フリマ開催のお知らせ

川越水上公園フリマ無事終了いたしました

ご来場下さいました皆様ありがとうございました。

フリマの収支報告はこちらから

ハピポ2017年カレンダー おかげさまで完売いたしました。

お買い上げ下さった皆様ありがとうございました。


middle_1478352310.jpg

サポートショップでは他にも保護犬医療費サポートグッズを販売しております。
お買い求めはコチラからよろしくお願いいたします。         http://happypaws.shop-pro.jp/


2010年07月08日

いつもの定番言葉 おひさしぶりでスミマセン

またまた更新を怠っていました。実はちょっと6月中旬から7月初旬まで 色々ありまして。。私が師と仰ぎ、世紀のエンターテイナーとしてはもとより,人道主義者として,信じられない程の慈善活動を生涯を通して行い、世界各地くまなく訪問し、その都度恵まれない子供たちの施設を訪問し、動物を心から愛し、地球の環境を最後まで心配し、昨年天国に召されたマイケルジャクソンの命日が6月25日(日本時間6月26日)でした。

その前から色々な追悼イベントがあり、映画This is itが再々上映され、東京タワーでは、ライフタイムコレクション展が今週末まで開催され、東京ディズニーランドには14年振りにCaptain EOが帰ってきました。

保護活動をおさぼりしていた訳ではないのですが、ブログ更新まで手が回らないうちに,毎日2時、3時となり。。。。ピーナッツのトライアルも無事決まったので、少しブログがお休み状態になってしまいました。

この間に引き取りは続いてあり、シャンプートリミングお手伝い隊としても出動していましたが、埼玉は今や強力スタッフがたくさんいらっしゃるので、すご〜く助けられています。1年前には今の体制は夢の夢でした。といっても、センタ−から出て来られる子たちはまだまだ処分されている子たちよりずっと少ないのが現状です。

昨日は6月25日にセンタ−から引き取りされたミニピンMixのレオ君の抜糸の日でした。月一回の通院日だったので上京、週末まで開催されている 東京タワーのマイケルのライフタイムコレクション展に行き、帰宅するととっても怪しい空模様。。車でレオ君お迎え、病院に着くとすごいドシャ降りでした。

レオ君無事 医療措置すべて完了!普段見慣れない この足の長さ!どうも写真がうまく撮れませんでしたが、レオ君ご紹介します。

応援よろしくお願いします!

IMG_4078.jpg

IMG_4100.jpg

【埼玉22-55】ミニピンチワワMix ♂ レオ 推定1歳 〜預かり日記あり〜


■保護日
2010年6月25日 埼玉県動物指導センター(本所)より引取

■特徴
 仮の名前:レオ
 ミニピンチワワMix ♂ 推定1歳 体重3.1kg  

■性格・暮らし
 ・穏やかな性格で愛らしく、人間が大好きです。
 ・犬にも友好的です。怖がったりもしません。
 ・攻撃性は全くありません。
 ・散歩の後、前足を拭くときに少し嫌がります。 
 ・トイレは足を上げます。トイレシートでもできますがマーキングもするのでうちではマナーベルトをしています。
 ・うんちもトイレシート付近でできます。
 ・リードの引きはなくお散歩も上手にできます。
  体力もあるのでたくさんお散歩してあげてください。 
 ・子どもにも吠えません。
 ・とても甘えん坊で人間と一緒にいることが大好きなので留守番が極力少なくて済む家庭が良いかと思います。

■今まで行った医療行為
 ・6種混合ワクチン済
 ・マイクロチップ挿入済
 ・フィラリア抗原検査済(−)
 ・去勢手術 

■今後行う予定の医療行為
 特になし

■里親さんにお願いしたいこと
 ・移動当初はマーキングをする可能性があるのでマナーベルトをすると良いと思います。
 ・一人ぼっちが大嫌いなので長時間のお留守番はしなくて済むようにしてあげてください。
 ・人間が大好きな子なので手をかけていただける方。
 ・環境と人に馴れるまで、大きな心で見守って接してくださる方。
 ・お散歩を毎日、やってくださる方。
 ・必ず室内飼いをお願いします(外飼い不可) 
■現在の保護場所
 埼玉県所沢市

 ※預かり日記があります。ぜひご覧下さい。
☆ピスタチオ☆

http://dragonpoppy.blog23.fc2.com/








ニックネーム Kicco at 02:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今週のセンタ−引き取り

今週の引き取りは 前の週から情報をいただいていたシーズー君とミニシュナ君の2頭。。のはずでした。

ところが、センターに到着したpruuさんは一般譲渡になったはずだった ヨーキーがぐったりしていると知らされ。。このままでは危ないと代表と相談の結果 急遽引きとりになりました。詳細はpruuさんのブログで
http://wanwannyan.blog68.fc2.com/blog-entry-957.html

私は前日 別ボラのヤングアメリカンズのミーティング、説明会、そして夜は英検レッスンで気がつくと10時になっていて、少々お疲れ気味で、シーズー君の搬送だけお手伝いさせていただきました。ゆうさん HIMEさん ゆみさんシャンプートリミング おつかれさまでした。

シーズー君は10歳以上高齢とのセンタ−情報だったので、引き取りをどうするか検討していましたが、写真を見る限りとても元気そうで,無事引き取り決定となりよかったね!
会ってみると、元気元気 推定よりずっと若そうです。この子がもし送られていたらと思うと、本当にぞっとします。出て来られて本当に良かったね。後はもう大丈夫だね。

この子は医療措置が終わったら、ビッケ、ミラクル預りだった フウの母さんのお家に移動します。お名前は今 フウの母さんが 幸せが来るようにと念をかけて決めている最中です。

IMG_4046.jpg IMG_4058.jpg

そして こちらは 医療措置の後 オハナママさんの所に移動するシュナ君です。すごく優しい ちょっとビビリの子でした。
IMG_4054.jpg IMG_4050.jpg


応援よろしくお願いします。




ニックネーム Kicco at 02:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ご支援ありがとうございます!!

ダックス仲間のpootiさんからコラージュフルフルとお洋服のご支援をいただきました!
コラージュフルフルは硝酸ミコナゾールという成分が真菌マラセチアに効果を発揮するシャンプーです。人間用シャンプーですが、ミコナゾールの入っているシャンプーは他にないので、マラセチアの子たちには欠かせない貴重なシャンプーです。

大小のシリンジもありがとございました!


他にもトリマーさんがシャンプー後に使える 硝酸ミコナゾール入りのコラージュフルフル石けんと保湿ジェルもいただきました。

pootiさん ありがとうございました!ボラトリで使わせていただきます!

IMG_4039.jpg

ニックネーム Kicco at 02:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

ピーナッツ 里親さんの元へ

12日月曜日はピーナッツ旅立ちの日でした。
里親さんのOさんはピーナッツが来るのを心待ちにしていて下さいました。保証人として同席してくださる方と私たちの都合のあう日という事でこの日になりました。

IMG_0019.jpg

ピーナッツは所沢の隣 川越市の住民になりました!なんとこれまでの狭い我が家から晴れて、ペントハウスの広々としたスペースの新居です。

到着すると直ぐ 優等生ぶりを発揮して、まずはトイレで小。良い滑り出しです.
大体 ピーナッツはトイレの問題が余りなかったので、その点では安心していましたが、やはり移動直後、その日の夜までに成功率50%に下がりましたが、翌日復活 100%になったそうです。

紙類、プラスチック類など、どちらかというと何でも遊び道具にしてしまう若いピーナッツのために、極力物の少ないスペースをお部屋にしてくださいました。
ピーナッツさっそく プラスティックの観葉植物をいたづらしたので、隣の部屋に移動してくださいました。

これから二人三脚(う〜ん 人と犬だとどういう計算になるのでしょう)仲良く、お互いになくてはならない存在になる事でしょう。どうぞピーナッツの事をよろしくお願いいたします!

ピーナッツ 近況 さっそく携帯で何度もお知らせいただきました。
元気に 順調に新しい生活のスタートをきりました!!

これまで応援ありがとうございました!

私がさって暫くは落ち着かなかったようですが、暫くすると
ガムを噛みながらこんな感じだったそうです。
100712_1744~01.jpg

Pちゃん かなりのストーカーらしいです。暫くは皆そうですね。

夜は里親さんといっしょにぐっすり眠ったそうです。いっしょに寝てもらってよかったね!
ウンチもおしっこも出たようでよかったです。
トイレは50%にさがったみたいですが、もともとトイレは優秀なので
きっとなれるでしょう。

100713_0758~01.jpg

そして、今朝 初めてお散歩に出かける所です。
トイレ 100%に戻ったようです。まあ色々あると思いますが、気長に見てあげてくださいね〜
100714_0642~01.jpg





ニックネーム Kicco at 01:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

ちょっとした事件&教訓

ブログに書くべきか迷いましたが、こんな事も教訓になるかなと思い書く事にしました。

ピーナッツ旅立ちの前日、事件発生!
かん太 久しぶりの非行少年(おじさん?)となりました。
我が家のかん太は家の子になって11月で4年。すっかり我が家の長男しています。噛むという事、てんかんがある(これは疑わしいです)で元飼い主から5歳の時に飼育放棄され持ち込まれた子です。いかなる理由も持ち込みの正当な理由にはなりません。自分の子が反抗するから、言う事を聞かないから、病気だからと放棄する人は普通の常識ではありえませんから。。同じ事です。

アドが亡くなった後、縁あって我が家に預りっことしてやってきました。我が家の子になって,獲得欲が強く、そこではスーパーブレインの持ち主なので、小さな事件は良く起こってはいました。

ひさし振りに起こった事件。
原因はモスバーガーのタコス。

夕方から小雨が降っていましたが、ドッグランで遊んだ帰り、ピーナッツの持参品を買いにお店に立寄り、モスでタコスを購入。そこで食べてしまうべきでしたが、お持ち帰りにしてもらいました。

家に到着。荷物を降ろし、一階のテーブルの手の届かない場所に モスの袋を置いて、皆を2階のリビングに移動。その後 全員まずは食事。

そこに出かけていた主人帰宅。2階に上がる際に閉めたはずの2階のペットゲートが完全にしまっていなかったのを、かん太が見逃すはずもなく、いつの間にか一階に行き(多分タコスはしっかり記憶にあった)、届かないはずのテーブル上の端にあった紙を鼻先でつんつんとつつき、モスの袋を下に落とし、盗み食い開始。

主人が発見。2階のキッチンで調理していた私に通報(しなきゃよかったのに)。『おーい。なんで食べ物なんか置いておくんだよ。かん太がなにか食べてるぞ〜』
我が家では、かん太の場合、危険な物以外は、戦利品は取り上げず、放置して様子を見る方針ですが、主人の通報があったので、一階に行くと、既にかん太は,掴んだ獲物は離さないガウガウ状態。

普通の子なら、例えばマフィンなら、そもそもそのような事をしないのですが、したとしても、口の中から取り上げても、決して噛むという行為にはなりません。

かん太の場合は,そのもの自体をとりあげることが,負傷覚悟でないとできません。
ですから、わたしも3年半以上いっしょに暮らして行動パターンを知っているかん太から
戦利品をとりあげるという行為はしないのですが、奥にいるかん太よりかなり手前のドア付近にあった紙袋を拾い上げました。

そこで、かん太が私に突進してきて、攻撃という事態になりました。攻撃時間自体は,私も対処には慣れているので、それほど長くはありませんでしたが、やはり、獣猟犬であるダックスのかん太サイズの子の歯は鋭いので、股に直径10cm程の皮下出血と左手に3箇所かみ傷ができ,出血となりました。

かん太は我が家の子ですので、これは家庭内問題で、かん太の名誉の為に言うと、これはかん太が、ものを盗むこと、噛む事自体は決して良い事ではないのですが、たとえ離れていても、動くという動作をするべきでなかったので、盗犬かん太にも3分の理があるのです。

では、なぜこれを書いているかというと、その後の処置について、やはり犬猫たちに噛まれたり、引っ掻かれたりする事は思わぬ自体に発展するという事を経験したからです。

これまで何度か噛まれていますが、大事に至った事はなく、傷は残っても、傷薬で対処していました。以前ニーニャと獣医さんで大乱闘になった時には、外科に通いましたし、かん太でも一度抗生剤を処方していただいた事はありました。どちらも傷程度でおわっていたからです。

ところが今回は、翌日になって手が腫れて熱を持ってきました。
外科でみていただくと、中に膿みがあるため、部分麻酔で、傷を切開し、抗生剤の点滴をするという事になりました。
これは知っていた事ですが、現実になって初めてきちんとした知識として持っているべきと思いました.

犬猫のみならず、動物たちの口腔内には様々なばい菌が繁殖しています。これはどんなに良い暮らしをしている都会の犬猫でも例外ではありません(ひょっとしたら人間も?もっとも人間は噛んで攻撃はほとんどしないので問題にはなりませんが)。

そのような菌を中に閉じ込める処置は絶対にしてはいけない事です。
完全に内部まで洗浄、殺菌、消毒をしてからでないと軟膏をぬったり、バンドエイドで停めたりしてはいけないという事なのです。そして、必ず抗生剤を服用するべきです。

今回私の場合は、イソジン軟膏をぬって、菌が中に閉じ込められたので、中が膿んだ状態になり、麻酔で切開しなくてはなりませんでした。まだ翌朝即だったので大事には至らず、3日間の朝晩の抗生剤の点滴とその後の薬服用ですみました。

噛む行動問題がある子でなくても、突然なにかに驚いたり、病気だったり、痛みがあったりして噛む事があるかもしれません。犬たちは手足が自由につかえる訳ではないので、口を使うのはある程度致し方ない部分もあり、万が一の時には、適切な対処をできるようにしておくと良いと思います。


2日間は以前から参加申し込みしていたワークショップがあったのですが、点滴のため 遅刻、早退 う〜ん ちょっとタイミングが悪い負傷でしたが、無事すべて終わりました。

反省も含め、家庭内の話ですが、書いてみました。

素人治療はしないで、必ず外科でみてもらいましょう。
そして、私たちの年齢ですと破傷風の予防接種をしていないので、このような理由以外でも,破傷風の予防接種はしておいた方が良いとの事です。破傷風菌も土中どこにもいる菌なのです。
かん太の名誉のために補足すると、かん太はむやみやたらに家族や訪問者を噛む子ではありません。このような事態では要注意ですが。。これまで元飼い主以外で被害にあったのは初代預りをしていただいてえむ子さんご夫妻と私だけです。





ニックネーム Kicco at 07:21| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする