フリマ開催のお知らせ

川越水上公園フリマ無事終了いたしました

ご来場下さいました皆様ありがとうございました。

フリマの収支報告はこちらから

ハピポ2017年カレンダー おかげさまで完売いたしました。

お買い上げ下さった皆様ありがとうございました。


middle_1478352310.jpg

サポートショップでは他にも保護犬医療費サポートグッズを販売しております。
お買い求めはコチラからよろしくお願いいたします。         http://happypaws.shop-pro.jp/


2011年03月13日

久しぶりです。

ひさしぶりの更新ですが、本当に未曾有の災害に日本中が揺れる毎日です。テレビから流れる想像を絶する津波の被害と惨状に、これが現実とは中々信じられない、まるでまだ映画かなにかで見ているような気持ですが、これが現実なのですね。

私の住む所沢も大きく揺れて、立っていられないような状態が長く続くなか、ちょうどボラトリ中でしたので、外に出なくては!とシャンプー中のコーギーを抱っこするスタッフ、トリミングが終わった子を抱っこする人。。それぞれが犬たちを抱っこして,外にでました。電線は大揺れ、地面もあんなに揺れるのは初めての経験でした。

数日まえの地震で、陸前高田の牡蠣の養殖棚の一部を流されるという被害にあった水産業の方が嘆いているのをインタビューで見た事が、目の前に浮かび、震源は仙台方向とすぐ思いました。

初めて経験する長時間の揺れ、しかし、ここまでの惨事になっているとは,想像もしませんでした。

人間は自然の脅威の前にはなんと無力なのでしょう。なにもできない無力さを感じます。
でも そうばかり言っていられない、なにか行動を起こさなくては。。

mixiには 「東北関東大震災地震コミュ」ができています。ラジオの災害援助の専門家によると、今まだ災害の全体像が把握できていない、これから余震も予想される現時点では、自己完結 つまり すべて自分で食料、トイレ、装備を準備でき、被災者に迷惑をかけないプロでないかぎり現地参加はすべきでないそうです。今できる事は、節電、足りている私たちは買い占めなどしないで、現地に必要な物品が行くようにする事、できる寄付をすることなどでしょうか。。

mixiの動物の命を守りたいという方の日記には、このような記事がありました。

ペット用防災グッズです。
鑑札、迷子札、クレート(屋根つきケージ)、食事と水(3日分)、首輪、リード、トイレ用品、常備薬などを再点検して下さい。

あと、
できるだけマイクロチップと迷子札の両方をご検討下さい。

今回の地震で、
繋がれたまま津波で水死した子、
繋がれたまま火事で死んでいった子がいるそうです。

迷子になって飼い主の元へ帰ってこれなくなる子もたくさんいます。

マイクロチップは3000円くらいで、
注射のように打つので痛みもほとんどありません。
レーダーもほとんどの機種が共通になってます。

保護団体では,今や当たり前のように保護犬に装着しているマイクロチップも,一般的にはまだまだ普及していません。

家の中で飼っているからと、首輪も名札もしていない小型犬は多いです。普段はいつも一緒に居て、目配りしているから大丈夫と思っていても、災害時には,何が起こるかわかりません。

やはり、名札、鑑札(今は小型になっているので小型犬でもつけ易いです)、マイクロチップをつけておきたいですね。

そして、渡り鳥もこれで調査していると聞いたので、実現可能と思うのですが、是非GPSをマイクロチップにつけて欲しいなと、迷子犬捜索をした経験から思います。

今回、被災地には,避難場所にいけず、多くのペットたちが、飼い主たちと離れて家に残されていたり、津波で避難する前に、放されて放浪していたりしているようです。

4年半まえ、4日間保護活動に広島で参加した,動物保護団体のエンジェルズが今日被災地に向けて、動物たちの保護に向かったそうです。仮説犬舍建設も準備中とホームページには書かれていました。

http://angels2005.org/

機動力のある団体が動いてくれて、一頭でも多くの命が救われることを祈っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

怒濤の2月から3月初旬の日々が終わり、Happy Pawsの埼玉県動物指導センターからの認定団体登録も無事おわり、本格的にセンターからの引き取りが始動しました。

その間に 幸せな第2の犬生をスタートした子たちがいます。

まずは 3月6日
2月4日から我が家に滞在していたメイです。
メイは避妊手術、抜糸が終わり、新しいお家にお引っ越しする準備も整い、3月6日の朝、我が家からご近所の里親様のもとに徒歩でお引っ越ししました。

里親様とは、今回応募いただくまで、面識はありませんでしたが、お知り合いの方が保護活動をしていることを紹介してくださって、応募してくださり、今回のご縁となりました。

今まで、経験のない、ごくご近所へのお届けにちょっと戸惑う事もあります。
あまりに近いので、暫くの間は、メイちゃんがお家と認識できるまでは、あわないようにしているのですが、メイちゃんの家の前を通るたびに、どうしているかな。。。と立ち止まってしまうのですよね。。。

だいぶ新しいお家にも慣れてきたようです。甘えん坊のメイには、一人っ子生活が良かったと思っています。

K様 超甘えん坊のメイをよろしくお願いします。

またご支援ありがとうございました。
CIMG2902.jpg


CIMG2904.jpg

3月7日
昨年 我が家のガレージで黙々と毛玉取りをした,ブリドルのジェシカちゃん。
guruhanaさんあずかりだった ひなちゃんの里親さんが預りに応募してくださって、初預りしてくださったのが、ジェシカでした。ジェシカの仮ママさんkaorukoさんのお家は,我が家から徒歩5分のご近所さん同士で、ご近所には里屋さん、預かりさんが増えて、とても頼もしい このエリアです。

ジェシカのお見合いは一ヶ月程前 ロウバイの香りに包まれた航空公園でした。とっても素敵な里親さんご夫婦との出会いがあって、ジェシカは本当に強運の持ち主です。

あのすごい毛玉の,やせ細ったジェシカが3ヶ月後に、こんなし幸せを掴むなんて。。。

この日は朝からあいにくのみぞれ、午後から雪との予報で、急遽電車でのお届けに変更。
kaorukoさんと駅で待ちあわせて、出発!

ジェシカ 電車の中でも本当に静かでおりこうさんでしたよ〜
IMG_2850.jpg

IMG_2851.jpg

ジェシカの新居は都内の素敵な住宅街の,本当に素敵な憧れのお宅〜みたいなお家でした。先住犬さんが,目が見えなくなっていたので、玄関から段差がないよう心配りがされ、滑らないようマットが敷かれていて、理想的な作りです。

たくさんのおもちゃ!
IMG_2856.jpg

おいしそうなケーキを用意していてくださいました。
(勿論 ワンケーキ)私たちにはご近所の有名なパティシエさんのおいしいケーキが!
なんとそのパティシエさんは、ついこの間発表会のお手伝いであったばかりの、友人のお教室の生徒さんのお父さんでした!!
世の中って 狭い!

IMG_2858.jpg



パティオがあるので、ジェシカは 危険なく、お庭遊びもできます。

いいな〜 犬を飼うモデルルームのようなお家〜 ジェシカ 今までの分も幸せになるんだよ〜

IMG_2862.jpg

IMG_2872.jpg

F様 ジェシカをよろしくお願いいたします。
kaorukoさん 初預り ご苦労様でした!


そして 一日置いて
3月9日は お正月にプチステイしていた、ダックスMixの未来ちゃんのお見合いでした。お見合いと書いたという事は、そうなんです。未来ちゃん トライアル決定です!

お見合いの場所は、5月になったら薔薇の香りに包まれて、素敵なのでしょう〜 English Garden Rose Cafe でした。高台にあって、晴れている日は富士山も見えて、眼下には多摩丘陵が見渡せます。

ちょっと風が強い日でしたが、未来ちゃん 里親さんのH様に抱っこされて、くつろいでます〜

IMG_2889.jpg

IMG_2888.jpg

未来ちゃんは、もう暫くパーシー,ビッケママさんのお家にいて、4月初めに新しいお家にお引っ越しします。

みんなが幸せになるための忙しさは うれしい忙しさです!

みんな幸せに!!

そして、ヨンヨンさんのお家から通院のために、お嬢さんのきくのりさんのお家にお引っ越しするビオラのサークルをお届けに、レッスン後お邪魔しました。

いつも夜遅くすみませ〜ん。

ヨンヨンさん、きくのりさんには 一昨年のSOS預り依頼 以来 お世話になりっぱなしです。

あの時のSOSで預っていただいた サフラン(今はさくらちゃん)、そして やっぱりSOS発信に 一言 「いいわよ〜 どこにも行くところがないんでしょ?連れてらっしゃい」とお預かりを初めてくださった Mダックスのぴぇ(今はポアロ君)

次はじゃあ女の子だね〜とお預かり開始したビオラは、今は定期的に通院が必要なので、昨年夏からずっと,お仕事をしながら、通院してくださっています。

ビオラ 頑張ってます。

引き取り後、歯茎の再手術、石を取り出す内視鏡手術、そして今は免疫介在性の病気と闘っています。

でも本犬はいたって陽気な、自己主張もできる、人なつこい,かわいいダックスです。
応援よろしくおねがいします!

IMG_2894.jpg












ニックネーム Kicco at 22:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

ハピポ引き取り開始

3月の引き取りは

まず コーギー ♀ ふわり
フレール君(今はムサシ)預りだった メルシィママさんの2頭目の預りっこです。

コーギーとしては小さめの女の子 でも痩せ過ぎでした。
引き取りの日は雨の降る寒い日でした。
センタ−に到着すると、いつもの屋外スペースにコーギーとシーズーの女の子たちが寒そう〜に,お迎えをまっていました。

CIMG2897.jpg

CIMG2899.jpg

メルシィママさんがセルフシャンプーしてくださり、お家で様子を見て下さっていたのですが、ちょっと咳こむというので,病院で血液検査、レントゲン撮影。。やはり寒さの中にいて、収容されている間に体力も落ちたのか、ちょっと軽い肺炎を起こしていました。

入院する程ではないので、抗生剤を飲んで様子を見て、回復を待つ事になりました。経過は順調です。

そして、搬送の日から数日後のふわりです。

きれいになってますね〜 ツヤが違う!
やっぱり ケアされて、普通のお家にいると変わるのですね.

ふわり とても美コーギー。
IMG_2839.jpg

IMG_2838.jpg

メルシィママさんのブログはこちら
http://merci.blog.ocn.ne.jp/wan/

シーズちゃんは Wanroomのゆうさんのお家にプチ滞在の後 ミルキーママさんのお家に移動しました。

この子もとってもキュートなかわいいシーさんです。
姫ちゃんというお名前をいただいて募集開始です!

CIMG7537-thumbnail2.JPG


ミルキーママさんのブログはこちら
http://chibiten.a-thera.jp/

応援よろしくお願いします。







ニックネーム Kicco at 01:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Happy Paws埼玉県の譲渡認定団体に

2週間前にメンバーの皆さんとセンター講習会にみぞれと雪の中、熊谷のセンターまで行き、その後 環境審査、申請内容審査、規約提出などの手続きを経て,無事 埼玉県の譲渡認定団体になりました。

金曜日の引きとりは、なんとダックス3頭、コーギーと短足グループ結集。

私は今年最後の幼稚園レッスンが午後一番であったので、皆さんに遅れて、2時頃到着。

後で考えると、2時に到着していてよかった〜

もし後少し遅れていたら、恐怖の地震の揺れの中のドライブでした。

Wanroomに到着して、引き取りの子たちの様子を見ていると、ゆらゆらしてきて、だんだん揺れが激しくなり。。外に脱出しないとまずい〜というレベルに達し、皆で犬たちを抱っこして,外にでました。

今まで経験した事のない揺れ、それもずっと揺れが続く怖い状態でした。
車もすごい揺れでした。

でも、後で知るまで、あの時は大きな地震で,仙台沖が震源地かな〜、それにしてもすごい揺れだね〜という位で、津波も気をつけないとねとは言ったものの、誰があの想像を絶する惨事を想像したでしょう。。。

到着すると既に皆シャンプーが始まっていて、風雅さんが私がkaorukoさんにお届けするブリンドルと思ったら、ブリンドルダップルさんの女の子の桃尻カットをしてくださっていました。

ゆうさん 写真おかりしました〜
photo-f1b0f-thumbnail2.jpg

きれいになって〜

guruhanaさんお迎えのレッドの女の子
photo11-1d418-thumbnail2.jpg

kaorukoさん預りのブリドルダップルの女の子
photo10-9ee07-thumbnail2.jpg

pruuさんプチ預り ベルママさん本預りのコーギー嬢。性格よさそうですね。
photo17-e0ee7-thumbnail2.jpg

地震で帰宅難民となった kaorukoさんのお迎えが困難になったので、やはり帰宅難民で会社泊まりの主人がいない 気楽〜な我が家で、みんな仲良く寝ました。

翌朝、kaorukoさんとスーさんが リトルちゃんとひなちゃんといっしょにお迎えに来てくださいました。

みんな小さくてかわいいですね〜

IMG_2901.jpg

kaorukoさん 2頭目預りよろしくお願いします!

お名前は アルマちゃんです。

これからの様子は こちらで
Starting Over ここからはじめよう


それから 他のこたちの応援もよろしくお願いします!!

ブログはこちらから
http://happy-paws.main.jp/blog/blog.html












ニックネーム Kicco at 02:08| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

ホープ君 応援お願いします!

先日の引き取り時の写真をご覧になって,既にお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、あの大地震の日の引き取り犬は,ダックス3頭、コーギー1頭 全部で4頭いました。

あの時、事情があってご紹介できなかった子がいます。

その前の週に飼い主によって,引っ越しという理由で持ち込みされた ブラックタンの男の子です。見るからにガリガリでしたが、センターから送られてきた写真を見る限り、私たちが引き取る子にはよくありがちな,細い子で、引き取って、しっかり栄養をとって、預かりさんの家でケアされれば、すぐピカピカのダックスだよね〜という印象でした。

ところが,この子は大変な爆弾を抱えていました。

その日は、私は、幼稚園の最後のレッスンが午後あり、本来ならハピポ 初めての引き取りなので、pruuさんに同行していっしょにセンターに行きたかったのですが、それができませんでした。いつも遠距離を熊谷まではるばる引き取りに行ってくださる pruuさんには本当に感謝です。

センターにもうすぐ到着〜 また後でね〜と電話を切った後、pruuさんから ダックスの男の子がちょっと体調悪いみたいという電話をいただきました。確かにちょっと元気なさそう。。足が腫れて引きずっているみたい。。。 でも センターのコンクリートの床でパッドから血を出している子は結構いるので、そこからばい菌が入ったのかな位に思っていました。

ましてや、引き取り依頼があったときに,引き取り決定している子で、ずっと迎えに来てくれるのを待っていた子です。早く ケアしてあげたいという気持こそあれ、引き取り中止などという言葉は思いもつきませんでした。

そして、pruuさん 一路 Wanroomへ。

レッスンが終わって、電話すると、あまり調子は良くなさそう。。到着した時点では、おすわり姿勢をしていたのが、身体を横たえて だんだん調子が悪くなってきているようでした。

そこへ、大きな揺れ。シャンプー途中のコーギー嬢、ダックス君のケージ、シャンプーが終わった ブリンドルダップルのアルマ、レッドのダックスの女の子をそれぞれ抱えて外に出ました。大揺れに大パニックでした。

揺れが落ち着いたので、pruuさんはまだドライが終わっていないコーギー嬢をタオルに包み、後で家でドライするから〜と、いそいで、スタッフも多く、設備も整っているS病院にダックス君を運んでくださいました。


病院搬送時、低血糖、低体温、貧血などなど、このままなら一時間は持たなかっただろうという状態になっていました。

足の出血と外傷から外傷性の何かと思っていたところ、調べても,不思議な事に、傷はなかったそうです。
なかなか原因が特定できず、翌日までに様々な検査の結果を総合して,院長と担当獣医さんの出した結論は。。。


足 ー ヘルニアではなく、麻痺でもなく、外傷でもなく。。。足が壊死しはじめている!

原因として考えられるのは

心臓がかなり弱っていて、充分な働きをしていないため(原因として考えられるのは心筋症など)、

心臓内に血栓ができ、その血栓が血管に飛び出し、猫では良くあるケースらしいですが、血栓が下半身の股付近の動脈を塞ぎ、

そこから先の血流が止められ、酸素、栄養供給がとまり、足の壊死が始まった。

その上 壊死は 足の先だけでなく

大腿部にも及んでいるので、毒素が体内に回る前に、壊死している部分を切断するしかない。

しかし、この子の場合は、現在手術に耐える心臓ではないので、現時点ではこのまま 手術ができない、しかし、壊死した部分から毒素が体内に放出されるという、どちらも 悪い状態で、今は 手術をしないまま,心臓の薬を投与、心臓の状態がよくなったら、
放置しておけない、壊死した足を切断手術 

これが唯一 この子が生き残る事ができる道とのことでした。

(昨年2月 私は猫のニーニャを肥大性心筋症で亡くしました。大腿部の大きな動脈に血栓がつまり、半身麻痺状態になったのが、まず最初におきた症状でした。動脈が詰まるというのは致命的なことです。)

ここ数日、ICUにて、補液、心臓の薬投与で、この子は見た目には(あくまでも見た目には)、奇跡的な回復をしているような元気な意思表示、喜びの表現、触って欲しくて吠えるなど,生きる気力満々です。

実際には、血液検査の結果は 極度の貧血で、足の壊死は大腿部まで進行という危険な状態です。

明日 水曜日に心臓の外来があるので、循環器の専門の先生にみていただき、心臓が手術に耐えるという診断がくだされれば、手術をしていただきます。

手術に耐えられるなら、手術を早急にして、壊死した足を切断しなければ、生きる道はありません。

幸い、3本足でも命が助かれば、生きて行くことができます。

明日の診断で手術可という事になった場合は、まず 貧血問題を解決するために、輸血をしなくてはなりません。

輸血のための献血犬は大型犬 3頭 隣のボーダーポップ、ハルト預りのナナ母さん宅のゴールデン 虎と ラブのナナが
献血をしてくれる事になっていますので、充分な血液が得られると思います。

ハピポ発足間もないこの時期、地震、原発災害の中、この子を抱えて、手術代がかかる事は会にとって,大きな試練ですが、なんとか乗り越えたいと思います。

ホープ君の応援よろしくお願いいたします。


計画停電の事もあり 無事手術が済むよう祈るばかりです。

検査の結果から見ると、この子が立ち上がったり、元気良く寄って来たり、吠えたりするのは奇跡的なこと、強い子ですと 先生がおっしゃっていました。

ホープの生命力を信じたいと思います。

入院翌日 ICUに入っています。呼吸は大丈夫そうです。ただ全身状態が悪いので当面はICUです。24時間体制で診ていて下さったそうです。看護士さんが4回食事をあげてくださっています。

食欲はあり、持って行った みちのくファームの 馬ハツをパクパク食べている姿をみて、絶対元気になってと思いました。
IMG_2909.jpg

IMG_2911.jpg  IMG_2910.jpg

今日のホープ
IMG_2935.jpg
IMG_2937.jpg


この写真を撮る前は,出せ出せと中で元気に吠えていました。すごく人なつこくて、性格ハナマルのホープ、とにかく人が大好きです。
ちょっと 疲れて横になりましたが、目の力はしっかりしていて、ずっと尻尾をふっていて、とても健気です。でも、身体の中はいつ急変してもおかしくない数値です。

一日も早く、壊死している身体の部分から解放してあげたい。

ホープの心臓 頑張って〜




ニックネーム Kicco at 22:19| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月17日

ホープ 明日手術となりました。

入院中のホープへの応援ありがとうございます!
ホープ ガンバレのお声、ご支援 本当に感謝いたします。

昨日循環器の専門の先生に診ていただき、ここ一週間近くのICUでの治療の効果がでて、心臓の状態が手術に耐えられるという診断をいただきました!

昨日は,計画停電が4時まであったので、4時に病院に伺い、pruuさんと待ち合い室でず〜っと待っていましたが、なかなか呼び出しがなく、停電のせいかな〜と思っていたら、中で既に診察が進行していました。長い診察でホープ君 お疲れ気味だったので、面会は控えました。

ホープ 本当に人恋しい子なので、私たちが会いに行くと、立ちあがって、出して出して〜状態になって、体力を使ってしまうのです。。

本当によかった よかった〜 手術できます!

壊死して腐ってきて どんどん身体を蝕んでいる足を手術できるのです!

明日は計画停電が終わる 1時に供血犬たちを連れて来て下さいとのことでした。

供血犬は1歳以上 できれば5歳以下 体重20kg以上 という事で

隣のボーダーポップ 2.5歳、ナナママ宅の虎ちゃん 3歳 そして、午前中 ゆりはなで会って、協力しますよ〜と言ってくださった ゴールデンのさとりちゃんと ハスキーのクラウド君が 血液検査に向かいました。

血液検査で適合しなくては,輸血できないので、まず検査です。
供血してくれる犬たちが複数いるのは本当に心強いです。感謝!

検査の結果 4頭とも 輸血OKとなりました。

まずは一番体重があって、若い 虎ちゃんが供血。残り3頭は今晩の輸血後の様子でお願いするかもしれない 待機組となりました。

ナナママ、さとりパパ、虎、さとり、クラウド、ポップ ご協力 本当にありがとうございました!!

CIMG2906.jpg

CIMG2907.jpg

既に、献血のためのチューブを挿入していたので、私たちに会って喜んで興奮すると、管がずれてしまう恐れがあるという事で今日も、ホープとの面会は控えました。

明日の午後 手術です。

難易度の高い手術の成功を祈るばかりです。

ホープが壊死した足から解放されて、元気になるように、皆さんの祈りをお願いします!



ニックネーム Kicco at 22:31| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

ホープ 無事手術おわりました!

皆さま
ホープへの応援ありがとうございます。
本日午後 無事手術が終わったとpruuさんへ病院から連絡がありました。

こちらの地区は計画停電の第一地区で、今日は朝6時半から10時まで停電、午後も2回目の停電がある予定でしたので、手術時間がどうなるのか とても心配していました。

午後の停電がキャンセルになったので、無事予定通り午後手術が出来、麻酔から覚醒しはじめているとの連絡を受けた時には,本当にほっとしました。

とはいえ、手術は大手術の多い、S病院でも,執刀の院長が大変な手術だったとおっしゃっているとの事ですので、予断を許さない大手術だったのだと思います。

壊死は広範囲に渡って進行していたそうです。

昨日の虎ちゃんの輸血がなかったら、手術を乗り切れなかっただろうとのことで、虎は命の恩犬です。ありがとう 虎 そして 検査にかけつけてくれた さとり、クラウド、ポップ ありがとう!

応援してくださった皆さま ありがとうございます。

明日 手術の詳細と経過、今後のことを院長から伺う事ができるそうですので、pruuさんといっしょに行ってきます。

明日はホープに面会できるかな。。 ガンバレ ホープ!



ニックネーム Kicco at 01:37| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホープ 術後の経過 順調です。

ホープへの応援ありがとうございます!

本日午前中にpruuさんといっしょにホープの面会に行ってきました。

会うまで、手術は成功と聞いていても、いったいホープはどうしているのか、会うまでドキドキでした。

面会したホープは こちらに寄ってきて、尻尾フリフリ、ボクを見て、ここにいるよ〜、元気だよ〜とワンワン、手術後の下半身は痛々しいですが、想像以上の元気さと、笑顔にホープの底力を感じました。

ホープには生きる気力があります!

手術後、昨晩も食欲があり、尻尾をふっていたそうです。

本当に生命力のある子です。

検査数値はまだまだ、良いとは言えないですが(貧血、アルブミン値が低い)手術は成功、壊死していた部分は95%切除できました。どうしても切除できなかった残る5%はおそらく 体内に吸収されるだろうとの事です。

動脈を傷つけないように、生きている皮膚を 切除部分を覆うように残し、という大手術で、11時半から手術終了の3時半まで4時間に渡る大手術だったそうです。

去勢した睾丸部分(壊死し始めていたので皮膚ごと切除)、足の切除部分を担当獣医(手術執刀は院長ですが)から見せていただきましたが、腿の部分まで壊死していました。ただ 壊死していて、既に血液が行っていない状態でしたので、出血はすくなかったことは幸いでした。

今は雑菌で術部が汚染されないように、尿道カテーテルを入れていますが、手術部位が回復すれば、自力で排尿でき、歩行も3本足でする事ができます。

今は感染しやすいので、これから一週間から10日ほど、注射、点滴で感染から守り、その後 抗生剤の内服薬でOKと成る頃には、手術部の傷も回復するので退院となります。

手術部位は痛々しいですが、ホントに人が好きで尻尾ふりふりの健気なホープです。

桜の咲く頃 退院できるでしょう。

桜で思い出すのは、4年前の春

桜のお花見の稲荷山公園で 「おいも おいも〜」の焼き芋屋さんの声を聞きながら、まだ麻痺が続いていて、歩けなかったマフィンの歩行訓練をしていました。

その後マフィンは車いすで爆走するまでになり、車いすなしで歩けるようになり、今ではドッグランを(普段は寝てますが)私に向かって自力で疾走するまでになっています。


ホープもきっと桜の花の咲く頃 そして新緑の中 あの時のマフィンみたいに走っているのではないかと思います。

犬たちは3本足で充分走ることができます。

以前主人が 前後2本の足で歩いていたコーギーを見たそうです。

子犬の時 トラクターに足を巻き込まれ、前後2本の足になり、でも牧場を二本足で爆走している犬もいました。

ホープも絶対 大丈夫!

栄養を取って、あと2kg位太って、筋肉をつけて、きっと元気になれると思います。

ホープへの応援 感謝いたします。
引き続き よろしくお願いいたします!

CIMG2916.jpg

CIMG2918.jpg

CIMG2921.jpg




ニックネーム Kicco at 22:21| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハルト 日記更新しました.

久しぶりにハルトの日記を更新しました。

ハルト ナナママ宅滞在3ヶ月を迎え、体重も増え、今はハルトのサイズでは適正という体格です。7.5kg 筋肉質、コートものびて ゴージャスダップルです。

ハルトのボール遊び 本当に飽きずに楽しいです。

ハルトもよろしくお願いいたします。

http://lablabgolden.a-thera.jp/

ニックネーム Kicco at 23:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

ホープ 3本足で立ちました!

昨日 ホープの面会にpruuさんと行ってきました。

呼吸の心配のないホープは手術後はICUを出て、一般入院室にいます。

IMG_2968.jpg


今日は,入って ピンク ピンクのふかふかクッションの部屋になっていて、びっくり。
お世話してくださっている看護士さんが,ホープの足を気遣って、ふかふかにしてくださったようです。ありがとございます!!

IMG_2967.jpg


そして ピンクのいちご模様の毛布に ピンクのテーピング、この色はきっと元気のでる色に違いありません。

IMG_2970.jpg

ホープは依然 貧血、低アルブミンの数値の改善はありませんので、課題はありますが、気力があり、元気に寄ってきてくれます。人が大好き、pruuさんが持っていった馬のうまうまをおいしそうに食べていました。

IMG_2973.jpg

まだ傷の汚染防止のため、尿道カテーテルで採尿、補液しています。

IMG_2958.jpg

IMG_2959.jpg

でも大手術の後とは思えない元気回復ぶりです。


保護時3.8kg まだ体重も理想体重よりかなり低く、腸の状態を整えてあげれば吸収もよくなって、数値改善につながるのかなと思います。心臓の血栓のことを考えると、血栓ができないよう、血液の流れが良くなるようにと願う所ですが、術後なので、傷の回復のためには,その為の薬は使えないというジレンマがあります。
ちょっと小耳に挟んだ、先生のミミズのエキスのサプリメントを使っていますという言葉、えっ ミミズって,確か母が漢方薬で咳どめに使っていたような。。。

調べて見ました ミミズの漢方
http://www.gakkai.net/KRI/p-q.html

ミミズパワー おそるべし! 解熱の助長、気道の拡張、痙攣の予防、ならびに利尿、インスリンホルモンの分泌活性、血栓予防。。。 すごい!

ホープのために色々使ってくださているんだなあと感激です。

あと、痩せ具合、今ちょっと下痢気味という事を考えると、腸の状態が良くないのかもしれません。

腸の大切さで思い出して、以前八重洲の自由診療の鶴見クリニックで診察を受けた時の食事療法の本を読みかえしてみました。

生命の木は土壌に根をはやし、土壌から栄養をもらって何千年という歳月を生きている。人間も含め、動物にとってこの土壌にあたるのが腸の中で、木の根にあたるのが、腸絨毛である。腸の内部が正常で健康である事が健康を維持する絶対条件だそうです。

病気が起こるかどうかは、腸内細菌が善玉菌で満たされていれば、病原菌も働きにくく、全身に回る血液も、血管も健康、腸は全身の健康を司ると言えるそうです。

ミーちゃんが保護された時、これから成長して,健康に生きていけるのかと思うような,心もとない虚弱児状態でした。ガリガリで、頭はツルツル、直ぐ下に頭蓋骨が触れるような状態で、耳は凍傷でかけていて、毛がない。。 この時、セコママさんが教えてくださったのが、プロバイオティクスのマイトマックススーパーでした。

ちょっと高価なサプリだと思いましたが、ミーちゃんはそのおかげだと思うのですが、毎日2回食事と一緒に取り続けて、いつの間にか、頭も耳も毛が密集して、体重も増え、今では行動こそ少しおかしいですが、がっちりボディの健康体です。

ホープにもこのサプリが良いかもしれないと思っています。

ミミズサプリとマイトマックスで元気になってくれるといいな。。

今日は何度も3本足で立とうとしていました。お〜 立った!という瞬間が何度かありました。

またご報告させていただきます。

 



ニックネーム Kicco at 17:09| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月24日

甘えん坊 ホープ

昨日は第一グループのこの辺も、S病院の近辺も午前中から午後まで計画停電になりました。
停電中は、外の光が入る待ち合い室に診察台を出して、診察しているS病院。
外にあった車のバテリーから電気をとって、酸素供給してるんだよね〜とpruuさんが気づきました。

色々努力してくれているんですね。

停電中なので、患犬さんは少なく、奥は暗いので、先生が懐中電灯で案内してくださいました。こんな時にすみません!

中に入るとホープがもうまてないよう〜と吠えはじめ、暗いから抱っこして 明るい所におすわりくださいと言ってくださったので、ホープを抱っこ。軽い!

甘えん坊のホープは抱っこにご満悦でした。

ホープは抱っこすると,本当にガリガリです。病院では回数を増やして、栄養価の高いフードをあげてくださっているのですが。。 痛々しい程 細いです。

ホープの腰まわり 私の二の腕位でしょうか。。まあ 私の腕が太いとも言えますが、それにしても、細い。私の贅肉を分けてあげたいです。

でも元気はいっぱいのホープ。食欲もすごくあり、おやつのビスケットもぱくぱく食べていました。

入院仲間のグレートデン君 目の前でごめんなさい。
みーちゃんが一月に入院していた時に隣にいた イタグレ嬢 まだいました。
箔ちゃん 入院中もいたそうです。 つまり すごい長期入院ってこと?

病院がお家みたいになっちゃっているんですね。

早くお家に帰れるといいね。

ホ−プ 抱っこ中も足を踏ん張って 立とうとしていました。写真をとったのですが

残念ながら 停電中だったので、写真はボケボケでした〜








ニックネーム Kicco at 01:27| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットの防災 備え

今回の大震災で被災された多くの方たちの事を思うと本当に居ても立っても居られない思いです。

昨晩、ホームページで無事を確認はできていたものの、主人が電話しても繋がらない状態だった,主人の車いす仲間のチビ太の車いすの佐藤さんとやっと電話でお話する事ができました。

テレビのニュースで佐藤さんのお宅がある宮城県の利府町で300名以上の方が亡くなり、町には他の場所から運ばれた遺体の安置所もあると聞いていたので、被害が甚大だという事は知っていました。一度佐藤さんの所に遊びに行った事がある主人が家は高台にあるから、津波の被害には会っていないと思うと言うので大丈夫とは思っていましたが。。。

お話すると、家のガラスが割れたりと被害があったものの、大工さんの家で作りがしっかりしていたので、家自体は大丈夫との事。後ろから猫ちゃんの声も聞こえました。
やっぱりほっとする猫のなき声です。

でも,回りの惨状、職場もなくなり、海岸沿いは津波の被害が甚大で、移動しようにもガソリンがなく、ご近所の方たちと助け合い、共に生き延びているという,語り尽くせない様々な事を目の当たりにしているそうです。

本当に無事で何よりでした。
まだこちらから物を送ったりする事ができませんが、復旧したら,必要なものをお送りしたいと思います。これからが 本当に長い闘いの日々だと思います。

早く車いすの制作再開できますように!



もう一人、地震の被害にあった元生徒さんのMちゃん。
Mちゃんは,小学生の頃からイルカの調教士になるのが夢でした。
すごく物静かだけれど、芯に熱い思いを秘めたMちゃん、水産大に進学して,一年の就職浪人生活を上野動物園でアルバイトしながら過ごし、小名浜水族館に就職という夢を叶えたのです。

夢は見続けると叶う という言葉がぴったりのMちゃん。スゴイ熱意です。

今回の地震で海辺の水族館は津波の被害を受けたに違いないので、すごく心配していましたが、無事 実家に戻っていると聞いて、本当によかった〜と安心しました。

でも今までお世話してきた水族館の被害、他の人たちを残して、実家に帰って来てしまった事への罪悪感などで苦しんでいるらしく、突然泣き出したりするという事なので、本人は平静を装っていても、心に受けた傷は大きいです。

ペットたちも被災しているので、やはり可愛いこどもたちのための備えは大事だと思います。
検索すると ヒットしたのが
獣医さんからの防災アドバイス
http://www.rescuenow.net/2000/12/post-1316.html
雲仙普賢岳や三宅島島民避難の時のペットのことなど書かれています。

もしもの時のために準備しておくべきものとして

が一のためには、動物用防災グッズを準備しておくと役立ちます。保存の効くフードや飲用水、食器、リード、首輪、ケージやキャリーバッグ、鑑札もしくは名札、ぺットシーツ、タオル、使い捨てカイロ、常備薬や消毒薬程度の救急薬などです。

我が家の準備品をチェックしてみました。
保存食 ー 3ヶ月分位はありそう。プラスオートミールやヤギミルクも.おやつは余ない。

飲用水 ー 今ペットボトルの水がかえないので、毎日汲み置きしている分と
      私のための コントレックス24本

食器 ー 普段は使わない ステンレス製の食器が二つ 車に。これはもっと買っておこう。

リード 玄関、車中に それぞれの子に3本位あり

カラー ー 保護に携わるようになってから、我が家は寝る時も,常に着用。

ケージ、キャリーバッグ ー これは充分あり

鑑札、名札 ー 首輪に常時つけている。

ペットシーツ レギュラー ワイド 各1 買い置きあり

タオル 家の中 車中 それぞれ あり

使い捨てカイロ 車に 大袋 1 冬はもっとたくさんいるかも。

常備薬 消毒薬 もしもの時の抗生剤 保管あり

    傷薬 ー 往診獣医さんからいただいた イソジンジェル 数個 
         これは常時バッグに。。便利です。


一点 今回 日頃の練習が必要とおもったのは。。

ハルトお見合いのときに、ナナママが里親さんに伝えていた事は、クレートトレーニングはこの子たちの命を守るから、絶対教えておくべきという言葉。

お留守番時に,今回のような酷い揺れの地震がきて,留守中に物が落下してくる事もあるし、避難所に入るのに、クレートが条件だったり、車に乗る時にクレートに入っていれば命が守られる。

日頃から ご飯もおやつもクレートの中で食べられるのだと、良い事はクレートの中で起こるとインプットしておく事で、クレート好きな子になるそうです。

オールフリーの我が家。やっぱりこれって必要で大事なことですね。

そうですね。 クレートに入っていられれば、命が守られるって 確かにそうですね。

以前JAFの会報誌に、ダックスの等身大のぬいぐるみをシートベルトをしないで、衝突実検というのが特集ページにありました。

追突すると、ダックスはフロントガラスをツキ破り、まっすぐ飛び出していました。

大丈夫と思わないで 防災準備しておきたいです。






ニックネーム Kicco at 02:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月25日

久しぶりの引き取りは 廃業ブリーダーから

大地震の日の引き取りから2週間。

その後すぐ予定していた、昨年夏以来課題だったけれど、中断していた廃業ブリーダーからの引き取り。ガソリン供給危機で延期となっていました。

本当はもっと早く引き取ってあげたかった子たち。。

pruuさんがハピポが発足して,一段落したら,早く引き取ってあげたいのよねとずっと気にかけていました。

でも 夏以降 センター引取で手一杯。。。引き取りにはトップの了解もいるし。。医療費のこともあるし。。。いろんな不安をかかえて。。やっぱり命の期限を切られているセンターの子たちの引き取りが優先になります。

廃業約束をしていたブリーダーなので、お声をかけてもらったら協力したい。。でも住む場所もあり、食事ももらっているだろう。。。早くしてあげたいけれど、もう少し待ってねというpruuさんの気持だったと思います。

ここに来てやっと,少し受け入れ余裕がでて、明日という時のガソリン不足。遠くから来るスタッフもいるし。。という訳で また延期になっていました。

急いだ理由は、夏 以降 かなりの数の子が分散したり(他のブリーダーに行ってしまったり)して,状態も悪くなっているだろうという事。

そして、昨日第一陣の引き取り

指定の場所で待ち合せ。

連れてこられたのは 

ブラタンの女の子 5歳。 去年HIMEさんが預っていた ミミとララの姉妹です。 ガリガリに痩せてますが,元気です。栄養状態が良くなればきっとピカピカになるでしょう。

Mダックス♀7917.jpg

Mダックス♀7916.jpg

この子ははなくるみさん,ベルママさんがお迎えに来てくれて、はなくるみさんがラルママさんへお届け。ラルママさん 初ダックス預りです。よろしくお願いします。 from ダックス飼いより

キャバリアの女の子 。。。えっ 本当にキャバリア?? 小さい! ガリガリだけど、それだけじゃない 極小キャバリア。だって 隣の ちょっと大きめチワワやパピヨン みんな同じサイズじゃない?

この子は去年 pruuさんが個人引き取りした同じブリーダーのキャバパピMixのあやとさやのお母さんだそうです。

こんな小さな身体で生んでたんだね。。

この子はお迎えに来てくださったベルママさんの所へ
キャバリア♀7912.jpg  キャバリア♀7912.jpg



ちょっと大きめチワワさん ちょっとシニアです。
以前 Wanroomのゆうさんの所から巣立った ルナちゃん(今はリズちゃん)に似た感じです。
この子ははなくるみさん宅で医療措置を完了させて、karihahaさんが預りされます。

IMG_2987.jpg  IMG_2988.jpg

夜になってわかったことですが、協力病院で診察の結果、フィラリヤ陽性でした。あと乳腺腫瘍があるので、フィラリヤ治療しながら、乳腺腫瘍は早く切除した方が良いという事で、避妊時に手術する事になりました。


こちらはパピヨン pruuさんにはとても思い入れのあるパピヨンです.
なぜって pruuさん宅のココちゃんのお母さん。ココちゃん そっくりだそうです。

この子もずっと生み続けていたんですね。でも状態は悪くないです。きっとゴージャスパピヨンになりますよ。

pruuさんのところで ご縁を待ちます。

IMG_2983.jpg  IMG_2984.jpg

夜 はなくるみさん情報で、一番心配していた キャバリアが持っている心臓の問題、この子は現時点で クリア〜 問題なしです!

こちらはビーグルとしては 小ぶりのビーグルの女の子。
ケージの外からみたら、お顔が白くて シニア??と思ったら、この子は元々薄いカラーのレモン色というんだそう。それに ビーグルはお顔が白くなるのが早いですから。

この子はpuruuさんが ぼっこさん宅へお届け、みちるがトライアルにでたので、ぼっこさん預りになります。

毎日ハードウォーキングで筋肉乙女になるでしょう。ひなちゃんもハーフビーグルだし、3/4 ビーグル家族になりますね。

IMG_2990.jpg

そして 最後は
我が家で状態が良くなるまで。。というか ホープ退院まで プチするダックスの女の子
頭がレモン色 という事で レモンちゃん。

この子は事前に状態が悪いと聞いていました。

待ち合せの時も、状態が悪いんでどうかな〜と思って、連れてきませんでしたというので、置いておいたら死んじゃうんじゃないと 連れに行っていただきました。

だって、状態が悪くても 獣医さんに診てもらう余裕はないと思うので..

この子は数日前までは、もう少し良い状態だったけれど、ここに来て、悪くなっていたということです。

IMG_2991.jpg

皮膚の状態がすごく悪いです。

でも元気元気。

食欲もりもり。

持って行ったおやつをむさぼってました。

皮膚と目の状態が悪そうなので、ホープの面会予定もあり、この日は予約診療のみだったのと、お昼間際だったので、時間外診療で診ていただきました。

横で pruuさんの電話の声が。。。「あ〜 今回は死にそうな子じゃないです〜(爆)」

診察の結果
体重 2.5kg 低栄養 

ブリーダーさんが後肢がおかしいと言っていましたが、診察では後肢はちょっと関節が甘いけれど外れるわけではない,大丈夫でしょうとの事。

血液検査では 低栄養の結果と思われる数値以外は、すべて正常! よかった〜

フィラリヤも抗体検査で陰性!

心臓 新雑音なし OK

問題の皮膚は いろんな物がに住まい提供していました〜

IMG_2996.jpg

脱毛あり
IMG_3913.jpg

IMG_3912.jpg




耳は いました いました 耳ダニ でも センターの子も良くいますから大丈夫。
IMG_2997.jpg

低栄養のためか 低栄養で動きが鈍い ダニ君。たまごもたくさんあるけど 孵っていない。イベルメクチンで一網打尽!

IMG_2998.jpg



イベルメクチン注射をしていただき、皮膚の脱毛があり、傷もあるので 抗生剤を処方していただきました。

あと、 他の子の事も心配なので、予防の意味で レボリューション大量買い。

う〜ん 7個買うと ちょっと 定価では 高いです。 

暫くは 我が家の子たちとは隔離して(といっても誰も使っていない隔離部屋がない狭い家なので、ちょっと大きめケージを一週間 住まいにしていただく事にしました。

帰宅してまず、家の子たちを部屋に閉じ込め、
レモンちゃんだけ キャリーのまま お風呂へ

衣装ケースのお風呂に入浴

汚れが酷いので まず 私のとっておきの、希釈用 アーモンドオイルで耳とお腹の黒い汚れ部分をオイルマッサージ

ノルバサンシャンプーのお風呂に浸かり

IMG_3905.jpg


2度目 3度目のシャンプーは 低刺激の ビルバック セボダーム


ジェシカもラピスも浸かった 別府硫黄温泉にエッセンシャルオイルをプラスしてある
アニマー湯のお風呂に浸かり

IMG_3906.jpg


最後はゆうさんからサンプルでいただいた ファーメイク コンディショナーで仕上げ

疲れない程度に適期的にこまめにシャンプーします。

今日の協力助っ人は
IMG_3909.jpg

コストコの安い 大量買い マイクロファイバークロス
いろんなのに使用しているので、わかり易く 犬用とマジックで
IMG_3911.jpg

オイルマッサージのおかげでお腹も耳もきれいになりました。

耳はこまめに洗浄します。

ドライすると すこしだけど毛にツヤがでました。
IMG_3917.jpg

だんだん きれいになって行きますよ〜


レモンちゃん 泣かない、トイレはケージ内のシートにして、食事の後 広めのトイレに出してあげると、大小 一回で住ませてくれて、レモンちゃん 本当に手のかからない良い子です。

食事は 皮膚の回復、低栄養克服のため 気合いを入れる事にしました。

K9ヘルス復活 とも思いましたが、お高いので、自作することに。

チキン胸肉、お腹の安定のために イソフラボン,食物繊維豊富なおからパウダー還元して、そこにコールドミルフラックスシード、サプリのミッシングリンク、ヤギミルクを足して まぜまぜ、フラックスオイルを入れて ちょっとだけドライフードを入れて完成。

到着次第 これに ミーちゃんで 絶賛の マイトマックススーパーをプラス。腸の調子を整えます。これは 同じくガリの ホープにもあげます。

良く食べます!

今までの経験から きっと 直ぐ元気に ツヤピカの子になるでしょう!

こう ご期待。

ホープの面会に行きましたが、先生からお話を伺ってきました。

でもレモンちゃんを抱っこして、ひょっとしたら ダニを移してしまうかもしれないので
面会は控えて帰ってきました。

きっと私たちの声に気づいて 期待させちゃったかも。。ごめんね ホープ。
また来るからね〜

引き続き 明日も引き取りあります。

ブリーダーの残りの子たちと 急に3頭に増えてしまった センターからの引き取りです。

応援よろしくお願いします。
ニックネーム Kicco at 08:45| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

引き取り 続編

木曜日でさえ、普段の引き取りを考えたら、怒濤の引き取り、6頭だったのに。。。。
次なる金曜日は もう キャパシティ 超えてましたが

これ以上 置いて行くと どんどん状態が悪くなっていく。。事実 引きとりできなかった期間に、前回 今は出さないけれど 次回と言っていたチョコタンの子は亡くなっていた。

会えていなかった他の子も、いなくなっていたり、状態が レモンちゃんみたいに悪化していたり、 今 動くしかなかったのです。

でも,発足してまだ一ヶ月に満たない、皆やる気は満々だけど、回りの歴史ある大きな団体と比較したら 資金もない 弱小団体です。 大丈夫? なんてやっている本人が言っていてはダメですね。 頑張るしかない! お金持って 死ねるわけじゃないから。。
本当に Que Sera Sera Whatever will be will beじゃなくて! We Can Do it!

。。。。。。。。。。。。。。。

金曜日の引き取りは pruuさんが まず熊谷のセンタ−へ 車を走らせ

突然1頭から3頭にふえた 引き取り

初ボラトリ参加のご近所のkaorukoさんと出発、pruuさんとコンビニ駐車場で待ち合せて、引き取り、pruuさん 第2陣の廃業ブリーダーとの待ち合せ場所へ

第一陣 一時に Wanroom 到着 (kaorukoさん お写真借りました〜)

TS3P0177-thumbnail2.jpg

あれ? 5頭? いえいえ 本当は3頭

左下 事情あって 我が家のかん様が乗ってます。そして昨日木曜日引き取りした ココちゃんのママ パピヨンをシャンプー搬送。

第2陣が来るので、到着したら もう気持が上がってます。

ゆうさん HIMEさん kaorukoさんと4人でボラトリ スタート!

第2陣 9頭 2時半到着 

こんな数 始めての経験 だれがだれだか 何度も行き先を聞いても 忘れてしまう混乱ぶり 

私も誰をシャンプーして、誰をドライしたのか わからなくなりました〜

でも大丈夫 みんな ちゃんと預りさんの所に行きます。

お仕事の時間が迫り、kaorukoさんはセルフシャンプーしてくださるので、第2陣のダックス すいか? めろん? どっちか? を連れて 帰宅。

20分も早めにきた生徒さんが駐車場で待ってました。ごめんね。


ボラトリの詳細は Wanroom ゆうさんのブログ と kaorukoさんのレポをご覧ください!

夜9時半のレッスン終了でこの長い一日は終わる はず でした 

が。。。

明日はハルトのお届けで千葉まで行くので 続きは また明日。。

前日引き取りのレモンちゃん 

IMG_3927.jpg

入院中のホープ君 

IMG_3981.jpg


みんな どんな状況にもめげず、くさらず 文句も言わず 

どちらも いつも尻尾フリフリ 元気です。

応援よろしくお願いします!








ニックネーム Kicco at 02:20| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

レモンちゃん 経過報告

レモンちゃん
食欲旺盛 胃に負担がかからないように、少量を回数多く あげるようにしています。
IMG_3921.jpg

水分もたっぷりとって。良いものを食べて。ミネラルサプリ、プロテイン補給。

レモンちゃんの体格なら 理想体重は4kg弱位かなと思います。
現在 2.5kg 後1.5kg増えた頃、きっと 見違えるような きれいなダックスになっていると思います。



実はレモンちゃんの皮膚の状態があまりに酷いので、皮膚治療にはこだわりのある先生に診ていただく事に。。。 

前日3シャンプー、硫黄温泉浴して、随分きれいになったかな〜と思っていたのですが、毛がぼそぼそと抜ける 抜ける 

これは余りの低栄養状態のため? 抜けた毛も 本当に酷いカスカスの状態です。

毛が抜けてしまった皮膚にクリームを塗ってあげたくても、毛が残っている部分があまりに不衛生で、どうしての清潔に保てなくて 塗っても意味がないような 悪循環。。 

先生の 今この子に必要なのは、皮膚を清潔に保ち、栄養をたっぷり取り、服薬と外的に軟膏などで治療して、新たに再生してくる毛を育てる事と説明され、

決めました 全身バリカン 
IMG_3943.jpg


この毛を持っている事が皮膚の状態を更に悪化させることになるので さよならすることにしました。 
IMG_3949.jpg

IMG_3951.jpg


ココからスタートして 後は良くなるしかない!

レモンちゃんには,今は一時的に可哀想に見えますが、数ヶ月後を思えば、きっと これをして良かったと思えるようになると思います。

バリカンの後は、不潔なものを全て洗い流すために、硫黄シャンプー浴 数回。
残っていた汚れを落とし、、、

すっかり きれいなピンクの地肌が見えてきました。

ここで ローション薬を塗って。。。

IMG_3953.jpg


感染予防のために 抗生剤の注射をしていただき、今後 抗炎症剤、抗生剤を服用しながら、栄養状態を改善して、全身の状態がよくなるようにします。

保温には細心の注意を払って。。
2重にお洋服を着ています。

下はみーちゃんのTシャツ 

上には 車いすオフ会の時に、プリンママさんからみーちゃんにいただいた フリースワンピースを。
IMG_3964.jpg


レモンちゃん お日様の照っている外を見つめています。何を思っているのかな。。

IMG_3969.jpg

IMG_3966.jpg

レモンちゃん 可愛い 
IMG_3970.jpg

kaorukoさん ご同行ありがとうございました。
リリーちゃんも お耳がきれいさっぱりして良かったですね。

そして、リトルちゃんには ちいさくなってしまったというフリースをお届けしてくださいました。ありがとうございました。
保温 ぱっちりです。
IMG_3991.jpg

以前いただいた ダルメシアンの湯たんぽも活躍しています。

レモンちゃんがどんどん 美しくなって行く姿を見守ってください!



ニックネーム Kicco at 00:41| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホープ経過報告

ここ2回程 病院に行っても 様子だけ伺って 面会を控えていたホープ

待ち合い室にいても、察したのか、寂しがりやのホープ 入院室に人が出入りするとかまって欲しくて、吠えていたそうです。

土曜日 3日ぶりに pruuさんといっしょに面会しました。

IMG_3981.jpg


担当獣医さん曰く とにかく 元気だそうです。

数値的には 貧血は完全ではないが 大幅に改善。 

よかった〜

アルブミン値 傷のためと思われるが まだ低い が 改善していくだろうとのこと。

ただ、傷の跡は 皮膚が足りないため 全部切除はできず 5%残っているので
その部分が じゅくじゅくしているようです。

これは当初から想定内だそうで、再度縫合するよりも、下から 新たな肉が再生してくることを期待しているそうです。

現時点では 元気という意味では 退院できる

が 患部が感染を起こさないよう 清潔にたもって、毎日包帯をかえなくてはならない。。

傷の部分が肛門に近いので 排便したときに 汚れ易く、感染に気をつけなくてはならない。。



担当の先生も かなりホープには時間をかけてくださって、帰宅間際に 包帯交換ということもあるそうで、本当にお世話になっています。

IMG_3985.jpg

IMG_3986.jpg

IMG_3990.jpg

土曜日は pruuさん預りだった とも君が病院に診察に来ていました。

IMG_3979.jpg

とも君 目と表情が すっかり ボクちゃんコーギーになってました。
里親様の元で 甘えん坊の生活してるのが 表情からすごくわかりました.

目がすご〜く可愛くなった とも君でした。








ニックネーム Kicco at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月31日

ハルト トライアル中

日曜日 ハルトは新しいお家にお引っ越し 新生活をスタートしました。

詳しくは ラブラブゴル預り日記をお読みください!





ニックネーム Kicco at 09:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レモンちゃん経過順調

レモンちゃん引き出しから一週間。

長年お世話になった でも寄生の温床になってしまった 被毛とはすっきり おさらばしたので 後は良くなる一方です。

毎日のケアは 硫黄温泉入浴とニトラゼンロ−ション塗布。
4日から一週間おきに 硫黄シャンプーの FOSTEEN

http://www.fosteen.com/index.php

1リットル入りが定価7000円というお高い薬用シャンプーでした。
でも 引き取る子たちは皮膚の状態が悪い子が多いから、活用できそうです。

IMG_4049.jpg

乾燥しないように 私たちがお風呂あがりに使うローションをと先生からアドバイスをいただいたのですが、Tea Tree Oilをアーモンドオイルプラス ビタミンEいっぱいの小麦胚芽オイルを混ぜて薄く手の平で伸ばして つけてあげています。

後2回 イベルメクチン 注射をして、コートが元に戻れば、レモンちゃんの場合は完治となります。

内蔵関係、心臓関係はまったく異常なしでしたので ほっとしています。

食欲旺盛なので、回数を大目にあげて、体重も順調に増加。

我が家の子たちがいつも採っているサプリのミッシングリンクプラス
pruuさんが持ってきてくださった酵素サプリで腸内環境改善。

みーちゃんが肺炎で入院した時に薬を飲まなくて食事もなかなか食べなかったので、薬を溶くようにつかっていたハネミルも良さそうなのであげています。
IMG_4053.jpg


ウンチもとっても良い状態です。

引き出し時 2.5kgだった体重が 今朝抱っこして計ると なんと 3.3kgに!

すごい がっちりボディの みーちゃんが今朝 3.5kg (ちょっと減量要?)

みーちゃんより ちょっと大きいので、もう少し 増やして 3.8kgから4.0kg位はあっても良いと思います。

後は、今は運動のため 外に出す事ができないので、運動不足気味ですので、もう少ししたら,外での運動をして 筋肉を増やしてあげたいと思います。

夏になる頃には きっと ゴールドの美しいコートで覆われた きれいなダックスになっているんだろうなあと思います。

レモン すご〜く 可愛くて おりこうさんです。
CIMG3029.jpg


今はクレートにいて自由にお部屋を歩き回らせてあげられないのですが、静かに待っています。

吠えるのは私が外に出ようとするときと、帰宅して車の音が聞こえた時だけです。

本当に キュートな表情ですよね〜
CIMG3030.jpg

トイレは クレートの中では ほとんどしません。
外に出してあげた時に 大小 まとめてします。

好き嫌いもないし、本当に良い子です。
CIMG3031.jpg

今は丸裸なので、ちょうどぴったりのミーちゃんのお洋服を借りているレモン。

着たお洋服は,念のため 消毒液につけて殺菌消毒しています。
どうしても着替えがたくさんいります。

kaorukoさんといっしょの guruhanaさん預りのアンちゃんをお迎えに行った帰り、この辺りにはない カインズホームにひなちゃん(お里帰り)アンちゃん かん太、マフィンといっしょに寄ったら

CIMG3014.jpg

格安お洋服があったので 保湿保温用にレモン用のお洋服を買いました。
安くてよかった〜
IMG_4050.jpg

ついでにマフィン、ミーちゃん分も
IMG_4052.jpg

こんな感じのレモン 早く外に出して,自由に闊歩させてあげたい〜

レモンも もう少ししたら 募集開始します。

どうぞよろしくお願いいたします。















ニックネーム Kicco at 10:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホープ そろそろ退院許可

おととい面会に行って来ました.
ホープ 相変わらずだして〜と元気に吠えてます。

この日はいつもの入院室がお掃除中で、レントゲン室の中にあるお部屋に入ってました。

3本足で立ち上がり、元気 元気。

横を通りかかった 担当のA先生が こちらに一言

「元気過ぎます〜」

よかった よかった 

地震の日の瀕死のホープからは想像がつかない元気さ。

足は一本失ったけれど この元気がなによりです。

数値もよくなってきているそうです。

早く3本足で 爆走する姿を見たい。
CIMG2965.jpg


CIMG2968.jpg



ニックネーム Kicco at 12:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする