フリマ開催のお知らせ

川越水上公園フリマ無事終了いたしました

ご来場下さいました皆様ありがとうございました。

フリマの収支報告はこちらから

ハピポ2017年カレンダー おかげさまで完売いたしました。

お買い上げ下さった皆様ありがとうございました。


middle_1478352310.jpg

サポートショップでは他にも保護犬医療費サポートグッズを販売しております。
お買い求めはコチラからよろしくお願いいたします。         http://happypaws.shop-pro.jp/


2013年04月01日

ドッグソープ製作進行中

今夜な夜な 石けん作りに励んでいます。

最初は電子レンジで溶かして型に入れれば簡単にできる MP(Melt&Pour) Soap
グリセリンソープなので普通市販されている石けんに比べれば、しっとりした洗い上がりで手がすべすべになります。でも純粋とは言えない添加物が入ってしまいます。

IMG_3676.jpg

本格的に作りたかった コールドプロセスの手作り石けん
最初は苛性ソーダを扱うのが怖かったけれど、もう大丈夫です。
でも取り扱いには充分注意しています。

全くの初心者なので最後の詰めが甘く、時間を起き過ぎて、型入れまえに固まってしまって。。。え〜 とか 牛乳パックで作ったので、形がイマイチ不揃い過ぎるとか 色々ハプニングはありますが、楽しく作り貯めています。

ドッグランとか犬友とか会う人ごとに 熟成したらあげるね〜と言いふらしているので、頑張って何バッチも作るぞ〜

2月末の石けんセミナーで作った ドッグソープがそろそろ解禁。
4−6週間熟成させて使用ということなので、後もう少し。
これは,型だしを急ぎ過ぎて、あまりに形が悪くなってしまったので お湯で溶かしてジェルシャンプーにする予定。

ただいま熟成中なのが

その後 自作したドッグソープ - 牛乳パックで型入れーなかなか綺麗にカット出来ません。
これには オリーブオイル、ひまし油、パーム油、ココナッツオイルが入っていて、先生作の同じレシピのジェルソープで毎日メープルのお尻回りを洗っていますが、とても良い感じです。

IMG_3915.jpg

お風呂の愉しみ のレシピで ラベンダーとローズマリーのシャンプーバー
ドテラのラベンダーとローズマリーとレモンのエッセンシャルオイルが な なんと全部で
128滴も入っています。基本は食用 オリーブオイル、パームオイル、ココナッツオイルのマルセイユ石けんです。

香りづけの精油はその位いれないと香りとして残らないのだそうです。
石けん材料より精油の方が断然お高い〜 でもやっぱり グレードの高い信頼できるオイルを使いたいですよね。こんなに良い精油を使っても一個当たりの材料費は安いし、純粋に良いものしか使っていないので安心です。


アクリルモールドを買って 少し形が良くなったのが
アボカドオイル100ccを入れた アボカド石けん

これはかなりしっとり良い石けんになる予感

IMG_4005.jpg




同じくお風呂の愉しみのレシピで カモミールとレモンのシャンプーバー 
になる はずだった。。。 レモンエッセンシャルオイルを入れる前に鹸化が進んで固まってしまった カモミール抽出液入りの失敗作

ですが、一転 ロープ石けん(マルセイユ石けん)になった ボール石けん

IMG_3970.jpg


プレゼントとフリマ出品を目指して 春休み中がんばるぞ〜










ニックネーム Kicco at 01:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月08日

虎 ありがとう!

金曜日の朝 なな母さんのお家の虎ちゃんが亡くなりました。
なな母さんから電話で知らされた時 前日薬浴でアル君と伺った際に元気な虎に会ったばかりだったので、全く信じられない思いでした。

虎ちゃんは前の日にシャンプーしてもらって、ピカピカのコートで、今にも起きてきそうなまるで寝ているような姿で横になっていました。

虎 起きてよ〜と声をかけたら あの人懐こい表情で起き上がってきそうでした。

朝 突然 嘔吐し、足が立たなくなっていて、病院に運ぶ途中亡くなったそうです。

なな母さんと息子さんの悲しみはいかばかりかと、ゆりはなで元気に走って来て歓迎してくれる虎の姿が見られないかと思うと とてもたまりません。。

虎にはこれまで ちょっと問題を抱えてなな母さんに預っていただいた子たちがとてもお世話になりました。ななちゃん あいちゃん という優秀なお姉さんたちの弟分として、虎ちゃん自身も災害救助犬試験でも優秀な結果を残し、なにより 間違った飼育の末捨てられてしまった、行動問題を抱えたいた子たちの良き指導者でした。

リードワークがとっても上手で,リードを銜えて はると、フィット、ももをドッグラン内でお散歩させていた姿に感激したこと、我がままな行動をすると、人間の私達には出来ないすご技で指導していたこと 虎には本当にお世話になりました。

我が家の預りっこだった オリバーとアルも仔犬時代を虎なしには語れません。


まだ虎がいなくなったことが信じられないです。

心からありがとうを言いたいです。

虎 ずっと忘れないよ。今まで本当にありがとう。
天国で安らかに!

そしてまた会う日まで!

IMG_4321.jpg

IMG_4323.jpg

IMG_4280.jpg

PC102867-thumbnail2.jpg

PC102872-thumbnail2.jpg

IMG_4328.jpg


ニックネーム Kicco at 01:24| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月09日

リトちゃん お空に帰りました。

今朝 Kaorukoさん家のリトちゃんが息を引き取りました。
こんなに早く逝ってしまうと思っていなかったので 本当に寂しいです。
金曜日朝 5歳の若さで逝ってしまった虎 寂しさがさらに募ります。

リトちゃんは15歳のお誕生日を迎えたばかり。土曜日病院で会ったら、小さなリトルが更に小さくなっていて、食べられなくなっていたので体重が減り続けているとのことでした。
呼吸も苦しそうでした。

kaorukoさんが3月いっぱいで退職して、お家にいるようになった途端のことでした。
大好きなkaorukoさんがお家にいてくれるのがどんなにか嬉しかったことでしょう。

最近はいつもスリングに入っていたそうです。いままでお留守番していた分を取り戻すようにいっしょにくっついていたかったのかも。。

ひなちゃん お届けの時にあったリトル姉さんは,山椒は小粒でもぴりりと辛い という言葉がぴったり当てはまる 小さいけれどしっかりしたぴりっとした子という印象でした。
耳の毛が長くて,小さくて、毛量が多くて ダックスらしくしっかり吠えてました。
当時住んでいたお宅のまっすぐな階段を一気に駆け上って お散歩で鍛えた足腰の強さにびっくり。さすがkaoruko家 かなりの長距離散歩も しっかり歩いてました。

でも犬たちって 私達人間とは違うLife Spanで生きていることを 10歳過ぎると思い知らされるのです。いつまでも若いよねと言っていた子がふと気がつくと 白髪が増えて、まだ私たちの子どもという存在に変わりはないのに、私達を追い越して宇宙の場に帰ってしまうのですね。

リトちゃんもアドと同じように先に逝ったお母さんが待っているから きっと天国でも道に迷うことはないと思います。

虎がいなくなって ゆりはなに入る時になにか大切なものがなくなった寂しさ、2日経たずしてリトちゃんがいなくなって、 いて当たり前のように思っていた子達がいなくなるって本当に寂しい。

虎ちゃんもリトちゃんも 今にも眠りから覚めて起きだしそうな寝顔で、とっても安らかな眠りについていました。

またいつか宇宙のどこかで会いたいね。

今までありがとう。


ニックネーム Kicco at 01:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久々のホープ 元気です。

二ヶ月振りにホープに会いました。
ちょっとダイエット要だけど、ツヤツヤで吠え声も元気いっぱい。
甘えん坊の表情から今 ホープがとっても幸せだと分かります。

じゃ また2ヶ月後に会おうね。

IMG_4028.jpg

IMG_4025.jpg
ニックネーム Kicco at 01:30| Comment(0) | ホープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月14日

車椅子

我が家の預りっこメープル愛用の車椅子は我が家の主人作ですが、
昨年モデルの森泉さんのトイプーのモーグリちゃんの車椅子を作った事がご縁で
先月志村どうぶつ園にちょっとだけ主人も登場しました。
実はメープルも撮影に参加したのですが、ゴールデンタイムの人気番組ですので時間の調整が進むうちメープルの登場はなくなりました。

でもさすが全国ネットの番組 その後 こんなにも足の不自由な子がいたのかと驚く位 毎日のようにお電話をいただいたり、日に何組も実際に採寸に来られたり、遠く北海道,沖縄から注文をいただいたりで,主人は今大忙しです。

ダックスのお問い合わせが多いのは勿論と思ってましたが、何年も麻痺したままでいた子が放送を見て問い合わせしてくださったりと、この放送を機会に車椅子で爆走散歩が出来た子がいるのがとてもうれしいです。

車椅子の補助があれば若い子は 充分なお散歩が元気にでき、段差を乗り越えて走ったり、駆け下りたりでき、年老いて足腰が弱くなった子も、昔のようにお散歩でき、前も後ろも力が足りず,立つことも出来なくなった障害がある子や高齢の子が4輪車椅子で立てるようになり、床ずれから解放されたり、表情がみな明るくなるのが主人の喜びのようです。

ダックスに多い椎間板ヘルニアやコーギーの遺伝性疾患の変性性脊髄症や犬種独特の病気だけでなく、大きな子たちの車椅子もたくさん作っているのですが、特に大きい子たちは飼い主さんの負担の大きさが半端ではありません。でも以前のように歩かせてあげたいと来てくださる全てのご家族の愛情を感じます。

ゆりはなで以前良く見かけた ハイジャンプのチャンピオン(申請し忘れたらしいですが、ギネス記録を更新していて、勿論世界チャンピオンだったそうです)だった ボルゾイのランディ君 (なんとボルゾイとしては本当に長生きの12歳!)も最近車椅子を作りに来てくれた超大型犬の一人です。 

歩くと、身体全体の調子が整って、内蔵も調子良くなるそうです。
身体を動かすって人間も犬も大切なことなんですね。




ニックネーム Kicco at 01:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月16日

春の日曜日 ゆりはなに集合

日曜日

ゆりはなに懐かしいはると家族が遊びに来てくれました。
はるとは昨年春の道満グリーンパーク里親会に パパママ ベビーの綾乃ちゃんと来てくれましたので,1年振りの再会です。

はるとがはるとパパさんと暮らし始めて もうすぐ2年。
もうとても落ち着いて、穏やかで なな母さんの所に来たばかりの頃のはるとの面影はありません。あの頃は はるとにとって苦しい日々だったね。でも素晴らしい家族を得て、今の幸せな日々を迎えることができて本当にうれしいです。

相変わらずの綺麗なダップル模様の豪華コートのはるとです。
おっとりまったり過ぎて 今では 猫じゃないの〜と言われるそうです。

日曜日はその前日に移動でお預かりした ダックスのネロもゆりはなにいました。
ネロは一泊お泊まり中も トイレ完璧、他の子たちとも付かず離れずの大人の行動、夜はケージに入ると静かに朝まで寝ました.とっても良い子です。

ネロはただいま里親様募集中!
いっしょに暮らしやすい子だと思います。

アル リズもやってきて 相変わらず賑やかな ゆりはな週末でした

まずは 春の日曜日 まったりダックス編 - 写真をスーさん



そして運動能力にびっくりの 若者グループ編 写真はスーさん ベストショットの連続

リズのカゼルのような走り姿に注目



月曜日

以前から行こうといいながら 中々実現しなかった オリバー宅訪問!
ついに行ってきました〜

なな母さん、もも、アルがいっしょです。

1月15日のオリバーお届けの時は大雪の翌日、交通機関は大混乱、東北自動車道も一部閉鎖で大幅に送れてしまいましたが、今回は快晴。順調に到着しました。

オリバーが住んでいる館林市は埼玉県隣接なので,東北自動車道の羽生インターを過ぎると直ぐです。

アルと兄弟再会! ももとは のみと格闘したあの診察室以来 半年振りの再会。

オリバー 3ヶ月の間に成長していました。

マズルが伸びて もうパピー顔ではなく 青年という感じです。
この日が最後の注射の日で、次回皮膚検査して治療が終わりになるそうです。
よかった〜
オリバーは現在 18kg。兄弟の中では一番大きいです。
コートもふさふさで、後ろ姿が ゴールデンの雰囲気、顔は耳が立っていたらシェパードという雰囲気。でも アル君とも ももとも お顔が良く似ています.


オリバーパパさんはとっても器用な方なので、ひろ〜いデッキに安全のためにDIYでフェンスをつけてくださっていて、リビングからでたら直ぐ遊べます。フリスビーやボール遊びができる広いデッキです。木の大きなサークルも自作されていました。

この広いデッキで みんなワンプロ遊びで楽しみました。
オリバーも久しぶりに兄弟と遊んで楽しんでくれたようです。

私たちが帰ったら ぐったりしていたようです。

アルはママがお仕事だったので、おばあちゃんのお家でお留守番するのでお届けしました。
やっぱり ぐったり〜爆睡していたようです。

今度はオリバーがゆりはなに遊びにきてくれるそうです。

楽しみ〜

私は 備前焼ギャラリーを見せていただき、エルブドネージュの石けんをゲットしました。

石けんの代金はハピポにご寄付くださいました。

またお店のお客様からと オムツとシートをご寄付いただきました。ありがとうございました!

IMG_4112.JPG

IMG_4119.jpg

IMG_4140.JPG

IMG_4139.jpg

IMG_4135.JPG

IMG_4129.jpg

IMG_4120.jpg

IMG_4123.JPG

IMG_4124.JPG

IMG_4141.jpg





ニックネーム Kicco at 23:09| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月18日

オリちゃん 老いてなお可愛い〜 頑張ってます。

火曜日

オリちゃんに会いに行ってきました。

オリちゃんの里親さんのゆきさんから先週メールをいただき、オリちゃんに前庭障害がでていて、オリちゃんがかなり衰えてきていると伺いました。会いに行こうと思いつつ、なかなか会えず、久しぶりの再会となりました。

ゆきさんはここ数年 義母さまの介護、数年前の膵炎後、病気と投薬の日々で、衰えとともにオムツ着用になったオリちゃんの介護と大変な介護生活を送っています。

お仕事もかかえながらの介護は本当に、口では言い表せない大変さだと思います。

オリちゃんは柴の老犬では本当に良く出る症状なのですが、クルクル回転してしまう、三半規管もちゃんと機能していないので、傾いてしまうなど特有の症状があります。目は緑内症で一時眼圧が5以上になり(そこまで上がると酷い痛みを伴うそうです)眼圧を下げる目薬を何種類かつけているそうです。今は左目が完全に白濁して見えていない状態です。

オリちゃん 募集中は8歳で募集していました。小さな柴で今でも写真をみた衝撃を覚えている位、保護時はほんとうにひどい皮膚病でした。
あの頃は柴の引き取りが多くて、皆回復が大変な 皮膚疾患を持っていました。
皮膚は柴の弱点なのです。

そんなオリちゃんを、先住犬のクロちゃん(クロちゃんも飼育できなくなった方から保護した子でした)がやはりひどいアレルギーだったので、皮膚治療経験があるからと、当時メラノーマで抗がん治療と手術を繰り返していたクロちゃんを連れて、里親会場にオリちゃんに会いに来てくださったのでした。

本当にラッキーにも オリちゃんは至れリ尽くせりのケアをしてくださる ゆきさんのお家の子になりました。

今のオリちゃんの様子から考えると、オリちゃんは2007年当時 既に10歳を超えていたのではというお話になりました。
車椅子の柴犬の老犬に1年に何度か車椅子製作で会うのですが、このような症状がでるのは,15歳、16歳位からです。そう考えると2007年当時のオリちゃんの年齢が10歳として、五年半経った今の年齢は16歳近くです。

でもオリちゃん 頑張ってました。
一進一退なので、前日はかなり悪かったらしいのですが、私が行ったこの日は,元気ーというか一心にーゆきさん特製の回転歩行装置で 歩き続けていました。

これ すごい工夫の産物なのです。

IMG_4166.jpg

IMG_4165.jpg

ベースに重い鉄の固まりを入れた容器があって、そこに地球儀のポールと地球儀を設置して、地球儀が固いので、更にポットカバーでカバーして緩衝剤にしています。

自力ではコロコロ転んでしまったり,這いずり回ったりしてしまう オリちゃんの身体にハーネスと首を守るクッションピローをつけて、天井からリードを吊るして、オリちゃんのハーネスに装着すると、オリちゃんは身体を支えられて自力で歩くことができるのです。

本当に良く歩く時は1時間、それもスピードをだして歩くそうです。この日もお部屋に入ったら オリちゃん一心に歩いていました。

こうして歩く事で昼間ちゃんと運動ができるので良く眠れて、夜鳴きや昼夜逆転がなくなると、柴の車椅子を何台も製作している主人が言っていました。

ハーネスをはずしてもらって 食事タイムのオリちゃん

さすが元キッチンの女王! 食欲は衰えていませんでした。
ゆきさんが支えてあげて食器を持ってあげると 補助は必要ですがしっかり食べます。

この食事があるから今まで相次ぐ病気をしながらも元気回復してきたのですね。

IMG_4146.jpg

IMG_4157.jpg

IMG_4158.jpg

IMG_4159.jpg

IMG_4148.jpg

ソファで抱っこすると 疲れてお腹もいっぱいになったので、私のひざの上ですやすや眠り始めたオリちゃん。赤ちゃんのように 手足が温かくなって、スヤスヤ 本当に老いて頑張っているこの姿 可愛いです。

家に来た頃のオリちゃん

今見てみると オリちゃん 若い!

到着した日のオリちゃん

P1010768-thumbnail2.jpg

教室の子どもたちにも可愛がられていました。
8-thumbnail2.10.Olive1.jpg

olive14208-thumbnail2.19.jpg

6年という月日は犬たちにとって,私たちの数十年だと 改めて実感します。

またオリちゃんに会いに行きたいな。

ゆきさんの所には、やはり酷いアレルギーの皮膚疾患だった てるみちゃんが里子になっています。てるみちゃんは本当に酷い皮膚病でしたが、今では除去食でこんなに綺麗になっています。ちょっと油断すると出てしまうので手作り食だそうです。
てるみちゃんの横にいるのは保護中で里親さんが決まっているミニピン君です。

IMG_4151.jpg

そして、埼玉の動物指導センターにでむいて個人保護した あんこちゃんもすっかり落ち着いていました。賢い目をした良い子です。

IMG_4156.jpg




ニックネーム Kicco at 01:05| Comment(0) | オリーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする