フリマ開催のお知らせ

川越水上公園フリマ無事終了いたしました

ご来場下さいました皆様ありがとうございました。

フリマの収支報告はこちらから

ハピポ2017年カレンダー おかげさまで完売いたしました。

お買い上げ下さった皆様ありがとうございました。


middle_1478352310.jpg

サポートショップでは他にも保護犬医療費サポートグッズを販売しております。
お買い求めはコチラからよろしくお願いいたします。         http://happypaws.shop-pro.jp/


2008年04月01日

豊洲 そしてマロン君に再会

ちょっと目の調子が悪化してPC画面を見るのが辛いこの頃です。
でも週末の報告がしたくて画像中心に様子を記してみます。

日曜日はぽあんさんが予約してくださった豊洲のカフェへマフィンを連れて有楽町線でいってきました。2月のルーシーさんの16歳のお祝いにいかれなかったのでお祝いをしたかったのですが、のぶちんさんがにゃみりー里親会のお手伝いだったので、ミニミニオフ会となりました。マフィンは道中 うんともすんとも言わない乗車マナーばっちりのお利口さんでした。

カフェでご一緒したのはぽあんさんとなー君、セコママさんとセナちゃん、コディ君、そして11月に豊洲のT家にお婿入りしたマロン君でした。マロン君とは4ヶ月半ぶりの再会でした。とても元気そうで、ご家族に愛情をいっぱいいただいてかわいがっていただいているのがわかりとてもうれしかったです。

豊洲ららぽーとの本館1階はキャリーかカートに入っていればペットも入館できます。ドッグカフェと隣接のランがあります。さすが都会!カフェもランも都会料金です。ランはパスして豊洲公園でいっしょに遊びました。

マロン君にとってはカフェデビュー!ちょっとナーバスになっている感じでしたが、何事も場数踏んでリラックスした気持ちが持てるようになれば、きっと大丈夫です。ご家族にとっては、マロン君が始めての子なので、いろいろ戸惑う事もあると思いますが、ゆっくり時間をかけて慣れて行きますとおっしゃっていました。マロン君 また会おうね!

そして 今やふさふさ耳のなー君。なー君 コートがますますゴージャスに!お耳の毛は切らないとどんどん伸びていってしまうそうです。伸ばしたら、私の憧れのお下げ髪みたいになりそうです。
20080330em.jpg

今日もおしゃれなペアルックのセナちゃんとコディ君。二人ともいつもピカピカだよね。セコママさんの手作り食のおかげだね。
20030330f.jpg 20080330g.jpg

カフェではちょっと緊張気味でしたが、デビューが飾れてよかったね マロン君。
20080330cm.jpg 20080330dm.jpg
公園でのマロン君 別のところで遊んでいたお兄ちゃんたちとパパを見つけて大喜びでした。
20080330j.jpg 20080330k.jpg 
20080330l.jpg 20080330m.jpg

みんなそろうとにぎやかな。。
20080330h.jpg
マフィンは紅一点でした。
20080330i.jpg
ちょっと肌寒くて、小雨が降ってきてしまいましたが、楽しいひと時でした。今度はミサちゃんも近場で参加したいな。。
かん太はマロン君のカフェデビューという事でお留守番になりました。
お土産のジャーキーで勘弁してね。

おまけショットは ミサちゃんの落ち葉散策です。

20080330b.jpg 20080330j.jpg




ニックネーム Kicco at 08:44| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

ミサちゃんドレスいただきました。

金曜日の朝 ピンポン!でドアを開けるときくのりママさんがお仕事に出かける前にきくのりさんからミサちゃんへのプレゼントを持ってよってくださいました。春らしい可愛いドレスとスポーティなシャツです!
きくのりさん、きくのりママさん ありがとうございました!


早速ミサちゃんはNew Dressでお出かけしました。仕事が一段落したので、航空公園にお花見がてらお散歩に、桜の名所 東川も公園から近いのでそちらにも回って、近くのドッグカフェへ!

P1010462.jpg P1010459.jpg P1010455.jpg

公園では春休みで遊びに来ていた女の子たちに囲まれて、みんな抱っこしてもらいました。たくさん集まってくれたので、保護犬のお話をしました。みんな ミサちゃんたちの身の上を聞いて 「ひどい!命を捨てるなんて最低の人がやる事だ!」と怒っていました。もしペットを飼う事を考えることがあったら保護犬の事を思い出してね。
P1010488.jpg P1010473.jpg P1010468.jpg P1010485.jpg
航空公園のお花見で一番好きなスポットはこの桜のトンネルです。
20080404a.jpg 
ちょっと風が強くて桜の花吹雪状態でした。道路も花びらが敷き詰められた見たいできれいでした。
P1010494.jpg
東川の桜 もう少し前だったらもっときれいだったでしょう。
P1010502.jpg

ドッグカフェは私たちだけで3匹ともすごくお利口さんでした。

P1010504.jpg P1010506.jpg P1010503.jpg P1010505.jpg
ミサちゃん いつまでも公園散歩ができるといいね。
元気に走り回るミサちゃんの動画はこちら

そして、今日いつも遊びに来てくれる 小さな犬博士、お隣のAちゃんとお母さんがパルコに行くと、大催事場でペットフェアをやっていたそうです。これは以前立体駐車場だった建物を改造して特別な催しものを行っている会場です。50匹ほどの子犬が小さなケージに入れられて、上からしか見られない状態(実際に見ていないので想像できないですが)でいて、そこで子犬を買っていく人たちも多くいたそうです。
暗澹たる気持ちになりました。パルコ そんな催事やらないでほしい。
ニックネーム Kicco at 02:32| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

幸せ報告続々。。

新学期を向かえ中々ブログの更新ができないでいましたが、その間に報告したい幸せなNewsがたまってしまって。。うれしい悲鳴です。

第一弾:

3月にさいたま市の里親さまの元にお嫁入りした「ぽぷら」ちゃん(CATNAP名よこちゃん)。優しいママ、パパ、お兄ちゃん、お姉ちゃんそして先住犬Mダックスのさくらちゃんと本当に幸せな日々を送っています。

里親さまのご了承を得て、正式譲渡の報告から少しご紹介させていただきます。今の ぽぷらちゃんの幸せぶりがわかりますね。

今朝も「ず〜っと、絶対、一緒だよ」と「ぽぷら」に話しました所、知ってか知らずか黒地にクロの目(!!)できょときょと・・・。本当に可愛いです。

以下は「ぽぷら」報告です。

最近「ぽぷら」がマスターしたこと
結構、これがスムースです・・・。頭いい〜♪♪・・・。(飼い主ばか)
@ハウス&お散歩から帰ってきた時の「待て」を自分から。(足裏を綺麗にするため)
Aバックの中で、じっとしている事。
 お散歩帰りの買い物も、これでスムーズ!!!
他の買い物客の人達は、まったく気づかず・・・。でも時々、中での 方向転換で「動くバック」に早代わり・・・。周囲は目を白黒。ハハ ハ。私はミスターマリック気分です。
 ごめんね、すぐに終わりにするから・・・。
B他犬・他人へのご挨拶
 「まあ〜。可愛い。この子はみんなが大好きなのね」
 家族だけでなく、沢山の手のひらで「いい子いい子」・・・。
 「ぽぷら」のつらかった過去は、見る影もありません。
 もう完璧姉妹犬です。お顔も似てきたかな??
Cドックランデビュー
 と言っても、「さくら」&「ぽぷら」だけでしたけど。
 でも、ものの十分でのびのび・・・RUN RUN RUN !!!
娘へのアイコンタクトもばっちり。笑顔満開でした。
D「さくら」姉さんへとのかかわり
 以前はガウガウ。今は、お散歩時の「はりきりぽぷちゃん」は
 「のんびりさくちゃん」を時に振り返りながら、ペースを合わせてく れる程になりました。
 気がつかぬところでは2匹寄り添い、ふとした瞬間、可愛い4つの目で 見つめられると「ああ〜、幸せ〜良かったなぁ〜」と身体の底から思 います。

 こんな風に我が家の「ぽぷら」&「さくら」&家族。みんな元気で〜  す。


ぽぷらちゃん 本当に素敵な家族の一員になれてよかったね!

ぽぷらちゃんは埼玉センターの保護犬でした。埼玉センターの保護団体登録はCATNAPが最初の団体で、今後他団体が登録をして下さり、東京都の様に多くの団体が関わる事ができるようになれば、救われる命も増えると思います。これまで、子犬以外の譲渡がなかったので、埼玉県の場合は保健所に収容、その後飼い主が現れない場合は保険所からセンターに処分(いやな言葉です)のために移送されるのです。まだまだ多くの子達がセンターで理不尽な死を迎えています。処分ゼロを目指して、まだまだ道は遠いけれどがんばりたいです。みんなぽぶらちゃんの様に幸せな家族に巡り合ってほしいです。プチ預かりのクーママさん、預かりのケロさん、そして里親のT様ご家族ありがとうございました!

ぽぷらちゃんとさくらちゃん まだいっしょに暮らしはじめて1ヶ月しかたっていないのに、ず〜っと昔からいっしょにいる姉妹みたいですね!
DSC00271.JPG DSC00261.JPG DSC00274.JPG DSC00284.JPG

幸せ報告第2弾は 波乱万丈チェル桃日記 大移動&愛媛編です。こうご期待!


ニックネーム Kicco at 12:17| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

チェル桃日記 旅立ち〜愛媛へ とっても長いです。





チェル桃の大移動と愛媛での生活スタートの報告をいただきました。
長期休暇をとって愛媛のお母さまの元にチェル桃をつれていってくださって本当に一人で運転の大変な長旅 お疲れ様でした。

以下ご報告です。チェル桃を応援してくださった皆様、チェル桃は元気に新しい生活をスタートしました。ありがとうございました。里親のS様、どうぞ 桃ちゃんのことをよろしくお願いいたします!


詳細ご報告が遅くなってしまいました。無事愛媛に送り届け、1週間強暮らしを見届け、こちらに戻ってきました。チェル桃がいない我が家はやけに静かな気がします。やはり存在感のある、そしてなんとも言えない共感を人との間に醸しだすわんこだったとつくづく思う今日この頃です。

3月20日、溝口までお送りする車中には、ふぅのみ同伴し、翌日の長距離移動を控えているので、年齢のことを考え疲労を前の日からためさせるのがはばかられ、チェル桃はお留守番にしたのですが、帰宅してから後悔しました。台所のテーブル上にうっかり油断して置いていたベルナ用のおやつが襲撃されており、無残な残骸と変わり果てておりました。ベルナも恩恵に預かったと思います。

そんなことがありつつも、つつがなく1日を終え、いつもより早めに就寝して翌日の大移動に備えました。

翌朝は大変でした。ベルナ、ふぅ、主役のチェル桃、それとさらだを伴ってドライブ開始です。犬軍団は素直に乗車。最後にバリケンに入れたさらだを迎えに一旦家の中に戻るとチェル桃の呼び声が始まりました。はいは〜いと背中に聞きつつ、さらだを伴い戸締りをすませ、バリケンをシートベルトで固定して出発。東名に乗り、横浜町田で一旦降りて、横浜の獣医さんのところに向います。ベルナとさらだの宿です。チェル桃が前に来ようと真ん中からぐいぐい出てきます。あ〜だめだめ、後ろ後ろだよと制します。顔だけ前に出した形でアピールし続けていました。獣医さんのところに到着。チェル桃やふぅも出ようとするのを制するのにてこずっている内に、患犬・猫と飼い主さん3組に先を越されました。みなさん、我が車中の犬猫の数に驚き、「あら、まぁ沢山。一緒に降りたいの、そうなの〜」と優しく語りかけてもらい、八方美人のふぅはますます出たくなってしまったようでした。宿泊組を預けて、いざ出発なのですが、平日なので保土ヶ谷バイパスが上下とも混み混みで、ここで相当時間を費やしてしまいました。「ま、そもそもゆっくり向うつもりだったから、いいか」とのろのろ進みます。チェル桃はぐいぐい出てこようとします。ふぅは私の右側でいつものハコ乗り。

52.jpg
やっと東名に乗れました。法定速度で進みます。高速は順調でした。前回ふぅを伴って帰省した際は、相当なスピードで走りました。さすがのふぅも途中で吐いてしまいました。速度を上げると、振動が大きくなってしまうから疲れが増すんだ、かわいそうなことをしたと反省し、今回はチェル桃の年齢と体力を考え、時間はかかるけど、ゆっくり行く方が体への負担は少ないと踏んで、空いている高速でも法定速度もしくは10~15キロオーバー程度で100キロは出さないようにしました。休憩も前回より多くして、その都度30分近くは休むことにしました。チェル桃はかなりの時間後部座席から前へと真ん中から頭と体を伸び出した形で頑張っていましたが、さすがに途中から後部で丸くなって眠り始めました。

53.jpg 54.jpg


休憩時は散歩にまず出して、一旦車に戻ってもらい、私がトイレに。戻ってくるとチェル桃は必死で吠えていました。毎回毎回同じでした。私に呼びかけているのと、ふぅと車を守る意志が滲み出ていました。「いいよ、いいよ、吠えなくて」と中に戻ると、膝に乗ってこようとします。膝に乗せると後肢で座し、前肢を開けた窓にかけて、外を眺めます(横顔の写真を撮ってみました)。なにか感じてるのかなぁ、違うか、これまでと違う空気の匂いと光を確かめているのかな。どうでもいいや、それにしても利発な顔です。

56.jpg

SAで散歩の度に、「わ、かわいい」と言ってくれてるのに、「がるぅ」になってしまうチェル桃。かたや、「わぁい、そうですかぁ〜じゃあ、かわいいかわいいして〜」と歩み寄ろうとするふぅ。わたしは毎回右手と左手が逆に引っ張られる事態に陥るのでした。

法定速度ではなかなか進みませんでした。相当な距離だから仕方がありません。休憩を多め長めに取ったこともあり、実家到着が夜11時。母も待ちかねておりました。高速は東名→名神→中国→山陽→瀬戸中央→松山と乗り継ぐ順路です。瀬戸大橋を渡る頃はもうすっかり暗闇が広がる夜でした。写真は撮れなかったので、こちらに戻る時に写真を撮りました。ふぅが見つめている方向に、チェル桃は渡っていき、その先に今は暮しているのでした。

車から降りる際は、ちょっと警戒して吠えました。でも玄関を上がってすぐに室内をふぅとちょろちょろ。途中で軽く食事はさせたけれど、もうちょっとあげておこうと、遅い時間だけど、ごはんタイム。どちらも食欲旺盛でした。安心しつつ、この日は私の布団で眠りました。ふぅは母のところに自ら出向いて朝までぐっすり。

翌日朝、桃は私の布団の中でぬくぬくを楽しんでいました。ふぅはぴょんぴょんしながら、母のところから私たちのところへやってきてうきうきです。広い家と久々の母と、ちょっと久々の(数時間ですけど)私とにうきうき。この日は長旅の疲れもあるだろうと、あまり連れ回さないようにしましたが、散歩を試しにみんなでしてみました。桃がぐんぐん歩くので、母がびっくりしてました。前のスタンダードダックスフンドは、散歩があまり好きではなく、いやだなぁ感満載で、帰りだけやけに早いという子だったのと、桃の年齢がやや高齢とのことを伝えていたので、若犬顔負けのパワーと意欲に本当にびっくりして、自分の体と体力がついていくかどうかちょっと不安になったみたいでした。

私がいなくなったりすると、いなくなった方向を向いたままじっと微動だにせず2匹でおすわりして待つ様子にも驚いたみたいでした。まぁ、無理もありません。川崎の棲家では、私しか同居人間はおらず、一応食べ物を供し、かつ率いているのが私なので、ボスとして位置づけられてしまうことにならざるを得ません。養ってくれるなら、私としては彼らに喜んで従う心積もりはあるんですけどね。

22日のこの夜から桃を母の方で休ませることを始めました。母によると、部屋の壁に沿ってくるくる小走りを続けて、しばらくしてあきらめたのか(疲れたのか)ちょっと離れたところのこたつで眠ったそうです。声は上げず辛抱したようでした。母はその様子に、無理にだっこしたり追いかけたりはせずに、名前は呼び続け、落ち着いたので自分も布団に入ったということです。ふぅは一旦私のことろに来ていたのですが、心配だったのか、桃と母のいる方へ自分から向かい、朝までつきあったようです。

23日朝、母が戸を開けると、猛烈な勢いで2匹がやってきました。ふぅは桃に吹っ飛ばされ、かつ立ち入る隙も与えてもらえず行ったり来たりしてました。桃はひゅ〜んひゅ〜んと声を上げつつイナバウアーのペロペロ攻撃で、朝から濃厚な時間となりました。その様子に母がまたびっくりしてました。まったく母にはびっくりの連続です。朝食後、用事が片付いたので、獣医さんのところへ向いました。長旅だったので念のため診ていただき、かかりつけ医になっていただくので、事情や背景の説明をしに行った次第です。元気そのもの、年齢は白髪の出方や歯の状態からすると、環境が環境だったからそうとも限らないけれど、8歳よりも上でもおかしくない感じとのことでした。桃ちゃん、よくよく見ると、下顎に相当数の白髪があり、胴体にも白髪が一部に出ているんですよね。ジャンプ力、運動能力、力強さ、毛の艶の感じから、8歳までもいってなさそうな印象をどうしても抱いてしまうのですが…。

この夜は桃はひぃんひぃんと私を探して呼んでいました。ふぅは私のところで就寝だったので、不安になってしまったのかもしれません。聞こえてきてかわいそうにも思いましたが、かわいそうだけじゃ次に進めません。次のこと、これからのことを考えて、がんばれ〜と思いつつ眠りについたのでした。

24日朝はまたしても熱烈な再開の儀式から始まりました。この日はつつがなく終了。これまでのところ、散歩の時には、犬にどうしても吠えかかってしまいます。この威勢のよさにも、母はびっくり。何かにつけて話題を、そして刺激を提供する桃でした。

25日、密かに恐れていた襲撃事件がついに発生。もちろん食べ物絡みのお騒がせ珍事です。母と買い物帰りにおいしそうなお菓子を買い、前の晩ちまちまちょっとずつ食べてほとんどを残していた上をナッツでコーティングしたケーキ。長方形の焼き菓子で、1センチ厚さくらいに切り、一切れしか口にしていませんでした。それを食器棚のところに置いて、二人で用事があり、外出。帰宅したら何か様子が変です。ケーキがそこにない。床にはケーキの入っていた箱がつやつやと光って展開図状態になっています。その横には、ドッグフードの食い破られた残骸が。食器棚の隣に置いた籐の椅子に飛び乗って、そこからジャンプして棚に並んでいたケーキとフードを床に咥えて落としたかパンチしたかわかりませんが、ごちそうは、消えていました。桃のお腹はパンパカパン。ふぅのお腹もパンパカパン。多分ケーキのほとんどは桃のお腹に消えたと思われます。ふぅのお腹とは張り具合が違います。水飲み場の水もからっぽです。桃は一歩一歩がよたよた。お腹が重いか痛いかのどちらかに違いありません。夜は鶏肉のゆで汁だけ。

26日の夜、母も私とふぅも台所におらず、桃が一人で台所にいました。気が付くとごみ袋を破壊し、パンを食べてしまっており、うんちもお出ましに。迂闊でした。2日続けての食べすぎのせいだと思いますが、27日は寝てばかり、28日の朝、絨毯の上に、大量のうんち。ゆるいうんちがもりもり出ました。その後しばらくして散歩に連れ出すも、歩きません。ふぅと私と一緒に出たいとせがむのですが、出ると立ち止まります。あ〜これはお腹が痛いんだ、とだっこして連れ帰りました。夕方まで眠っていました。やはり過食がたたってしまいました。私がいる間に、チェル桃の本領発揮をしてくれて、母に一通りのお行儀とお茶目のお披露目と説明もできたので、こちらとしては願ったり叶ったりですが、せっかくちょっとスマートになっていたのに、25日からは見た目にも立派な寸胴になりました。でも、自然の摂理で排出してからはウエストのくびれが復活し、やれやれ、歩くのも普通にできるようになったし、一安心。家にも母にもすぐに慣れ、自由闊達に闊歩したりくつろいだりしていましたが、やはり、私の姿を追いかけてしまいます。私が風呂に入っている間は、私のいる方向にふぅと並んで向いたまま、ぴくりともしないらしいし、朝起きると必死で私のところにやってくることを一番にしてしまいます。そして決めました。ちょっと早いけど、桃と母での生活を開始してもらおうと。

29日、ふぅと実家を後にしました。激動の時間を12月から重ね、旅を重ねてきたチェル桃のことを思い、その都度受け入れおおらかに構え時を紡いで生き抜いてきたその姿には敬意を覚えるばかりでした。その朝のお別れの時、多分チェル桃は「あ、またふぅちゃんとお出かけ?一緒に行きたいけどな」という程度に思っていたかもしれません。でも、ちょっと違うと思っていたような素振りもありました。語ってはくれないから、人間の勝手な推測でしかありません。「桃ちゃん、頼むよ、これからも」と思いを込めて体を撫で、車を出しました。私たちが去った後、桃はおしっこをまきちらしてしまい、散歩に出て犬に出くわしても、吠えることをしなかったそうです。夜はそして、ひたすら眠り続けたとのことでした。長旅と新しい場所での暮しへの適応からの疲労に、それまで一緒にいた私とふぅの不在という人的な環境の変化からの疲れが加わってしまったせいかもしれません。

でも、今は母との生活を満喫しているようです。膝に乗ってきたり、おこたでぬくぬくと眠ったり。そして何より食欲は失わなかったとのことなので、眠ってばかりと聞いても、心配はしていませんでした。食べることが活力の、生きる力の源です。それさえしっかり確保されていれば、心配はありません。

実家でこたつに入り、胡坐をかいた膝の中にふぅをだっこしていたところに、チェル桃がにじり寄ってきて、ちょっとずつちょっとずつ足の上に乗ってきて、ついには胡坐の中に入り込み、魅惑のヒップでふぅをブンと押し出してしまったチェル桃の、まるで巣の中の本来の雛を押し出すカッコウのような所作に噴き出してしまったことを思い出し、一人で笑ってしまうのでした。ふぅが「え???もうしょうがないな」と突き出されてあげてくれていたので、29日に帰宅して、ベルナとさらだがまだ戻っていないその夜は、思い切りふぅに甘えさせてあげようと思ったものの、さすがのふぅも疲労が激しかったらしく、甘えてくることよりも、ちょっと離れてゆっくり休息を取ることを選ぶその姿に、明日の活力を確保しているんだね、賢いね、と私もふぅに倣って、体を休めることにしたのでした。

桃は私のことを主として位置づけてくれて敬意を払って一緒に時を刻んでくれ、疑いを持たず私の選択を受け入れてくれ、ふぅやベルナやさらだにも敬意を持って接してくれました。彼らもそれに応え、確かな存在をそれぞれが示し、それぞれが前を向いて進んでいます。桃は散歩の途中で出会う老人介護のおねえさんに「桃ちゃん桃ちゃん」と声をかけてもらい、この激動の時間の中身を知った人に「頑張れ、桃ちゃん」と言わしめ、人に自身を発奮させる力をもたらし、ますます存在感を増していっているようです。

愛媛の広い南向きの廊下で日向ぼっこ「川崎よりも広いなぁ」
58.jpg 59.jpg 62.jpg


庭から道路へ飛び出ないように仕切りをつけたところをチェックする。
63.jpg 

庭の散策「川崎よりも俄然広いなぁ」
64.jpg 65.jpg 

またまた日向ぼっこ「極楽極楽」
76.jpg 78.jpg

おこたでぬくぬく「極楽極楽」

85.jpg 90.jpg

お別れ
95M.jpg

ふぅが、「あれ、一緒じゃないの?」
98.jpg

今愛媛側から渡ってきた瀬戸大橋、あっちに桃ちゃんかぁ。夜渡ったんだね、ちょっと前に。100.jpg 102.jpg


ニックネーム Kicco at 01:38| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

あれっ この美柴さんは?

今日は春の車椅子オフ会でした。
会場には元気な車椅子犬がいっぱい。そして懐かしいお客様がきましたよ。
P1010547 [640x480].JPG

そう。久しぶりにオリちゃんと再会!オリちゃん、骨折した足の手術を無事終え、ちょっとピョコピョコ歩きでしたが元気そう、メラノーマと闘っているコロちゃんも元気な姿を見せてくれました。P1010726 [640x480].JPG P1010714 [640x480].JPG

コロちゃん 元気で若い!なぜかミサちゃんがお気に入り。。
P1010698 [640x480].JPG


楽しい再会がいっぱいあった楽しい一日でした。この続きは明日!

ニックネーム Kicco at 01:41| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

車椅子オフ会 続編

日曜日の車椅子オフ会は60人、45頭と大盛況でした。
いつもおいしい手作りのお菓子と犬用おやつを作ってくださる銀母さんが今回も、いっぱいおいしいお菓子を作ってきてくださいました。私は近所にできたCostcoでクッキー他おやつと飲み物を調達。銀父さん、銀母さんはキャンプ道具も満載で来てくださって、プロなみのイベント会場になりました。

最近発表会、新学期と忙しく、お休みしていたかん太の訓練をいつもしている訓練フィールドを貸していただいてのオフ会も3回目です。以前は公園などに集まっていましたが、ここは一日自由に使わせていただけるので、出入り自由、走り回っても苦情なしで絶好のオフ会会場です。先生ありがとうございました!

さて、今回ご一緒したのは。。(全員紹介できませんが、再会組から。。)

昨日も登場 すっかりきれいになったオリちゃん
P1010728 [640x480].JPG
ミサちゃんがお気に入りのコロちゃん

P1010689 [640x480].JPG
ウランママさんとお嬢さんといっしょに参加のウランちゃん。
チャップ君が前立腺がんで天国に行ってしまって寂しくなりました。
ウランちゃん ちょっと元気がなかったかな。。
ウランママさんと再会できてうれしかったです。
お嬢さんが、ワンちゃんを飼う時には絶対保護犬を引き取りたいとおっしゃってくださいました。
P1010723 [640x480].JPG
プリンママさんと参加のプリン君
プリン君は胃チューブで栄養補給するようになって、元気がついたので参加できるようになりました。少し前に志村動物園でアニマルコミュニケーたーのハイジさんと会って、ずいぶん元気になったそうです。
P1010628 [640x480].JPG
ミサちゃんもプリン君のカートに乗せてもらいました。
DSC06260 [640x480].JPG
オフ会の常連 ロックちゃん
ロックちゃんは、桜花パパさんに作っていただいたかわいいピンクの足載せカートに乗っていました。
ヤ椅子オフロック.jpg
今日のマフィンとミサちゃんのお洋服を作ってくださったモカレンママさんのところのモカちゃんとレンちゃん
今日は和服生地の素敵なお洋服です。
ヤ椅子オフモカchan.jpg ヤ椅子オフモカレンちゃん.jpg

車椅子姿が想像できない元気なゆずちゃん
ゆずちゃんはマフィンと同じように自力で歩けるようになりました。
ヤ椅子オフゆずちゃん.jpg

元飼い主に置き去りにされてしまい、その後下半身麻痺に。。獣医さんからも見放されてしまったニニちゃん、でもやさしいパパママに引き取られ、車椅子も作ってもらって、こんなに元気に幸せになりました。
ヤ椅子オフににちゃん.jpg

銀ママさんのおいしい手作りケーキ、ゴマケーキ最高!
ヤ椅子オフCake.jpg

おやつに群がる面々
ヤ椅子オフ大集合.jpg
はるばる豊橋から来てくれた銀父カートのビーちゃん
ヤ椅子オフBeechann.jpg

ひっそり静かな所に避難のマフィン
ヤ椅子オフMuffin.jpg

なぜか男の子たちにモテモテで追いかけれてお疲れのかん太君、銀ママさんに抱っこされて非難。重たいかん太をずっと抱っこしてくださってありがとうございました。
P1010710 [640x480]M.jpg

もっともっと紹介したいのですが、今日はこの辺で。。

皆さん秋にまた会いましょう。


家に帰りつくとマフィンがミサちゃんのお世話を。。本当にマフィンはやさしいね。いつもお世話してくれてありがとう。
マフィンとミサちゃんの動画はこちら

ニックネーム Kicco at 23:47| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

アメコカレスキュー 預かり先、里親さん募集です。

本日埼玉の山奥で多数のアメリカンコッカースパニエルと小型犬のレスキューがありました。私も埼玉在住なので、搬送に手を上げましたが、なにぶんにも今日は朝10時開始の教室の夏のイベントの申し込み日、その上、朝10時には申し込みをしないと入れない可能性ありで、午後からのお手伝いの予定でした。ところが。。。

10時に備えてPCの前に座るも、つながらない、つながらない。。。保護者の方たちにメール、メール、電話。。システム故障という事がわかり、待機。でも待てど暮らせど復旧しない。。というわけで
こちらは明日申し込みになり、いざ搬送行きますよ〜となった所で、
現地のスタッフのpruuさんに連絡を取った所、とても預かりさんに直接運べる状態ではないとの事で、現地にいる搬送スタッフの方たちが協力トリマーさんの所に分散して搬送するとの事。みな毛玉にウンチまみれとのこと。でもまだ入る前に電話越しに声が聞こえてくるから生きていると聞いて、切羽詰まった状況が伝わってきました。

どうしてここまで放置できるのか。。お水も満足に飲むことができない状況で、後数日放置されたら広島の時みたいに、衰弱して命を落としていく子もいただろうと思う。意やひょっとして、ここまでの間に命を落としていっている子達もいるのかもしれない。

とにかく、惨状を見てください。そしてたくさんの子が預かり先、里親さんを探しています。ぜひご協力をお願いします。


今日もご近所のアメコカを飼っているお宅をお邪魔してこの件をお話しましたが、今まで預かった子達は、早い子は1ヶ月ちょっと、長くても数ヶ月でご縁に恵まれて、幸せになりました。必ずすぐご縁があるとはいえませんが、必ずやよいご縁がめぐってきます。

預かりがいないと里親さんへのご縁をつなぐ事ができません。
お散歩仲間の方に預かりのお話をすると、多くの人が預かりは、別れがつらいからできないとおっしゃります。確かに別れはつらいです。でも、絶対自分の所にいるより幸せになると確信するから送り出すのです。幸せになっていく子達の姿を見ることができるのが、預かり冥利です。

だって、預かりがなかったらつながらなかった命がいっぱいあるのですから、一歩踏みだして下さる方募集中です。

pruuさんのブログ

代表、現地スタッフの皆さん、搬送の皆さん、トリミングスタッフの皆さん 本当にお疲れ様でした。

ニックネーム Kicco at 00:45| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

駒沢フリマ物資募集中!

いつもたくさんのペットグッズで評判のCATNAPフリマが、5月11日(日曜日)駒沢公園で開かれます。
フリマの売り上げはCATNAP保護犬たちの医療費に当てられます。東京、千葉、埼玉のセンターからの引き出しが続き、今回ブリーダー崩壊で引き取った子達も加わり、医療費が不足しています。皆様のお家で眠っているペットグッズがありましたら、ぜひご寄付いただけますようにお願いいたします。

駒沢フリマはペットグッズのみ受付ます。
提供物資の送り先は下記メールアドレスまでお問い合わせ下さい!
komazawa2008@ab.auone-net.jp

また定期的に光が丘公園他でフリマを行っています。他の会場ではペットグッズ以外の物資も受付けていますので、よろしくお願いいたします。詳細はCATNAPフリマ情報をごらんください。

今回はいつもマフィンたちのお気に入りの素敵なお洋服を作って下さっているミルクハウスさんから、たくさんのお洋服のご寄付をいただきました。

車椅子オフ会には、ぽちの車椅子の銀母さんが銀ちゃんが着られなくなったお洋服をいっぱい持って来てくださいました。そして今朝、大きなダンボールが到着!中には銀母さんが送ってくださった新品のペットベッドやキャリー、おもちゃなどが入っていました。
ミルクハウスさん、銀母さん ありがとうございました!

写真は銀母さんがオフ会に持ってきてくださった犬服。まだまだ未公開の大物があるんですよ。ミルクハウスさんのお洋服はどんな感じかな。。。絶対フリマに行かなくては。。。
P1010741.jpg

皆さんも 5月11日はぜひ駒沢フリマにお越しください!!

そしてマフィンはブルマさん特製のネーム入りパーカー、かん太はネーム入りバンダナを頂きました。パーカーは素敵なアップリケで名前がついていて、素敵なんですよ〜

P1010745.jpg

そして新緑の美しいこの頃、かん太、マフィンのお散歩コースもお茶の新緑がきれいです。

ご近所のお庭には、鮮やかな牡丹の大輪が。。。
見てくださいと誘ってくださったので、お庭に入るとたくさんの蕾が。。。 後で 切りましたからと持ってきてくださいました。
P1010743.jpg

所沢に引っ越して来て直ぐ知り合いになった園芸屋さんで最初はゴールデンウィークのスタッフ不足の時のお水やりからスタートして数年間 お花の植え付け、シクラメンの葉組みなどお手伝いさせていただきました。家の周りはいつもお花がいっぱいで、園芸屋さんの仕事が終わると自転車の前かご、後ろかご一杯の季節のお花を積んで帰るのが楽しみでした。
でもこの所、外に出るととても眩しくて、つい植え付けも、手入れもできないまま、気がつくとずいぶんお花が少なくなった我が家でした。

アイビーだけはすごい繁殖力で塀を覆っていて、幼稚園のクリスマス会に提供して、先生方が生の素敵なリースを作る材料になっていますし、その昔植えたムスカリ、花にら、ぎぼうし、うつぎ、ポピーなどの球根や宿根草は季節になると何もしなくても美しい花を咲かせてくれるのが、最近の不精な私には有り難い。。。

でもまたお花に囲まれて暮らしたいな。。。と思って、先日植え付けを開始、ひさしぶりにお花に囲まれる生活になりました。

ちょっと変わったバスケットも何種類か作る予定です。今日えむこさん預かりのアリちゃんのトライアルスタートで、里親さんのあどぅるさんのお家がご近所だったので、帰りにえむこさんとカコさんが寄ってくださいました。

カコさん お花に詳しくて、カコさんが園芸家というのを始めて知りました。動物が好きな人にはお花愛好家が多いですよね。素敵なお庭で有名なターシャ チューダーもコーギーが大好きなんですよね。
私も素人園芸家に恥じない庭にしなくては。。。と心に誓った今日でした。





ニックネーム Kicco at 01:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

ビスコ君です。

我が家にプチステイ中のビスコ君です。今日埼玉センターからやってきました。

今日pruuさんからお電話で、センターがお休みになる前にお引取りをという事で、今日は大きめヨーキー君がクーママさん宅へ、クリームダックスのビスコ君が我が家にプチステイする事になりました。

ビスコ君 クリスマスの日に八王子にお婿入りしたラン君に雰囲気がすごくよく似ています。そういえばラン君もかなり痩せていました。ビスコ君はラン君が来たときより、少し痩せています。ちょっとがりさんですが、今のラン君を思うと、きっと里親さまのところに行けば、少しでふっくらボディになるでしょう。

ビスコ君です。
P1010766.jpg P1010764.jpg P1010747.jpg P1010763.jpg P1010772.jpg

ビスコ君 待ち合わせ場所でお引取りした時は、下半身ウンチ。。。で固まっていました。センターでもちょっと下痢気味だったそうです。
車の中は窓を開けていないとくちゃい。。。でおアメコカレスキューの壮絶な写真をみていたので、比較になりませ〜んという感じですね。
帰り道かかりつけの獣医さんにお薬をもらいに立ち寄り、一応便も顕微鏡でみていただきました。センターでも駆虫してくださっているので、心配はないとおもいましたが、ウンPをつけているので、心配になったのです。顕微鏡で見る限りは、虫は一切いなかったので、大腸炎かなということでした。お薬を整腸剤、抗生剤、粘膜保護剤など処方していただき、消化系にやさしいi/d処方食をいただいてきました。

まずはシャンプー。。とっても痩せています。現在3.45kg、理想体重4.8kg位でしょうか。

人が大好き、犬が大好き。。マフィンに熱烈ラブコールしています。


今日はビスコ君お引取りに出かけている間、かん太、マフィンはトリミングサロンへ!きれいになって帰ってきました。ここは、レオン君、シオンちゃんのママから教えて頂いたサロンで家から徒歩でも7,8分のところでした。久しぶりにきれいになりました!

P1010754.jpg P1010753.jpg

ビスコ君がお友達になろうよ〜と寄っていくと、かん太はソファに避難(なかなかお友達になれないかん太です)、その内 開脚ごろ寝となりました。
P1010773.jpg




ニックネーム Kicco at 01:36| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

ビスコ君の様子 

月曜日からプチステイ中のビスコ君。元気です!
まだまだ幼さが残るビスコ君、推定年齢は2-3歳ですが、行動はもっと若い感じです。まったく怖いもの知らずで、我が家のかん様と女帝マフィンを追い回してマウントしようとして叱られています。でも懲りない懲りない、無邪気なお顔で、尻尾フリフリ、なんでもうれしい年頃なんですね。
P1010787.jpg


こんな無邪気なビスコ君ですが、センターに収容されるまでには、きっとつらい思いをしてきたに違いありません。そしてセンターからの移動を元気そうに見えても、疲れはたまっているのではと思います。

幸い、下痢は収まりました。お薬が効いたのか、とても良いウンPをしています。トイレでのおしっこもOKですが、お外ではまだこわいのか、おしっこができず、室内でのマーキングもあるので(手術すれば収まるかな。。)私の目が行き届かない時は、マナーベルトをしてもらいました。
P1010789.jpg P1010794.jpg

ビスコ君の寝姿 癒やされますね。 本当のお家で、毎日こんな風にくつろげる日がきっと直ぐ来るよ。。

P1010779.jpg P1010784.jpg 


ニックネーム Kicco at 23:44| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする