパパママとおばあちゃま そして小3と小6の優しいお兄ちゃんたちがいます。これから毎日 スカイツリー見ながら お散歩できますよ〜

幸せに!

そして昨年10月に引き取りされ、パルボ、アカラスと長い闘い(それは預かりさんの闘いでもありました)を乗り越え、ピカピカの元気娘に育った ももについに家族ができます!

もものお家はアル君ママのご実家です!!
ご実家はアル君ママのご両親と弟さんが住んでいて、近いのでアル君は週に4日以上ご実家に行っています。

ご家族全員 犬との暮らしが長くて、犬が大好きなご家族です。

ご近所で、ゆりはな会員でもあるので、これからもずっと アル君といっしょにゆりはなにも来るのでいっしょに遊べます。

それにしても もも 本当にきれいになりました。

P5283887.JPG

詳しくは なな母さんのブログで

姉妹のナタリーも良いご縁が実り、もうすぐ本当の家族の元へ出発します。
幸せになるんだよ〜

詳細はkaorukoさんのブログ



性格 ハナマル、おっとりしていて本当に良い子、更にゴージャスコートになった兄弟犬のキングにも良いご縁がきっとそこまで来ていますね。

キング 本当にバランスが取れた良い子ですよ!
兄弟の中で一番のハンサムとの声も。

IMG_4298.jpg

IMG_4295.jpg

キングの毎日の様子は ロンLOVEさんのブログで

ロンLOVEさんのお家には ゆうきもいます。ゆうき 可愛いですね。
まだまだ若くて 活発なゆうきです。活動的な生活パターンのお家が会っているのかな〜

ゆうきもよろしくお願いします!

IMG_4294.jpg

おまけ
いつも何とも笑いを誘う にくめないキャラのアル君
この日も こんな所にはまってました〜

IMG_4299.jpg














ニックネーム Kicco at 00:40| Comment(2) | Happy Paws | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月30日

かりん 

既にpruuさんのブログでご存知の方も多いと思いますが、かりんは予定通り5月26日に現在心臓手術で考えられる最高の先生方による手術を受けました.

今頃手術を受けているだろうと時計をみたりしていた所、無事手術終了!の嬉しいお知らせが来て、よかった〜と喜んで、前日供血に協力してくださった秋田犬の姫ちゃんの訓練士さんに朗報を伝えるメールをなな母さん経由で急いで出し、ほっとしていました。

スタッフさんたち、かりんの手術の成功を祈っていてくださったご支援者の皆様、多くの方たちが かりんの帰還を待っていて下さったと思います。

手術はとても難しい手術で、開胸してみたら更に予想していたより難しい手術だったと聞きました。 執刀してくださった先生方は手術が成功して、これから回復していくと信じていらっしゃったと思います。私達も勿論そうでした。

でも、不整脈が治まらなかったかりんの心臓は再び鼓動することはありませんでした。

かりんは昨年12月に廃業を決意したチワワブリーダーから引き取ったチワワの一頭でした。預りのリオン&レックさんが心雑音に気づき、診察を受けた所 重度の肺動脈狭窄で、いつ突然死してもおかしくない状態でした。

私達の通常の医療措置の範囲では、心臓手術は考えられない高額医療費の掛かる手術でしたし、他にも多数の保護犬を抱えているハピポではそのような手術を受けさせることはできないことは明白でした。

でも是非かりんちゃんを救ってあげてくださいという応援をいただき、賛同してくださった多くの皆様のご支援で かりんは生還すべく手術にむかったのですが、とても悲しい結果となってしまいました。

かりんは神様からいただいた5年の命を全うして天に帰って行ったと思います。

短命であっても、寿命いっぱいであっても、人間でも犬でも 私達の命の終わりは 自分自らコントロールできるものではないと、改めて思います。

かりんに生きるチャンスをくださった皆様本当にありがとうございました。

火曜日 多磨慈恵院でスタッフの皆さんといっしょにかりんとお別れしました。かりんはこれから たくさんの犬猫たちのが眠る慈恵院でいっしょに眠ります。

12年前ララを荼毘に伏したのも同じ慈恵院でした。P&Bママさんの所のビッケもシャインも あくびママさんの所の はじめちゃんも先天的な病で若くして召されたのんちゃんも 皆慈恵院で眠っていますから、かりんも寂しくないと思います。

かりんを応援してくださった皆様 ありがとうございました。

写真.JPG


Kicco

ララ アド ニーニャとまだお骨が3つ並んでいる我が家  最近土に返してあげたいと思うようになりました。主人はずっと家にいればいいんじゃないのと言っていますが、いつもお花がいっぱいの合同慰霊碑を見て、いつまでも寂しくない所に置いてあげるのが 後継者のいない私たちの義務かなと思いました。




ニックネーム Kicco at 22:42| Comment(2) | Happy Paws | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする