フリマ開催のお知らせ

川越水上公園フリマ無事終了いたしました

ご来場下さいました皆様ありがとうございました。

フリマの収支報告はこちらから

ハピポ2017年カレンダー おかげさまで完売いたしました。

お買い上げ下さった皆様ありがとうございました。


middle_1478352310.jpg

サポートショップでは他にも保護犬医療費サポートグッズを販売しております。
お買い求めはコチラからよろしくお願いいたします。         http://happypaws.shop-pro.jp/


2008年03月01日

マフィンの検査結果

昨年からずっと鼻水が出て、時として青鼻なので抗生剤を飲んでいたマフィンですが、あまり抗生剤の効果がないため獣医さんと相談して鼻の精密検査をお願いすることになりました。
火曜日近所の2次診療施設 日本小動物医療センターの予約を取っていただき、午後一番の診察に出かけました。麻酔下でのCT、レントゲン、鼻の洗浄、細菌検査、血管造影などの検査をしていただきましたが、結果としては、一番心配された腫瘍の疑いはなく、採取した鼻汁を検査にまわしていただく事になりました。考えられるのはアレルギー性鼻炎、細菌感染、真菌などです。検査結果を待つ事になります。

診察の際に担当の獣医の先生がマフィンのわが家に車での経緯を含め、問診をかなり丁寧に行って、持参したレントゲン写真の説明、原因として考えられる可能性、そして検査費用見積もりとほぼ一時間近くかけて行われ、マフィンを預けて、仕事に向かうため病院を出たのが3時頃、そして病院から連絡がありマフィンを向かえに行ったのが7時。そこから画像診断の説明、これからの検査の説明と、マフィンを連れて病院を出たのが、8時半過ぎでした。

深刻な事態ではないことにほっとしました。
アドがヘルニアになった12年前には、かなり設備が整っている病院でもCT,MRIの類はありませんでした。アドの手術もレントゲン検査のみで行われました。
今はこの地区でもCTを備えている病院が2箇所あり、ちょっと足を伸ばせば大学病院ほか個人の高度2次診療施設もあり、動物たちもずいぶん高度医療を受けられるようになったと思います。

一方、医療費の高額化もどんどん進んでいます。人間のように公の保険がないペットたちは、やはり健康な内に医療保険に入って置いた方が良いのかなと思います。

我が家では、健康上はこれまで一切何の問題もない(行動上はありますが)かん太は保険に入っていますが、マフィンはヘルニア、フィラリヤと条件が悪く、おそらく入れないだろうという事で入っていません。ミサちゃんはもちろん入る事が出来ないと思います。

ペットたちが捨てられる、処分持込される理由のひとつに医療費の問題があります。確かに、以前10歳と長生きした(デンの10歳はかなり長生きです)グレートデンを飼っていた友人が、獣医さんのベンツを見ると、家が払った医療費分だと思うと言っていました。

医療保障のないペットたち、とにかく健康に生きてほしいと思う時、

繁殖には遺伝疾患を最小限に食い止めるよう注意してほしい、
飼い主は万が一の時のために金銭的な備えをして置かなくてはならないし、どこまでの医療措置が出来るのか、考えておかなくてはならないと、つくづく思います。

マフィンは相変わらず、時々くしゃみ鼻水は出ていますが元気です。
猿もひどい花粉アレルギー症状がでているそうですが、犬たちはどうなのかな。。

ニックネーム Kicco at 01:24| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チェルシーとのお散歩

獣医さんに報告の帰り、赤坂の森に行きました。
チェルとのお散歩も後数日です。
みんなで木道を歩いて、くぼみになっている安全な所でミサちゃんを歩かせました。ミサちゃん、本当に元気に歩きます。ももがパンパンに筋肉がついて、チキンレッグ見たいと主人が言っています。

赤坂の森にて
4匹の集合写真

20080229c.jpg
元気なチェルシー
20080229d.jpg
まったりマフィン
20080229e.jpg
ミサちゃんにたじたじのかん様
P1010128.jpg
ミサ帽 お散歩で動き回ると脱げてしまうことが判明、次はもう少し首までかかるようにしていただきます。
20080229a.jpg
チェルシーは主人がいる時は横にべったりです。
20080229b.jpg
そして
今日も元気なミサちゃんの動画はこちら
いつまでもこの元気な姿を見ていたい。。。
ニックネーム Kicco at 01:36| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

チェルシーの旅立ち

チェルシーは今日里親さまのお嬢様のS様のお家にお引越ししました。
昨日はみんなで赤坂の森をお散歩、夜はチェルシーを囲んで寝ました。
チェルシー、ミサちゃん、かん太、マフィンに囲まれてぐっすり夢を見ながら眠ってしまいました。甘えん坊のチェルシーともお別れです。かなり寂しいですが、チェルの幸せの旅立ちです。みんなで笑顔で送りだしました。
出発前のチェルシー
今回はたくさんのお洋服をセコママさん、このっちさんからいただきました。そしてブルマさんがアドのために送ってくださったアニマルプリントのお洋服が似合っていたのでこちらもお嫁入り道具に入れました。チェルのお気に入りだった毛布と先日慣れるまで寂しくない様に暫く使ってから持たせようと思って買ったミッキーの毛布、そして てぃあらの赤のチェックのカラーとリードです。
みなさん、これまで応援してくださってありがとうございました!ちょっと遠くに行くので卒犬オフとかは参加できませんが、私 幸せになります!
P1010133.jpg

11時半に所沢出発、川崎に住む友人から必殺抜け道を教えてもらって、調布までは私の抜け道で行ったのですが、やはり縦断道路は時間がかかります。里親様も先日お見合いに来て下さったとき、ずいぶん時間がかかったとおっしゃっていらっしゃいました。
無事、田園都市線の駅で立会いのぽあんさんと落ち合い、一路里親さまの元へ。ぽあんさん 遠い所、体調も万全でない中、立会いありがとうございました!!おまけにお土産までいただいたすみません!
同じダックス仲間、昔スタンダードダックスと暮らしていたぽあんさんにぜひ!とお願いした次第です。

到着早々、チェルは家宅捜索。。まずは鼻を利かせてキッチンへ。
なんとテーブルに乗るというご乱行。チェル!の一声で一応もどりましたが、ヘビー級の割りに身軽で運動神経のよいチェル、しっかり良い子にしていてよ!!
着くなり緊張感なし、暫くするとお腹を出して寄りかかっていたチェルシー、家に来た時もその日から大また開きで寝ていたよね。チェルならどこに行っても大丈夫だね。
すでにくつろぎスタイルのチェルシー
P1010152.jpg

21日まで滞在するSさまのお家には、先住犬のプードルの男の子ふぅちゃんと猟犬Mixの女の子ベルナちゃん、きじトラの猫さらだちゃんがいます。
誰にでも超フレンドリー、いつの間にか横にちょこんと座っているふぅちゃんは、トリミングスクールのモデル犬をしていた所をS様に引き取られ里子になりました。
P1010151.jpg
猟犬Mixのベルナちゃんは里子になって9年、今年12歳だそうです。
9年前話題になった伊豆のペンションの多頭飼いの悲惨な場所からレスキューされました。あまりの頭数の犬たちの中で、標的にされていたのか、身体中に傷があり、いまだに毛が生えてこない箇所が何箇所かあるそうです。トラウマはかなり残っているようで、見知らぬ人や犬には、身体をブルブル震わせているそうです。でも普段はお母さんに甘えん坊のやさし〜い子です。ベルナちゃん、優しいお母さんにめぐり合えて、穏やかな毎日が過ごせて本当によかったね。ベルナちゃん、入っていった時ちょっとお顔を見ましたが、ずっとうずくまってじっとしていました。ごめんね。
P1010150.jpg
ふぅちゃん、チェルをよろしくお願いします!
P1010145.jpg
ふうちゃん、ベルナちゃん、さらだちゃん、そして先住鳥さんのお写真です。
P1010153.jpg

普段はみんな、1階、2階共 みんなのフリースペースで、室内はどこもフリーだそうですが、万が一のために大きなサークルも用意してくださいました。
P1010148.jpg
2階は全部行ったり来たりできるようになっていて、チェルはふぅちゃんを追い掛け回していました。

S様とのツーショット
P1010144.jpg 
愛媛でのトライアルよろしくお願いいたします!

そして、チェルとのお別れ、昨日はちょっとめそめそしてしまいましたが、チェルはちゃんと自分のこれからの事をわかっているような気がします。抱っこされるとペロペロ。。安心しました。
チェルの犬生は波乱万丈でも、S様も、こうして捨てられて、生き抜いて、センターから生還してくる子達は、すごい強運の持ち主ですねとおっしゃっていました。本当にそう思います。チェルの幸せをいつも祈っているよ!いつか愛媛に会いに行くからね。

皆様、チェルシーを応援してくださって本当にありがとうございました。愛媛からのみかん便り待っていてくださいね。








ニックネーム Kicco at 22:18| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

チェル桃がんばってます!

チェル新しい環境に慣れようとがんばっています!
Sさまからのご報告をいただくと、チェルの姿が目に浮かんで、そしてチェルにたくさんの愛情をかけていたわってくださっている様子が手に取るようにわかって、ついつい涙してしまいます。
チェルと別れる時、抱っこされて静かにしていて大騒ぎするわけでもなく、自分の運命がわかっているのだな。。と思いましたが、あの日の夕方は玄関のドアを見つめて遠吠えしていたそうです。
DSC00059.jpg DSC00062.jpg 
最初の夜は、お散歩で吠え掛かったり、さらだちゃんのフードを盗み食いしようとして落としたり、粗相したり。。。家族皆睡眠不足になるような状態だったらしいです。でもそんなチェルをやさしく見守ってくださって、いっしょに抱っこしてお布団で添い寝してくださった事、本当にチェルに変わって感謝いたします。ありのままのチェルを受け止めて下さっている事がとてもうれしいです。

先住犬のベルナちゃん、ふぅちゃん、猫のさらだちゃんもありがとうございます。日曜日は震えている背中しか取れなかったベルナちゃん、こんな美人さんです。ベルナちゃんの目本当にやさしくて。。澄んでますよね。
DSC00064.jpg DSC00065.jpg

二日目の夜は、用意してくださっていたケージの毛布の上で、疲れたのかぐっすり眠っては起きて出て来て膝の上に頭を乗せて眠って、またケージに戻るを繰り返していたようです。どうやら、自分が落ち着く場所を見つけた様です。ちょっと ほっとしました。
サークルで休んだ後は、お布団で川の字になって眠ったそうです。
DSC00069.jpg

きっと3日目の今日は更に落ち着いているのではないかと思います。
Sさま、どうぞチェルの事よろしくおねがいいたします。

そうそう、愛媛のお母さまが桃ちゃんというお名前を命名してくださったそうです。これからは、チェルは桃ちゃんになります。慣れるまではチェル桃ちゃんと呼ばれるみたいです。

私もチェルがいなくなった寂しさと戦っているよ。それがチェルの幸せだと知っているからね。だからチェルもがんばるんだよ〜

幸せの門出なのに泣いてはいけないと思いながら、チェルの事を思うと涙があふれてしまうのは、チェルがそれほど心に残る素晴らしい存在感のある子だった証拠です。そして、8歳になって(何歳でも同じですが)捨てられる子の気持ちを元飼い主はどう思っていたのだろうかと怒りを感じます。

捨てられて、生き延び、収容されて生き延び、めまぐるしい環境の変化にも耐えて、幸せをつかんだチェルは本当に強運の持ち主です。その陰に、日の目を見ないで、飼い主が迎えに来ることを夢見ながら、無念の死を遂げていった数多くの犬猫たちがいる事を忘れてはならないし、こんな理不尽な事を許さないためにも、何かしなくてはならないと思う。

チェルとベルナちゃんの後ろ姿 
この写真の2匹の背中 抱きしめたくなります。
DSC00066.jpg






ニックネーム Kicco at 01:11| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

チェル桃日記

チェル改め桃ちゃん、しかし愛媛に移動するまでは、チェル桃ちゃんです。里親様がチェル桃日記を送ってくださいました。
チェル移動の初日のご報告で私はチェルの心の動揺に号泣してしまったのですが、さすがチェル!翌日には進歩ととげていました。そして、昨晩、やっぱりチェルのことが気になる私、お風呂に入りながらチェルの激動の数ヶ月を思い涙していました。いったんPCをシャットダウンしたものの、気になってまたPCをあけると、里親様からチェル桃日記が届いていました。読みながら泣き笑いです。
以下里親様からのチェル桃日記です。里親様文才がある!(プラスたっぷりの愛情ですね)興奮気味に一気に読んでいました。チェル桃 がんばっています!


昨日3月4日、3日目にチェルはこたつの中に進出しました。何度かそれまでも覗いてみてはいたものの、満員御礼、3匹がもう入って一杯なので、あ、一杯ですか…と遠慮しているかのような素振り。まぁ、実際はおっかなびっくりで一体ここは何なのか、みんな布団の中に消えていくけど、どれどれ覗いてみましょうか、という偵察だと思います。昨日夜、背中からずりずりとちょっとずつ入っていき、背面がこたつの中で、前半身をこちらに向けて、入ってみました、いいんでしょうか???と半分どきどきの戸惑いのような表情で私を見上げていました。
DSC00076.JPG

その前の私の入浴時は、前日よりは騒ぎにはなりはしないものの、風呂場の脱衣所へのドアを、ドアのガラスを打ち破りそうな体当たり(?見えないので違うかもしれませんが)の連続。しばらくしてシャカシャカと歩き去っていく音。2階での物音。降りてくるシャカシャカ。あ、2階で暴れた?でも今出ることもできないし。ふぅは当てこすりに2階でおしっこを撒き散らしをよくやってくれるから、同じようなことか?もうぐるぐる頭の中に災難の想像が巡ってとどまるところを知らず。風呂上り、ドアを開けるとお座りしているチェル桃。よしよし、とするとまたイナバウアー。落ち着け落ち着け、1時間弱会わなかっただけじゃないか、となだめて2階を偵察に。シーツの上におしっこでした。えらい。日中は不在時間が長いので、ストレスになるらしく、他の2匹の犬とのやりとりもあるのか、シーツはくちゃくちゃ、畳に地図。今日5日も新たな地図が…。うぅむ、ま、いいか、とドライヤーで乾かしつつ、畳も替え時、浸みない床材に変えるかなと計画を巡らしてみています。

今日5日はふぅが我が家に来てから丸1年の最終日なので、ケーキとお菓子でお祝いです。明日から2年目なので、明日お祝い、という方法もありなのですが、ベルナもさらだも同じように丸X年目の最終日にお祝い、時間に余裕があると、翌日のX+1年目の初日にもお祝いをしています。ベルナとチェル桃にもおすそ分けのお菓子をあげました。やはり目の輝きが違います。チェル桃は待てもできました。ふぅにはケーキもあげたのですが、撮影のための長時間の待ての反動で、よしが出た途端丸呑みしようとくわえ込み、口の中が一杯になり、喉も詰まらせ、ケーキが原因で死ぬんじゃないかというようなゲホゲホになってしまいました。わ〜しまった、とやっとのことで半分自ら吐き出したケーキをすかさずすくいとり、ちぎって食べさせて、後半はことなきを得ました。ケーキを狙ってベルナとチェル桃も近くをうろうろするので、余計に慌てて飲み込もうとしてしまった模様です。注意と対処が足りなかったと反省した次第です。
DSC00072.JPG

チェル桃は今日も出迎え一番のりでした。家に近づくかなり手前から、今日も吠え声が聞こえてきました。ダックス独特の太い声。でも今日は、ケーキやフードを買出しに二子玉川へ車で行くことにしていたので、家に入らず、車に乗り込みそのまま家を後にしました。吠える声がヒンヒンという声に変わったのがわかりました。いつもなら、一旦言えに入って犬2匹を同乗させて向かうのですが、チェル桃の興奮が収まるのを待っていたら遅くなってしまうこと必至なので、寂しく単身車で出向きました。多分それがわかってストレスになったのだと思いますが、車で帰ってきた家の中の様子は、昨日一昨日よりもダイナミックなことになっていました。うぅむ、ま、仕方ない。大興奮でイナバウアーとキスの嵐の攻撃の中、片付けをしつつなだめ落ち着かせてご飯、そしてお祝いタイムとなりました。その後の入浴時は、やはりドアとドアのガラスが壊れそうな音を前半立てておりましたが、後半はドアの前で静かに佇んで、私の出待ち。まるで人気タレントを楽屋口で待ち伏せるファンのようなチェル桃です。

今日はふぅの1周年記念の日なので、ふぅをだっこしてなでてやっていたら、私も私もとチェル桃がやってきました。ごめんね、ちょっと待っててねと伝えると、ケージの中にとことこ入っていって、嫁入り道具のブランケットに乗って丸くなったかと思うと、むくっと起き上がり、腹立たしげに鼻先でつついてめくりあげ、とことこと出てきて、ソファのとことで丸くなり、ふぅんとため息をついてこちらを見て、とことことやってきて、ふぅのいる私の足の上にずりずりと上ってきてしまいました。ふぅは充分満足したのか、上にまたがる長い胴のチェル桃の体重がそのうちふぅにのしかかってくると危惧したのか、こたつの中に。そして、今やチェル桃は私の胡坐の中で眠っています。

それにしてもやはりチェル桃、やっぱり重量級です。足がしびれてきました。もうちょいダイエットにも励んでもらわなくちゃいけませんね。飼い主も一緒に頑張ってみます。

こたつに入ったチェル桃を撮影しようとしたのですが、私のところに向かってきてしまうのでだめでした(なのでベルナとさらだのコタツの中での風景を変わりといってはなんですが…)。お菓子の待ての場合は、お菓子を越えて私のところには来ないので、無事撮影できました。やはり食べ物の威力はすごいってことですね。

DSC00080.JPG DSC00082.JPG

DSC00085.JPG

<<...>> <<...>> <<...>> <<...>> <<...>>


ふぅちゃん 記念日おめでとう!チェル桃も来年の今頃、お雛祭りの頃(桃の節句だ)記念日を迎えるんだね。愛媛に移動まで、ベルナちゃん、ふぅちゃん、さらだちゃん、Sさま よろしくお願いいたします。

チェル桃日記第2弾楽しみに待っています!!



ニックネーム Kicco at 23:18| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

ココちゃん 約4ヶ月ぶりのお里帰り!

昨日はうれしいお客さまがいらっしゃいました。
そうあのスカート姉妹、ももコココンビです。
ご実家が近いきくのりさんが前日メールをくださって、公園にお誘いをいただいたのですが、今発表会準備の真っ最中で外に出て練習しているので、そして今まで一度もきくのりさんときくのりママさんに来ていただいた事がなかったので、ぜひと我が家にお誘いしました。

ココちゃんにとっては、外では何度かあっているのですが、11月17日のお嫁入り以来始めてのお里帰りです。ココちゃんってとても律儀で会うたびに尻尾を高速フリフリしてくれて喜んでくれるのですが、今日もいっぱい喜んでくれました。

きくのりママさんときくのりさんに本当に愛情たっぷりにかわいがって頂いて、ココちゃん この数ヶ月でとってもふさふさなボディになりました。ねずみの尻尾(失礼!)のようにつるっとした感じだった尻尾がふさふさになっていました。ダイエットにも成功して今4.4kgだそうです。お顔が小顔美人になって、コートもつやつやです。ほら!
20080308d.jpg

昨日もかわいいおそろい風のチェックのスカートでした。
ところがなかなかうまくツーショットが取れず、おそろいスカート写真がありません。

きくのりママさんお手製のバッグに仲良く入るももココ。
20080308g.jpg P1010216.jpg P1010199.jpg
本当に仲良しで本当に姉妹のようなももココです。
ココちゃんは引き出された後、血尿が出ていて、結石によって膀胱の壁が厚くなっていました。そけいヘルニアもあり、歯もかなりの数抜歯しました。マズルに縛った後のような線があるココちゃん、獣医先生によるとおそらく、閉じ込められて水が十分に飲めない状態にいて、固形フードの食事で結石ができたのだろうという事でした。多くの方の応援を頂いて、いろんな手術を乗り越えて元気になって嫁いだココちゃん。同じく保護犬である きくのりさんの家のももちゃんと姉妹みたいです。この場にいるのは、み〜んな、一度は見捨てられて生死の境にいた保護犬です。毎日思う今の幸せです。

今日のみんな。。集合写真がとれなかったので、それぞれ別々ですが。。
一瞬かん太かと思ってしまいました。ももちゃんです。
20080308c.jpg
こちらはかん太 テーブルの上のお菓子を狙っています。

20080308a.jpg
マイペース マフィン
20080308e.jpg
帽子が評判だったミサちゃん
20080308f.jpg
ずっとカリカリしか食べなかったミサちゃん、最近K9とお肉のミックスを好んで食べるようになりました。
P1010218.jpg




ニックネーム Kicco at 01:00| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

おひさしぶりです。

しばらく更新ができないでいましたが、今日教室の発表会が終わり、まだ興奮冷めやらぬ中です。
こちらのブログでは日ごろは、あまり教室の事は書かないのですが、今日ばかりはちょっと報告を書きたいと思いました。
今回年末に突然のキャンセルが出たので、あきらめていた音響のよい会場をとる事ができ、1月下旬から通常の教室レッスン時間と週末土曜日の週2回の練習をしてきました。1月下旬からは、お見合い、トライアル立会いも週末にあり、深夜まで発表会の準備、メールのやり取りと、今から考えると超多忙な約2ヶ月でした。

今日ひとつの大きな仕事が終わった安堵感、爽快感、満足感、開放感、そして何よりずっと年中さんからいっしょにがんばってきた子達の成長した姿を見られた感激。。と言い尽くせない思いがあります。

日本語でも舞台に立って演じる事はチャレンジだと思いますが、小学生達は英語で、踊りもふんだんに入ったミュージカル風の劇を本当に楽しみながら演じてくれました。そして、そこまでこぎつけるまで、数多くの方たちの力添えがあり、本当に感謝感謝です。

1,2年生 あかずきんちゃん、3年生 ジャックと豆の木、4年生 3匹のくま、5年生 オズの魔法使い、6年生 アニーとどれも精一杯がんばりました。小学生としては、すごくせりふの多い台本10ページ余りの劇を歌とダンスを織り交ぜて、本番で最高の舞台を披露した5,6年生にBravo!

とこのような忙しさの中、かんた、マフィン,ミサちゃんのお散歩は中々遠出ができず、ご近所周りの毎日でした。春休みになったら、公園に行くからね〜

ミサちゃん近況

ミサちゃんは身体つきがずいぶんしっかりしてきました。体重も順調に増えています。頭と耳の毛はまだまだ薄いですが、産毛がいっぱい生えてきました。夏頃にはふさふさになるかな。。。
ただカユカユがなかなか直らず、薬浴を続けています。
P1010222.jpg 

食事はカリカリ一筋から、K9野菜ミート食になってきました。
フードプロセッサーでお肉と生野菜を混ぜ合わせミンチ状にした中にOasis Greenという人間用の酵素サプリの緑の粉、アニマストラス、アズミラのコンドロイチン、ビタミンC、プロバイオティクスのMitomax Superをミックスして食べています。今はほぼ かん太、マフィンと同じものを食べています。食欲はすごいです。倍以上体重があるマフィンとほぼ同じ量を食べています。パピーなので、カロリー量としてはこれで良いみたいです。

ミサちゃんは成長と共に自我も前よりしっかり出てきました。
以前は旋回してグルグルしながらなき始めると抱っこすれば、静か〜になったのが、最近は腕の中で少し抵抗してもがく事があります。でもしばらく抱っこしていれば落ち着いてきます。
どうしても抱っこして仕事ができないときは、ハウスに入ってもらいますが、以前は入ったとたんにしーんとしていたのですが、最近は入り口のドアをカリカリして開けようとします。

毎回ほとんど同じ場所 − キッチンの隅、洗面所 この2箇所ですが、グルグル回り続け、とまったかと思うと壁に向かって吠え続けます。
これは、以前より回数が多くなったようです。

トイレに関しては大進歩を遂げました。お定まりのキッチンにあるシート以外でも、まったく新しい場所でも、シートがある所をさがしておしっこをします。お尻の始末はとっても良いミサちゃんです。

そして、夜は主人といっしょに寝ています。寝姿はまるで天使のようです。
相変わらずマフィンに遊びをけしかけています。マフィンは本当に良く遊んであげていますが、時々ミサちゃんの尖がった乳歯の攻撃に反撃しています。横に来ただけで逃げてしまうかん太とは好対照です。
20080315b.jpg P1010224.jpg 
以前はおやつに余り興味を示さなかったミサちゃんですが、最近はささみジャーキーなどを口に挟んであげるとカミカミするようになりました。そして、女帝マフィンの横取り作戦から逃れる事も覚えて賢くなりました。チョコチョコと走って逃げてお尻を向けてとられないようにカミカミします。マフィンも隙あらばという感じで横に待機しています。
ミサちゃんの動画はこちら 朝おきたばかりなのでヌードで失礼!
そしてもうひとつはこちら


ニックネーム Kicco at 22:25| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

チェル桃日記 続編

チェル桃日記の続編をS様が送ってくださいました。
チェルの事はこの18日間頻繁に報告をいただいていました。前回のチェル桃日記の後も、読んで泣き笑いのちょっとした事件があり(本当は笑ってられないような大変な後片付けの事件だったのですが、なんとも面白おかしく(なんていってはいけないですが)報告してくださるので、私としては心配ながらも、どこか大船に乗った気持ちで安心して託させていただいていました。

今朝、報告をよませていただき、チェル桃,ベルナちゃん、ふぅちゃん、さらだちゃんの写真を見たら、涙がぼろぼろ。。。みんな健気でいじらしいのです。新参者のチェル桃はきっと新しい環境に慣れて、自分の位置を確保するのに一生懸命なんだろうと、幸せをつかむための道のりとはいえ、がんばっている姿に、やっぱり胸が締め付けられます。
そして送ってくださった写真を見て、またボロボロ。とっても愛情を感じる写真ばかりです。

DSC00079.JPG DSC00058.JPG DSC00071.JPG

DSC00059.JPG DSC00057.JPG

一足先に幸せをつかんだココちゃんに今日会いました(後でゆっくり報告を!)が、きっと新緑の頃にはチェル桃も新しい地で落ち着いて、ここが私の家だよ〜といえる場所に落ち着いていてくれることでしょう。


少々間が空いてしまいました。思えばまだ2週間強程度しか経過していないのですが、チェル桃が来てからの物語には事欠かず、やはり、濃いなぁとつくづく思うばかりです。ベルナ、さらだ、ふぅが来た時も、そう言えば同じような印象を持っていたことを想い起しております。

前回7日に会社の昼休みに日記をつけてお送りし、そそくさと帰宅した私の目に飛び込んできたのは、似たような惨状でした。さらだのトイレの台にしている収納箱の中のさらだのフードがひっぱり出され食べ散らかされていました。片付け。そして、2階に上がって思わず嘆息。大量のおしっことゆるゆるうんち、これも大量。一連の片付けにかなりの時間がかかりました。

翌土曜日8日は朝さすがにちょっと寝坊してしまいました。起き出してからは、天気がよいので、おしっこが乾ききってない畳をベランダに立てかけるようにして乾燥を試みました。ベランダの網戸も戸も開けておく結果になり、さらだがそこから脱走。数年ぶりの放浪を楽しんだようです。(事故等を避けたいので、基本完全室内飼いに徹しています。)

さらだの悠々のご帰還を待って、ふぅとチェル桃とで午後散歩に出た時、よく会うトイプードルとその飼い主さんと挨拶。桃はやっぱりツンと突っかかってしまいました。噛むことはないのですが、やはりどうもそうなってしまいます。夜、ボール遊び。ふぅは遊びは大好きなのですが不器用で、ボールを持ってくることはするのですが、渡すことがなかなかできません。チェル桃は上手でした。ボールを追いかけくわえて持ってきて、ぽとりと置きます。ですので、チェル桃の場合は続けて遊べるのですが、ふぅはそれができません。ボールは1個ずつ持たせてやり、けんかしないようにしたのですが、ボールが何度も行き来するチェル桃の遊びのサイクルに焦ったか気になってしょうがなかったか、ふぅはボールをくわえこんだまま、チェル桃の動きを追って行っては、かなしそうな悔しそうな声を上げます。チェル桃もチェル桃で、ふぅからボールを私が奪ってふぅに投げてやると、チェル桃は自分のボールをぽとりとその場に落として、ふぅのボールを追いかけます。そして結果、なぜかチェル桃がボールをキャッチ、という確率が高く、結果ふぅがまたかなしそうな悔しそうな声を上げるということになってしまうのでした。

そんな中、さらだが、どれどれ、楽しそうじゃないのといった風情で間に入って見たり一緒に走ったりしはじめます。そしてベルナがとぼとぼとボール遊びの場にやってきました。ベルナは小さい時から成長するまでの環境のせいで遊びを知らないままきてしまったので、遊び方がわからず、遊びに加わることができません。でも、とっても気になってしょうがない。でも加われない。そして寂しそうな表情で立ち尽くしてしまいます。見ていてたまらない気持ちになり、2匹には詫びてからボール遊びはおしまい。その後ふぅがストレスからか吐いてしまいました。みんなそれぞれに甘えん坊です。

日曜日9日。散歩の時、10頭近い犬が集う公園で、ふぅは愛想を振りまく一方、チェル桃は突っかかったり逃げたり。私の足や体に前肢をかけ、助けを求めてきます。だっこしての合図。受け入れて避難させました。

夜入浴後、ちょっとくつろごうと飲み物を作りに台所へ。ベルナとチェル桃がやってきました。ふと見ると、チェル桃がベルナの口元をペロペロしています。ベルナはちょっと困った顔。でも怒ってはいません。ペロペロが止んで、しばらくして、2匹同時に大あくび。目はお互い逸らした状態です。それぞれが自身に蓄えでしまった緊張をほぐしている仕種が同時に出たので、思わず笑ってしまいました。それぞれが気を遣いあって時を刻んでいるようです。

月曜日10日。またしても襲撃されました。前回の被害場所はさらだのトイレの台にしている収納箱の右側でしたが、今度はその台になっている左側の箱がやられていました。なんとも知能犯です。左側には、麦茶の豆、塩の買い置き、缶詰、レトルト食品の買い置きが入っていましたが、ビニールの袋の前2点がやられていました。でもどっちもおいしくはないので、少量被害。とほほになりながら片付けてリビングに足を踏み入れて、ソファの上の嘔吐物を発見。さらだじゃないことは確実ですが、塩を口にして、強烈な刺激に多分吐いてしまったのでしょう。カバーを大量に洗濯。2階もまたおしっこだらけ。春本番から香りたちそうな気配濃厚です。そしてこの日、夜の散歩に出たところ、初めて外でチェル桃がおしっこをしました。だいぶ外の空気になれてきたみたいです。おしっこくらいのことで何ですが、とても嬉しくなりました。

14日からは畳上のおしっこはなくなりました。さらだ、10年目に突入の記念日から、縁起のよい幸先です。この日は日中豪雨と雷で、雷他轟く音に過敏に反応してしまうベルナが怯えて家の中を逃げ惑った跡が累々とあちこちにあり、最後にたどりついたのが玄関の靴置き場で、靴や靴が入っていた箱が玄関内に散乱して、その奥から出られなくなったベルナがしょんぼりと佇んでいるというおまけつきで、帰宅した私はみんなに出迎えを受けたのでした。

チェル桃はすっかりこたつがお気に入りで、食べ物をねだるよりも心地よいらしく、すぐに入っていってくつろいで、熱くなると出てきて涼んで、またもぐりこんでいます。もうこたつはいらない暖かさですが、弱の目盛にして、なるべくこたつをするようにしています。結局みんな入ってぼよよ〜んと伸び伸びしてくつろいでいます。

DSC00053.JPG DSC00078.JPG

就寝時は布団を敷き、羽布団を上に敷くなり、チェル桃がダックスフンドの本領発揮で、ぐんぐん地中に向って穴を掘っていく勢いで突き進みます。時々その布団越しの上にふぅやさらだが乗っかっています。チェル桃は怒るでも場所を変えるでもなく、まったりと中でお休みです。一番先に布団に入り、朝は一番最後まで布団の中。それなりにくつろいでもらえているみたいです。

帰宅時のイナバウアーは相変わらずです。日中の人の不在が不安を時間の経過とともに大きくしてしまうらしく、帰宅時の興奮は、強烈です。私のような頼りない存在でも、姿を目にした途端にそれまで耐えてきた不安が噴出するようです。ごめんごめんと内心詫びつつ、なるべく声を低く小さく抑え、興奮をかきたてないよう、落ち着かせるようなでたりだっこしたりし続けます。甘えん坊のふぅも、そのチェル桃の興奮振りに、割り込めないと思うのか、うろちょろして、2階へ上がっていってインターバルを取り、しばらくしてから降りてきて、私にまとわりつき始めます。大抵はその時でもまだ興奮し続けていて、再度ふぅはインターバルを取りに姿を消します。

人に甘え始めをゼロ歳とすると、ふぅは1歳、チェル桃はまだ3ヶ月弱のひよっこです。いよいよ、そして、まだまだこれからですね。

DSC00055.JPG DSC00052.JPG DSC00064.JPG

私はベルナちゃんの大ファンになってしまいました。

明日友人の発表会のお手伝いで川崎に行くので、愛媛に旅立つ前のチェル桃にあってくる予定です。もうすぐチェルが取れて桃ちゃんになるんだね〜。チェル 桃ちゃんになって幸せになるんだよ〜


ニックネーム Kicco at 21:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

ももココと航空公園ドッグラン、カフェへ!

昨日は所沢のご実家にきくのりさんがいらっしゃっていたので、午後からももコココンビ、かん太、マフィン,ミサちゃんと航空公園のドッグランで遊び、近くのカフェに行ってきました。この子達がみんな保護犬だったなんて、本当に信じられないですね。
全員集合.jpg

ココちゃんつるんとしたねずみの尻尾のようだったのが、本当に短期間でふさふさの尻尾になって旗毛がひらひら。。触った感じもつるつるで きくのり家でとってもケアされているんだなあとうれしくなります。
そして、きくのりさんに抱っこされてこの甘えん坊振りです。いつもキュンキュンと大歓迎してくれるココちゃん、本当に可愛いです。
ココふさふさしっぽ.jpg 甘えん坊ココ.jpg
いつも本当の姉妹みたいにココちゃんと仲良しのももちゃんの美ショット!
もも.jpg
マフィンも久々のランを楽しみました。
20080319マフィン.jpg
そして、いつも必ず男の子に言い寄られる かん太ですが、今日はチョコダップルの男の子に付きまとわれていました。
20080319Kanta.jpg
そしていつもマイペースなミサちゃん。一番動き回っていたのはミサちゃんでした。突然いなくなったと思うと、フェンスに向かって吠えていたミサちゃんでした。どんな子にあってもまったく動じません。
20080319ミサ走る.jpg 
20080319ミサチワワ.jpg
カフェでは二人とも久しぶりのオムライス、ワンズはささみと温野菜を一瞬の内に平らげ。。私たちはデザートにおいしい桜ロールとムースを分け合っていただきました。
さくらムース.jpg さくらロール.jpg
そしてミサちゃんには、すごく可愛いスカートつきのお洋服を!これMilkhouseのお洋服でした。
ミサNew Dress.jpg
きくのりさん、ももココちゃん お仕事の合間の楽しいひと時をありがとうございました!
そして今日のおまけショット。
みさちゃんとニーニャのお目覚めショットです。
misa お目覚め.jpg 20080319マフィン.jpg




ニックネーム Kicco at 01:42| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

チェル桃 今日から桃ちゃんになります。

今日21日チェルシーは愛媛の「桃ちゃん」になります!
今頃瀬戸内海を渡っての長距離旅行を終えて、愛媛の新居に到着している頃でしょう。
旅立ちの前日20日は、チェル桃が3月2日から滞在していたS様のお家の近くであった友人の発表会のお手伝いで朝から川崎にいました。終了後少しお邪魔させていただく約束をしていましたので、夜チェル桃に会いに出かけました。ドアの前に立つと中から声が。。。
この数週間知能犯ぶりを発揮して、みんなの指揮を執っていたずらをしてきたチェル桃です。最初は一瞬何が起こっているかわからなかった見たいですが、気がつくとキュンキュン チュッチュと大歓迎してくれました。そしてチェル桃お気に入りのお炬燵の中から頭を出して、ひざの上に乗せていました。
P1010333.jpg P1010328.jpg P1010334.jpg


チェル 私は愛媛での幸せを心から祈っているよ!
本当に波乱万丈のこの数ヶ月だったね。ミサちゃんが家に来ることになっていたから、チェルはプチ預かりのつもりだったけれど、高齢(?)のチェルの移動はしない方が良いという代表のお言葉でチェルが我が家にいる事になって、チェルと2ヶ月余りいっしょに暮らす事ができて、本当に良かったよ。 すごく存在感があって、甘えん坊で、でもちょっと突っ張り姉ちゃんみたいなチェルはきっと人間だったら意気投合して親友になっていたと思うよ。 川崎に行ってからは、チェル桃日記で毎回知能犯振りを発揮して、騒動を起こしてくれて、報告を読むたびに泣き笑いだったよ。チェルの幸せを信じているので、愛媛にお嫁入りする事に賛成したんだよ。愛媛ではお留守番は無いんだって。一日中お母さんといっしょに入られるよ。寂しがりやのチェルには本当に良いお家だと思うよ。

でもチェルにもしっかりお母さん孝行してほしいと思ってます。もういつでもご飯を食べられるのだから、ごみ箱をいたずらしたりしちゃだめだよ。おしっこもよろしくね。2人3脚(これで計算はあってるかな?)で頑張って!幸せはもらうだけじゃなくて、あげると数倍になって帰ってくるよ。

いつかチェル いや桃ちゃんに会いに愛媛に行くからね。幸せになるんだよ!
-------

チェルはあの最初に抱っこしたときのずっしり感そのままの存在感のある子でした。去年12月のあの時、代表が最後までケージの中ですごい勢いで吠え続けていて引き取りを迷っていたチェルを引き取る決断をして下さった事でチェルの命はつながりました。本当に感謝します。
ニックネーム Kicco at 00:05| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

悲しいお知らせ

ずっと水頭症とPRAを抱えながら、ミントママさんの愛情に包まれながら闘病して、奇跡を何度も起こしてがんばってきたミント君が突然天国に行ってしまいました。9歳6ヶ月でした。水頭症の子にとって9歳という年齢は、健常な子の18歳にも匹敵する年だと思います。ミント君本当にがんばりました。これもミントママさんの愛があったからこそです。ミント君とミントママさんと初めてお会いしたのは、ララが亡くなった直後の2002年でした。アドの車椅子の事を聞いたミントママさんが主人にメールをくださり、主人もまだほかのお家のお子さんの車椅子はあまり作った事がなく、ましてや水頭症の神経麻痺で四肢麻痺になっているミント君は4輪の車椅子が必要でしたので、試行錯誤しながら一生懸命木製のカートを、室内で動かせるようにキャスターを使って作っていたのを重い出します。

水頭症の子は短命といわれています。でもあきらめない、何があっても守るというミントママさんの強い意志と愛情があったからこそ、ミント君はここまで頑張ってこられたのだと思います。

神様がもうこっちにおいでと声をかけてくれたのかな。。。

私もアドの介護(といっても比較になりませんが)を11年間近くしてきましたが、ある時期を越えるとそれが日常になっていました。アドと同じ半身麻痺のランチ君と暮らしているブルマさん、ミントママさんと昨年秋にお会いしました。そのときにブルマサンと半身麻痺は病気ではないよね。。命に関わる事態になる事も少ないし、でもミント君は発作など、いつでも命に関わる深刻な事態になるかもしれないという爆弾を抱えて、この7年あまりを送ってきたこと、本当に愛がなければできない事だと思います。

介護は大変だけれど、でもずっといつまでも一緒にいてほしいという思いの方が絶対強いと思います。私もそうでしたが、これまでお世話をしてきた その手の行き場がなくなる、手が宙を当てもなく動く様な なんとも言えない辛い思いを乗り越えるのには時が必要です。

私もあの痛みが戻ってきたような思いでした。でも、ミント君いっぱいの思い出を残して、天の昇っていったので、残るのはきっとたくさんの感謝の気持ちと天から見守る気持ちだと思います。辛いのは残された人間なのですね。

そして、2月初旬 ミサちゃんが水頭症の検査のために東大の動物医療センターに行った際に偶然お会いした ウランママさんの所のチャップ君が、あれからまだ1ヶ月半しか経っていないのに、こんなにも早く天国に行ってしまいました。チャップ君は去勢していたのに、前立腺癌で、進行が早く、予期せぬ速さで逝ってしまいました。

別れは本当に辛いです。辛さはどう表現したらよいかわからない程です。自分自身の身内との別れでも、これほど辛くないといったら顰蹙を買うかもしれませんが、なぜそうなのか、それは私たちのペットたちは家族それも一生赤ちゃんのままの存在のわが子だからだと思います。
いつも逆縁なのです。そして、それが宿命。私たちが先に行くことは決してあってはならない事なので、この辛さはペットを家族に迎え入れる家族の宿命と思います。だから、悲しいけれど、見送ってあげる事が勤めです。後は神様を信頼してゆだねる。。。口では簡単に言えるけれど、そう思えるのは、もう巻き戻せないほどの時が流れてからの事だと、自分自身振り返って思います。

みんなが行って待っていてくれるという虹の橋についても、思う所がありますが、確かにわかっているのは、みな痛みのない、平安な場所に行って守られているという事です。

ミント君、チャップ君 先に行ったアドを見つけて遊んであげてね。。
ニックネーム Kicco at 00:46| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミサちゃん重たいよ〜

この所週末、祭日は発表会のサポートがありワンズは主人とのお留守番が多かったのですが、今日は公園のドッグランに行く事ができました。
ミサちゃんは相変わらずマイペースで走り回り、吠え周り元気いっぱいでした。でも家に帰ると疲れがでたのか。。。こんな姿で眠っていました。

20080323a.jpg 20080323b.jpg
ミサちゃんにとってマフィンは良きお姉さん、お友達、暖炉。。マフィンもミサちゃんのしたいようにさせています。本当にマフィンって大きなハートの持ち主です。。

2匹が着ているお洋服は、先日車椅子を作りに来てくださったモカちゃんのママがミサ、マフィン、かんたにお揃いで作って送ってくださったものです。Pig模様がとても可愛いです。
P1010351.jpg P1010354.jpg

モカちゃんのママさんはモカレン工房というネットショップもやっていらっしゃるのです。
モカちゃんの車椅子の様子はこちらのブログで3月9日に紹介されています。

そしてご紹介が遅くなりましたが、こちらの可愛い子達にご注目を!
DSC00118.jpg
ブラックタンの可愛い子はCATNAP保護犬で3月18日にめでたくトライアルスタートとなった よこちゃん改め ぽぷらちゃんです!お隣のレッドの可愛い子は先住犬のさくらちゃんです。お預かりのケロさんとトライアルスタートのお届けにご一緒させていただきました。ぽぶらちゃんの新しいお家はペット可の素敵なマンションで、ペット用のエレベータがありました。初めて見るエレベータに興味津々。ペットを連れている人が乗ったときにはボタンを押すと犬マークのライトが点くのです!

最初はお互いに吠えあっていましたが、さすが仲間意識の強いダックス 私たちが帰った後は仲良く並んで眠っていたそうです。
ぽぷらちゃん 幸せになってね!T様 よろしくお願いいたします。



ニックネーム Kicco at 01:04| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする